古本虫がさまよう 古谷三敏氏&古谷陸氏の『~あの頃、レモン・ハートで~ BARで飲みたい31の名酒』 (双葉社)を、ニッカのクロスオーバー(リッチ&スモーキー)を、バランタイン12年の付録で付いていた大きめのグラスに氷と共に入れて飲みながら……(2017・7・10・月曜日)
2017 11 / 10 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12 next month





古谷三敏氏&古谷陸氏の『~あの頃、レモン・ハートで~ BARで飲みたい31の名酒』 (双葉社)を、ニッカのクロスオーバー(リッチ&スモーキー)を、バランタイン12年の付録で付いていた大きめのグラスに氷と共に入れて飲みながら……
(2017・7・10・月曜日)







昨日(日曜日)は午前中は家で仕事(書類読破)。午後3時ごろ、神保町へ。三省堂でちょっと仕事で必要な雑誌を物色。ついでに久しぶりに四階の古書コーナーを覗く。さほど人はいないが……。三階、二階と降りていく。二階より上に上がるのも久しぶり。各階に椅子がいくつかあって、そこで座り読み(タダ読み?)している人も…。まぁ、三省堂がそれでいいというならそれまでだが……。
図書館じゃあるまいに? 定年退職者が、図書館ではすぐに納入されない最新刊本などをゆっくりと読破するようなことにならなければいいが…。時間制限もあるんだっけ?

そのほか東京堂などや開いている古本屋などを見て水道橋駅へ。途中、とんかつのいもやが開いていた。日曜日もやっているんだ…。天丼のいもやはお休みだった。
水道橋駅から市ヶ谷駅へ。駅すぐ近くのイタリアンで知人と会食。グラス一杯の無料クーポンを利用。「ビール」とのことだがどう味わってみても「発泡酒」のような味? ううむ…。怪しい?
まぁ、いいけど。

帰宅してから、古谷三敏氏&古谷陸氏の『~あの頃、レモン・ハートで~ BARで飲みたい31の名酒』 (双葉社)を、ニッカのクロスオーバー(リッチ&スモーキー)を、バランタイン12年の付録で付いていた大きめのグラスに氷と共に入れて飲みながら……。

内容紹介→大泉学園に実在するBAR「レモンハート」のオーナーであり、漫画「BARレモンハート」の作者、古谷三敏が80年の人生と雑誌連載30年を振り返り、一度は飲んでおきたい31本の珠玉の酒を紹介する。手塚治虫、赤塚不二夫という両巨匠のアシスタントを経て、漫画雑誌全盛期を過ごした氏が、激動の時代を彩ったお酒と漫画のエピソードを語る。監修は三敏氏の孫で、現在BARレモンハートのマスターでもある古谷陸氏が務める。激レアなヴィンテージから誰もが飲める大衆酒まで、再録漫画も織り交ぜながら、奥深いお酒の世界へ誘います。

『レモン・ハート』のマンガもそこそこ愛読。たしか、以前、文庫サイズだったか、連載マンガの帯かなにかについていた券で応募して特製ワインが当たったこともあったかと。ラベルが特製だったか? もう飲んだ味の記憶はない……。空瓶も捨てたか…。
古谷さんにとって「恩師」にあたる手塚治虫、赤塚不二夫さんや、満洲生まれの漫画家仲間との交友などを綴ったエッセイやマンガが収録されている。もちろん、お酒に関するうんちく話も。

引き続き古谷三敏氏&古谷陸・ファミリー企画の『ふれあい酒場 BARレモン・ハート』 (双葉社)も拝読。BSフジで放送された「レモンハート」のドラマはだいたい拝見したが、声優による朗読劇もあったそうな。その声優たちが登場しての一冊。後半は、その声優たちが演じたマンガを再録。声優の世界はまったく知らないので、ピンとこないがファンにとっては面白い一冊なのだろう。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | グルメ  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2984-9d197973

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ