古本虫がさまよう 習近平が「反腐敗」を豪語して国有企業の不正を告発? 朝日新聞が「フェイクニュース撲滅」を訴えるようなもの? 上念司とゴルゴ13を読めば中共の陰謀を簡単に見抜ける!
2017 09 / 08 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10 next month



習近平が「反腐敗」を豪語して国有企業の不正を告発? 朝日新聞が「フェイクニュース撲滅」を訴えるようなもの? 上念司とゴルゴ13を読めば中共の陰謀を簡単に見抜ける!
(2017・7・13・木曜日)




昨日(2017・7・12)の日経新聞朝刊の一面トップはこのニュースだった

紙版見出しは「中国国有企業9割不正」「反腐敗へ異例の講評」「大手20社監査」「売上高水増し3兆円」--。

2017/7/12 1:13日本経済新聞 電子版
 【広州=中村裕】中国の国有企業にはびこる財務不正の実態が明らかになった。日本の会計検査院に当たる中国審計署が最近公表した主要大手20社の調査結果によると、9割に当たる18社で不正計上が発覚し、売上高の水増しは過去数年で計2001億元(約3兆4千億円)に上った。中国当局が国有企業の不透明な経営を裏付ける異例の公表に踏み切った形で、国内外で改革を求める声が強まりそうだ……
とのこと。。

中国の経営トッは「実績が目標を下回ると報酬減などを迫られる半面、党の方針に沿う経営には高い評価が与えられる。経済合理性より党内での昇進を優先し、安易な不正に走りやすい体質を生む」からこうなるとのこと。まぁ、党当局が、5年に一回の党大会の前に、引き締めをということだろうが、党当局とて「腐敗」しているわけで、「反腐敗」といったところで、フェイクニュースの伝統ある朝日新聞が、フェイクニュース撲滅を言うのと同じく、ちょっと白々しいというか…。虚しい?

ともあれ、日経さんも中国の統計なんて杜撰だということはちゃんと分かっているのね、なるほどねぇ。ということで、上念司さんの、積んどくしている『習近平が隠す本当は世界3位の中国経済』 (講談社+α新書)を読まねばと…。帯にも「中華思想で統計も水増し! 中国GDPは437兆円以下!」「日本GDP522兆円」以下ということらしいし…。上念さんの本は本体価格840円。税込み価格も1000円以下。

ただ、帰宅して軽くビールとスペインワインを飲むと眠くなってきて(翌朝午前3時起床もあり?)、手にしたのは、たまった某ポイントで、珍しくコンビニに立ち寄り買った『ビッグコミック別冊ゴルゴ13』(2017・7・13号・小学館)。久々の購入。税込み500円ジャストの安さ。

冒頭のマンガ(「腐食鉄鋼」)は、中国のスパイによる日本企業(鉄鋼)の高度技術を美人局やらさまざまな悪辣な手段で奪おうとするのがテーマ。年輩の経営者世代はまだしっかりしているが、若造ボンボンが「日中合弁」企業の誘いに乗りかけてさぁ大変…というドラマ。まずまず面白く読んだ次第。『ゴルゴ13』も近年ごぶさたしていた…。

それにしてもふたつあわせて1500円以下で、中共の本質を見抜くことができそう。まぁ、朝日や日経のように一カ月4000円以上する新聞代も一日単位にすれば100円ちょっと。どっちもそれなりに効用はあるだろうが…。自分の可処分所得、何に使うか、よくよく考えることも肝要だろう。なるべく価値あるものに使うべし?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 共産主義  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2987-168fa1d5

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ