FC2ブログ
----------------
メルマガ購読・解除
古本虫がさまよう

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 
-----------------------

2020年05月21日(木) 記事No.4358



高井崇志議員を公認候補にした枝野さんの責任、黒川弘務検事長を任命した安倍首相の責任。どっちも重い?糞女ドライバー中川某には「死刑」か「無期懲役」が相応しいね。悲惨な交通事故を見るたびに明日は我が身か、佐藤光房氏の『遺された親たち』を思い出す。賭けマージャンするも禁煙場所で喫煙するも車内痴漢するも、もはや同罪で懲戒モノかな?
(2020・5・21・木曜日)



某サイトで50枚1000円(税込み送料込み)のメイドインレッドチャイナのマスクを2組買った。そして昨日は布マスクではなく、その紙マスクで出社。まぁまぁの品質かな(中国製だけど)と書いた。特に異臭がすることもなく、マスクの間に虫がいた気配もなし。中国関係機関の「合格証」もあるし?
ところが、家人が今朝、使おうとして手にして普通にヒモを伸ばしたら…。右下のヒモのところがプッツンした。もう一枚手にしたら、これまた右下のところがプッツン。その次は…まぁ、なんとか大丈夫。
それにしても4枚手にして、その半分がプッツンとは。某サイトに返品というか返金要望のメールをしたためることにした。するとすぐにお詫びメールと共に「返金」処理がなされた。手元に残った90数枚のマスクは……。返却しなくていいのかな?

それはさておき、今日はリモートワーク。午前午後と「書類の整理」に追われる。その合間前後に見たテレビニュースで黒川弘務検事長の辞任表明。たかが「賭けマージャン」という気もするが、お仕事上の立場もあるし、このご時世もあるし。
検事長がヘビースモーカーで、禁煙の場所で喫煙していたとしても、マナー、ルール違反、法律違反で辞任するもまたよし? 訓告? まぁ戒告レベル? 退職金カットまでは…?

 以前、公務員で懸賞論文入選の内容がケシカランといって解任解職された人がいたかと。自動的に定年になり退職にも。でも退職金はカットはされなかったと思う。それは当然だろう。法律に違反するようなことをしたわけではなし。
賭けマージャンは…。
まぁ、金額によっては逮捕起訴もありうる罪状かな(ヤクザがらみだと尚更になるが、今回は夏の甲子園で未成年者を虐待する見せ物をしたり、フェイクニュースを垂れ流しては、日本の名誉を毀損している「反社会的」な疑いのある朝日新聞の社員がいるとしても、ヤクザとまでは言えないだろうね…)。

それにしても、長谷川慶太郎さんの『麻雀・カラオケ・ゴルフは、おやめなさい。これからの日本経済とサラリーマンの戦略』 (PHP研究所)を若い時に読んでいれば、人生間違うことも少なくなっただろうに……。読書は大事?
ニュースでは金沢市議が、陽性で二週間自宅待機を要請されていたにもかかわらず、その期間にパチンコ遊びをしていたとか。これはちょっとモラル違反だ。陽性と知ってもバスに乗って移動していたバカ女と五十歩百歩。一方が実名で女は匿名? 公職と民間人の違いかな?
「パチンコ」と「女(男)遊び」を追加して、『麻雀・カラオケ・ゴルフ、パチンコ。そして女(男)遊びは、おやめなさい』-でしょうかね。

それにしても、この前、国会で偉そうに安倍首相の会食を追及していた立憲民主党の高井崇志議員が、緊急事態宣言発令後に東京・歌舞伎町の「セクシーキャバクラ」と呼ばれる飲食店で遊興し除籍処分を受けたていたけど、まぁ、あれは「法律」には違反はしていないことにはなりますかね。議員辞職までは言われていない。こんな男を公認候補にした任命責任は枝野さんにはないのかな?

 僕はキリスト教徒ではないから、売春婦に対して石打ちをしようとする民衆に対して「あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい」と諭したことに関して、さほど感銘を受けないけど……。
国会議員や新聞記者に「あなたは賭けマージャンをしたことがありますか?」とアンケートしてみる価値はあるかもね(今回は検事長のお相手をしたのは朝日と産経の社員だというし)。その上で任命責任を追及すべきかも?

 僕はマージャンもしたことない(タバコ臭そう?)。カラオケは職場で以前数回寄ったけどオンチだからそれ以外行ったことはなし。ゴルフはもちろん嫌い(カラダを動かすスポーツや五輪にはほぼ関心なし)。パチンコは18歳になった日からちょっとたしなんだけど、二十歳すぎてからは、ほとんどした記憶はなし。女遊びももちろん無縁!? 「唯物論者」ならぬ「唯本論者」なので、「(古)本」以外関心なしで半世紀近く生きてきたからなぁ。

でもそれよりも頭にきたのは、朝のニュースで知ったが、こんな女、死刑にしろと言いたいね。

NHKニュース(ネット)によるとこんな女。

5月20日午後、東京・大田区で車が暴走して歩道に乗り上げ、歩いていた34歳の女性が巻き込まれて死亡しました。車のドライバーは警察官の職務質問に応じず、信号を無視して逃げたということで、警視庁が詳しい状況を調べています。
20日午後1時ごろ、東京・大田区南馬込で、車が歩道に乗り上げて暴走し、停車していた車2台に次々と衝突したということです。
警視庁によりますと、その際、歩道を歩いていたとみられる、大田区中馬込の会社員、高橋悠さん(34)が事故に巻き込まれ、搬送先の病院で死亡しました。
捜査関係者によりますと、警察官が最初、品川区内で車のドライバーに職務質問したところ、それに応じず、車は信号を無視して暴走し、大田区内で事故を起こしたということです。
警視庁はパトカーで追跡しましたが、途中で見失い、周辺を探していたところ、車を運転していた自称、川崎市の飲食店店員、中川真理紗容疑者(31)が、車を乗り捨てて近くのマンションに逃げ込んだのを見つけ、信号を無視したとして、道路交通法違反の疑いで逮捕しました。
調べに対し、「車を発進させたが、信号無視や事故を起こしたことは詳しく覚えていない」と供述しているということです。
警視庁は逃げた理由や、事故の詳しい状況を調べています(以下略)。



職務質問されて逃げるというのは、飲酒運転していたとか、ラリっていたとか、車内に覚醒剤や禁止薬物を隠していたとか、そんなところか? 歩道を歩いていたなんの落ち度もない人をひき殺し、そのあと車から逃走…。気が動転していた? そのわりには逃げ足が早い。ふざけるなだよね。こんな悪質な交通違反の人殺し…。死刑か、終身刑(これはないか)、無期懲役にしてもおかしくないね。最低でも実刑を下し、永遠に生涯、運転免許書は与えないとか。

結婚間際の娘さんを、こんな悪徳ドライバーに殺された体験を持つ元朝日記者の佐藤光房氏の『遺された親たち』 (あすなろ社。シリーズで数冊ある)を一読すれば、こうした悪質な交通事故犯に対する怒りの念が沸き起こることだろう。昔は人殺し酔っぱらいドライバーに、温情ある判決が出ていたのだから。意識がなかったからとか? アホか?
少なくとも、ペーパードライバーの僕はこんな犯罪者にはまずはならない(いくらネバーセイネバーとはいえ)。しかし、この事故被害者の身になることは十分ありうる。歩道を歩いていてつっこんでくるドライバーがいるのだから。認知症の老人の暴走ドライバーにはまだ同情する余地がある?(いや、あの池袋の殺人ドライバーにはあまり同情の余地はない!)。しかし、今回のこの糞女ドライバーには少なくともなんの同情も起こらない。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!



スポンサーサイト



政治 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL