古本虫がさまよう 「鎌倉霊園」には「建屋のない原発」が何カ所もあって閉口。こんなところにお墓のある人はかわいそう? 「靖国神社」なら大丈夫かな?
2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month





「鎌倉霊園」には「建屋のない原発」が何カ所もあって閉口。こんなところにお墓のある人はかわいそう? 「靖国神社」なら大丈夫かな?
(2017・6・18・日曜日)



昨日(土曜日)は、東京周辺は快晴。一カ月遅れで「恩師」の命日に、鎌倉霊園へ墓参りに。車中、荒木和博氏の『靖国の宴 戦って散った男たちのおとぎ話』 (高木書房)を読んだ。

著者は特定失踪者問題調査会代表をしている。北朝鮮との戦闘で亡くなった韓国人兵士がなぜか靖国神社に…。そこには、「元日本人」で朝鮮籍で、太平洋戦争で戦死した「先輩」がいた。さらには、韓国との戦闘で亡くなった北朝鮮兵士も…。そのほか…。さまざまな「兵士」が靖国の場でさまざまな過去を回想していくという「おとぎ話」だ。リアルタイムの北朝鮮の社会も描かれる。餓死寸前の少女……。


内容紹介
靖国で英霊同士が語る不思議な物語。 平成17年、靖国の英霊のところに韓国からお客さんがやってきた。彼もまたお国のために戦って散華した英霊である。戦った時代も場所も違うが、最後はアメリカ兵の英霊も加わり、靖国を舞台に語り合う。現実にはあり得ない設定ではあるが、戦って散華した英霊同士の会話は、むしろ真実ではないかと感じてしまう不思議な物語である。
出版社からのコメント
著者は言う。……韓国の平和ボケは日本以上とも言えますが、そんな中でも戦って死んでいく若者が今もいる。一方私たちは戦っていない。偉そうなことを言って靖国にファッションで参拝する私たちよりも、例え彼らの中に日本が嫌いな人間がいたとしても、靖国の英霊は彼らの方に親近感を感じるのではないか、と勝手に思って色々考えているうちにこの作品ができた次第です。


大変意義深い「小説」だった。口先だけの人権弁護士や反戦平和運動屋に読ませたい本だ。

読み終えたころ、大船からものすごい人が乗り込んできた。都会の朝のラュッシュ時なみ。北鎌倉で少し下りたが、メインは鎌倉。鎌倉駅は、毎度のことながら、臨時出口もつくろうとしない。親方日の丸鎌倉駅のホームからおりていく二つの階段は都会のラッシュ並み。やれやれである。トイレ、とりわけ女子トイレは長蛇の列。江ノ電も都会のラッシュタイム並に乗車制限をしているような。鎌倉まで何をしに?  

鎌倉霊園行きのバスも満車状態。出発するまでエンジン停止が原則? でも昨日は暑い。停車中も冷房を点けるのがサービスというものでは?  後ろのほうの座席に座れたので運転手に文句もいえず。隣の女性は、暑くてたまらないのだろう、上の窓を開けようとするものの開けられずに切歯扼腕。運転席は簡単にマドが開けられるだろうが…。車内は蒸し風呂みたいになっているというのに…。思いやりというか鈍感というか、官僚主義というか。5~6分はそのまま。出発前一分になってやっとエンジンが点火しエアコンも…。これが鎌倉のバス会社の「おもてなし」か?(2年前にも同じ体験をしていたようで、本欄で同趣旨のことを書いていた。「地球温暖化阻止」のために、我慢しましょうということ? アホらし屋の鐘がなるなるキンコンカアン?)。

途中のバス停からは乗れない人も。途中のナントカ寺でかなりの人が下りたが。パスモ(スイカ)でピッとやって乗って、下りるときピッとやるようになっているが、先頭の行き先表示盤、なぜか「バス停名」がしばし出てこない時がある。次のバス亭の停車名をずっと表示すればいいのに、「ご乗車ありがとうございます」なんて表示がずっと点いたまま。混んでいて、「次は〇〇に停まります」というのがよく聞き取れず、次はどのバス停だろうと思って、先頭の表示盤を見るのに、そこには延々とバス停名が出てこないのだ?  欠陥では? 普通にちゃんと出てくる時もあるのだが…。バス会社は一体何を考えているのやら? 利用者の利便性を第一に考えないのだろうか?

ともあれ、鎌倉霊園…。待合所のところの車の出入りする真ん前に、「青空喫煙スペース」が堂々と取られている。そこでプカプカする輩が何人もいて閉口。
トイレに行こうとしたら、そこには座って吸える青空喫煙所も…。トイレに入ったら、開いているマドから悪臭が漂ってくる。なんで?  と用をすませて外をみて見たら、トイレの外側でタバコを吸っている従業員たち? ここは灰皿もないのでは? さすがに待合所の中は「禁煙」になっているのだろう。それで、じゃ、外に出て吸いましょうという安易な発想(これって、昭和60年前後の発想?)で、トイレ脇の空間を「青空喫煙可能」地域にしているようだ。

なんで、こんなに喫煙者をイノシシみたいに野放しにするのか?  お金持ちの鎌倉霊園なら、二重ドアの喫煙ルームぐらい設置できるだろうに。鎌倉霊園周辺は「田舎」だから青空喫煙ならいくらでも拡散するからいいと思ったら大間違い。完全な田舎なら人口密度も低くて、被害もなく青空喫煙も可能だろうが、霊園待合所周辺は「人口密度」が高いのだから。そして、タバコの悪臭は空高く一直線に舞い上がっていくだけではなく横にも伝播していくのだから。
いままで何度かここにはきているが、最低の霊園というしかない? 「建屋のない原発」を設置しているようなものだから。 

線香は持参していたので、こんな所では買わないが、仏花はここで買うしかない。こんなタバコ臭いところ、「しきみ」(1050円)だけにしようかと思ったが…。やはりお花をと1550円のものを購入。タバコの悪臭がなければもうワンランクアップしたのに…。お花を買うところで、 「青空喫煙所が多すぎるよ、不愉快だよ」と注意を促す。急にそんなことを言われて、窓口の女性は面食らっていたようだが…。そのうち暇があったら電話しようかな(携帯はかけ放題なので、電話代を気にせずに抗議電話をかけることは可能だが…)。

ともあれ、テクテクと。少し上り坂だが、十分程度で到着。墓前になぜか、缶入りのナタデココとミルクコーヒーが置いてあった。花を替えて線香を点けてお参りする。一年前に訪れた時も空は快晴だった。小鳥のさえずりだけ。近くに墓参りにきた人が散見する程度。さすがにここには悪臭は漂ってはこない。青空。スカイブルー。気持ちいい。近況を報告…。

駅に戻り、鳩サブレーをお土産に買って、公文堂書店へ。エロス本は隅っこに未成年は買えないとの表示盤とともに。いろいろと拝見するものの買いたい本はなし。そのほかの鎌倉駅周辺の古本屋には寄らず(暑いし…)。湘南ラインに乗って一気に新宿へ。そこからお茶の水駅まで行き、神田の東京古書会館へ。ここにも公文堂書店の展示あり。おやおやと。

臼田潔氏の『欧米ひとめぐり四十日紀行 付訪ソ記』 (信毎書籍印刷株式会社)、ポリス・エーデルの『猛獣使いの回想』 (理論社)を購入。300円二冊で600円。

そのあとブラブラしながら久しぶりに「いもやの天丼」を食べようと思ったら、夕方4時半なのに満席。並んでいる人はいないが…。仕方なく「いもやの豚カツ定食」のほうへ。こちらは空いていた。カウンターに4人いた程度。もっとも僕が入ったあと、矢継ぎ早に客が入り、あっというまに満席状態になったが。この前も天丼屋が混んでいて、仕方なく(?)豚カツ定食(800円)にしたが。本当にここ数年、いもやの豚カツ定食以外で、豚カツを食べた記憶がほぼない。

そのあと、鳩サブレーを「知人宅」におすそ分けして帰宅。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 人生  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2960-0f02fd05

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ