古本虫がさまよう ジキルとハイドの定年生活、松木たかし、川北義則、楠木新、野末陳平、弘兼憲史、佐藤愛子 各氏の持論を読むにつけ、楽しい時間は、家族や人に直接迷惑をかけない限り、自分流に限るというのは正論
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month





ジキルとハイドの定年生活、松木たかし、川北義則、楠木新、野末陳平、弘兼憲史、佐藤愛子 各氏の持論を読むにつけ、楽しい時間は、家族や人に直接迷惑をかけない限り、自分流に限るというのは正論
(2017・5・17・水曜日)






松木たかし氏の『風俗の虫 捜査官が覗いた日本の風俗70年』 (幻冬舎ルネッサンス)、川北義則氏の『60歳からの欲情 定年後、男はどう遊べばいいか』 (角川書店)に続いて手にしたのが、楠木新氏の『定年後 50歳からの生き方、終り方』 (中公新書)。こちらはまじめな「ジキル」的定年論。

余裕のある(?)大企業につとめた著者が、自分自身の定年前後を論じつつ、同世代たちの「定年後」を描いたエッセイ本といったところ。

年金もそこそこもらえるものの、再就職することなく、「毎日が日曜日」を過ごす定年後サラリーマンの悲劇などが綴られている箇所もある。クレームをつけたがる「暴走老人」の話も出てくる。ふと他山の石?と思いつつも、僕のように適切にメトロなど、親方日の丸企業の行き過ぎた「節電」をたしなめるのは暴走でもなんでもあるまいが(ホームの待ち席の真上の蛍光灯削除や車内蛍光灯削除を、読書の妨げになるから止めろ--という程度)。

やることがないといっても、近所の図書館に出かけて時間を潰すのも、立派な「活動」といえそうだが……。
まぁ、我が家だと、「古女房」は「ギャンブル」だし、僕は「古本屋」行脚で、定年後は平日はそれで過ごせる? とはいえ、それらには一定の「お金」も必要。ロハに徹するなら、図書館行脚がベストかも?  晴耕雨読、自宅で読書三昧ということも可能だろうが……。なるようになる…。

とはいえ、今や65歳~70歳ぐらいまでは働くというのが半ば「常態」となりつつある? 還暦はすぐやってくるが「定年後」の悠々自適はまだまだ?

マネー評論家として、また参議院議員として一世を風靡した野末陳平さんは、エロじじいを自称するお一人。 『老後ぐらい好きにさせてよ 楽しい時間は「自分流」に限る!』 (青春出版社)という本を出した。


下流老人、老後破産…不安ばかりが取り上げられる、これからの老後ですが、本当にそうでしょうか?
人は生きている間だけが花。どうせ生きているのなら、不安を抱えながらではなくて、健康で人生を面白がらなきゃソンってものです。
・老後の居場所は退職前から探しておく
・めし友を持たない老後はさびしい
・年賀状はやめるが礼状は書く
・若い人たちとうまくつきあう方法
・老後の家賃と住宅ローンはつらい
・親の老後とどう向き合うか
・自分自身が介護の身になったら
・老後はお金の欲を封印せよ
などなど、ちょっとした心がまえから、知っておきたい実用的な老後のコツまで、80代の視点から老体にムチを打って書き下ろした チンペイ流:老後を愉快に笑って生きる知恵。 生きるほどに楽しくなるヒントが満載です


まぁ、きわめて、いい意味で、ありふれた内容といえば内容。3人の愛人を囲っていて楽しんでいた人も、70代以降は重荷になってしまっている例なども出てくる。愛人も50代…。捨てるわけにもいかず…。
「相席居酒屋」なんてところもあるそうな。女性は飲み代タダ(男性側が負担?)。飲食代を出してくれる男性と懇談する義務はあるそうだが……。著者も参加。楽しく飲み食いしただけで終ったようだが…。需要と供給の論理が社会を動かす典型?
著者ご本人は、すでに老人ホームみたいなところにも入っているそうな。昭和7年生まれでもう80代半ば過ぎ。この前、あるパーティでお見かけしたが、声量も豊かでまだお元気なご様子であったが……。
明日は我が身…。人生どうなることやら…。

一方、まだ「前期高齢者」の弘兼憲史氏の『弘兼流60歳からの手ぶら人生』 (海竜社)なる本も出ている。こちらはまだ還暦ちょいすぎの人。身辺整理というか、人生後半になっての生き方を論じた本のようだ(未読)。佐藤愛子さんの『九十歳。何がめでたい』 (小学館)なんて本もある(未読)。

楽しい時間は、家族や人に直接迷惑をかけない限り、自分流に限るというのは正論。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 人生  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2922-0f34abe3

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ