古本虫がさまよう 高知には「建屋のない原発」があった? タバコ吸わせ放題の「ひろめ市場」は土佐の恥! それはさておき、チャーチルと出会えた本八幡はいいね。
2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month

高知には「建屋のない原発」があった? タバコ吸わせ放題の「ひろめ市場」は土佐の恥! それはさておき、チャーチルと出会えた本八幡はいいね。
(2017・8・12・土曜日)




書き忘れたが、先日、知人のお祝いごとがあり、高知へ急遽飛んだ。
羽田空港の出発ロビー、テレビがうるさいかなと恐れたが、周辺がザワザワしていたからか、または音量が以前より絞っていたのか、隅っこの座席に座るとなんとか本を読める程度の「静寂」。

ただ、飛行機に乗ると、どこからかピコピコと音がする。携帯ゲームを音声を切らずにやっているバカ餓鬼、それを見て見ぬフリをして平気の平左の親がいるようだ。

スチュワーデスさんに、その旨伝えて注意するように助言。やはり、マナー違反の親子がどこかにいたようで、注意してくれて「静寂」に。多少の人の会話などは気にならないが、人間の意思の力でコントロールできる音をコントロールしない野蛮人が沢山いるのには唖然。公共の場所でのマナー低下にはほとほと疲れる。この季節、大人未満の「餓鬼」があちこちにはびこるので尚更。

さらに我が座席の前の列の男、リクライニングを倒すのはいいのだが、何度も体をドンドンと揺さぶっている。そのたびに、前の座席かブルブルと。何やってんのかね? 背中が痒いのか? もっと体を後ろに倒したいけど、それができなくてイライラしているみたい?
その野蛮男、 隣席が空いているせいか、体を横にして、座席と座席の間に、頭が…。薄らハゲ。バーコードみたいな気色悪いハゲ頭が座席と座席の間の隙間から目の前に。自民党の某女代議士に、 「このハゲ~~! ちゃんと背筋伸ばしてまっすぐ座れ! 見苦しいぞ」と怒鳴ってもらいたいものだ?

下りる時、まだ座っていた前の男を見たら、まぁ、お股を90度に広げている。電車の中でも、こういう股広げのバカがよくいるものだ。隣に人がいないから股広げはいいとしても、不作法男は、機内から外に放り出してやりたくなるね。

ともあれ、市内へ。お祝いごとの前に、市内の古本屋(高知駅前のブックオフ 井上書店)を廻る。買いたいものはなし。さらには、別の知人が車を手配してくれていたので、高知駅前のブックオフ以外の高知近郊のブックオフ・二軒を案内してくれた。まぁ、どこも同じような「騒音」とありふれた品揃い故に買いたいものはなし…だったが。どこに掘り出し物があるかもしれないから…。ネバーセイネバー!

あと、猫目堂古本店の近くまで行ったが、シャッターが下りていた。残念。やっているのやら?

飲食できる「ひろめ市場」なる観光名所にも寄ったが、大きな灰皿を置いて喫煙者天国。夏休みということもあって、子供も多いが…。土佐の恥では? さらに泊まったホテル…。フロント脇のオープンスタイルの喫茶ルームが、なんと全面喫煙可能…。ロビーにまでタバコの悪臭が漂ってきていた。やれやれ。一応苦情をフロントに伝えたが…。都内でも、いまもどうかは知らないが、都市センターホテルの一階奥の喫茶ルームが、全面喫煙可能だったかと(ここ一年近く行ってないのでいまもそうかは未確認)。フロントというみんなが利用するところの近くで青空喫煙を可能にするのは問題ありでは…。

そういえば、帰りの高知空港。「喫煙ルーム」があるようだが、ドアには空気孔もある代物。悪臭が周辺に漏れてきそう(たまたま中に人はいなかった。トイレのすぐ脇にあるので、否応なく傍を通るしかないので目についた)。

さらには出発ロビーの喫煙コーナーに唖然。一応「ルーム」になっているのだが、なぜかドアが開いたまま。自動ドアが故障していたのか? それとも、喫煙ルーム内の排煙装置が故障していたからなのか? 「 建屋のない原発」同様の「施設」にはこれまた唖然。 別にドアが閉まっていれば問題はさほどはないだろうに。
またテレビもあちこちに設置していて、羽田空港のテレビに比べても音量も大きくて、出発時間までゆっくりと本を読むこともできない環境。やれやれ、だから飛行機に乗るのは嫌い。「悪臭」「騒音」にもう少し空港当局も敏感になれないものか。

それはさておき、本日(土曜日)は、東京周辺、朝は小雨だったが、徐々に天候は回復。ということで、昼前、久しぶりに本八幡の山本書店(古本屋)へ。ここは柏の大平書林、市川の山本書店と言われる、なかなかの古本屋。
隅っことはいえ、エロス本&アダルトビデオコーナーもあるが、硬い内容の本を中心に雑本含めて、古本屋らしい古本屋。一見の価値あり。

『サー・ウィンストン・チャーチル展』のカタログがあったので購入。1080円が650円になっていたのも好感?(税込み価格)。

1998年に日本で開催されていたそうな? 読売新聞と三越が主催でやっていたようだ。知らなかった。彼の絵画なども収録されている。ううむ…。
政治家で「画家」といえば、日本だと、社会党右派、民社党の国会議員だった麻生良方さんが浮かぶ。彼の絵はしばしば「自由」という雑誌の表紙を飾っていたものだ。彼には、 『麻生良方の油絵教室』 (池田書店)、 『絵のわかる本 見る、見破る、買う秘訣』 (ノンブック)という本もあったから、ちょっとした絵描きだったとはいえる。チャーチルの絵を見るにつけ、作風も少し似ている? どちらも風景画がお得意のようだ。

そのあと、もう一軒、JR東日本の線路沿いに古本屋があったと思って足を伸ばした。が、川井書店はシャッターが下りていた。休業の貼り紙はなし。帰宅してネットでふと見てみると、 「2017年1月31日で閉店しています」との指摘があった。そうか、閉店したのか…。一期一会…だったなぁ。この前一度寄ったきりだったかのような。

本八幡は、JR東日本の総武線の本八幡駅も、都営地下鉄新宿線の本八幡駅も、京成線の京成八幡駅ある。それぞれの駅も別々の場所にあるとはいえ、JR東日本の総武線の本八幡駅から都営地下鉄の本八幡駅や京成線の京成八幡駅まで地上区間を歩いても4~5分程度。山本書店もあるし、住むには手頃でいいかも。都営地下鉄は始発駅だから、座って行けるのでは?(総武線は混んでいるだろう)。東京駅にも新宿駅にも上野駅にも行きやすいのでは。この三駅の中間ぐらいにあるマンションに住めば、三駅が歩いて2分程度。武蔵小杉駅よりも便利では。あそこは横須賀線(等)、南武線、東横線の三線が使えるけど、東横線とJRとはかなり離れていたかと。

ともあれ、帰宅してテレビを点けたら、ホークスと日ハム戦。サファテが最後の打者を三振にとって一対ゼロで勝利。首位をキープ。まだ日は高いが、キリン一番絞りと日本ハムではないマルハニチロのソーセージで乾杯。昨日は少し仕事もしたが、3連休の中日は、まぁ、そんなノンビリ半日でなにより。重厚長大ではない本を何冊か読破。読後感はまたのちほど…。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!

スポンサーサイト
 | 古本屋  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/3020-6b913053

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ