古本虫がさまよう 都議選の選挙結果を大胆に予測? それにつけても、 『台湾の「いいもの」を持ち帰る』 という本はあっても『中国の「いいもの」を持ち帰る』 なんて本はありえない?
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month




都議選の選挙結果を大胆に予測? それにつけても、 『台湾の「いいもの」を持ち帰る』 という本はあっても『中国の「いいもの」を持ち帰る』 なんて本はありえない?
(2017・6・28・水曜日)



この前、あるところで、都議選の結果がどうなるかということが話題になり、たわむれに議席予測なるものをしてみた。単純に考えて、都民ファーストが新たに議席を獲得する分、自民党、共産党などが議席を減らすだろうということで、以下のような単純大胆(?)な予測。

自民37 公明20 共産10 民進 10 都民ファースト36 ネット2 維新2 社民0 そのほか10

英国保守党政権同様、小池「与党」は、公明、無所属などを入れて過半数獲得なるかどうか? 都民ファーストで単独過半数は無理?

それはさておき、青木由香氏の『台湾の「いいもの」を持ち帰る』 (講談社)を読んだ。

内容紹介→台湾在住歴約15年の有名コーディネーター、青木由香さんが、台湾で実際に愛用しているアイテムはもちろん、教えたくないものまで紹介するエッセイつきの「ものカタログ」です。
実用的でおいしいのはもちろん、かわいくて、ユニークで、お買い得感があって(意外と重要!)、そして台湾らしい懐かしさのある、日用品、食料品、文房具、衣料品、美容アイテムの数々。商品を紹介するエッセイでは、それぞれのアイテムの使い方、食べ方、作られた背景、作っている人、なども登場。読むだけで、台湾のカルチャーにも触れられる、ガイドブックにはない「定番ものカタログ」です。様々な媒体のコーディネートをし、台湾中を飛び回る青木さんの、確かな目と舌で選ばれた、厳選の59アイテム、お土産に必ず欲しくなるアイテムばかり。定番のお土産でも、青木さんセレクトなら、他のメーカーとは違う気のきいた「いいもの」が手に入ります。「暮」日焼けノート、台湾ビール専用コップ、鉄のフライパン、市場の雑巾、竹の歯ブラシ、ミントの石けん、など 「食」黒酢、からすみ、台湾紅茶、干しえび、パイナップルケーキ、ドライフルーツなど 「衣」カンフーシューズ、月桃のカゴ、チロリアンテープ、手編みスリッパ、など。台湾好きも、旅行者も、必携の1冊です。


中国(大陸)には行ったことがなく、台湾には二度出かけている身で、台湾贔屓派であるが、ちょっと欲しくなったのは竹の歯ブラシと台湾ビール専用コップぐらいかな。コップには、黒熊とパンダの二種類があるようだが、パンダは嫌いなので不要。欲しいのは黒熊のほうだけ。

数年前、古女房が台湾に行って、台湾ビール(缶ビール)を「おみやげ」に買ってきてくれたことがあった。日本だと、台湾ビールの瓶ビールはよく見かけるが、缶ビールはまだ見たことがない。中共の尖閣侵略等々に嫌気を感じて、近年青島ビールは飲まないことにしているが、台湾ビールは飲むようにしている。ただ瓶ビールはやはり面倒(ハートランドは例外だが)。缶ビールの台湾ビールはどこかにないものか? アマゾンにある?
それにしても、 『中国の「いいもの」を持ち帰る』 なんて本はありうるだろうか? 『中国の「悪いもの」を持ち帰るな』なんて本はありうる?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 |   | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2970-56da5a51

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ