古本虫がさまよう もしも、斎藤美奈子さんが百田尚樹さんの『カラスの楽園』の文庫解説を書いたなら―――「アマゾン」のブックレビューで、「せっかくの本文が、頭の悪い解説と編集者で汚されたという印象です」と書く人が出てくるだろうか?
2017 06 / 05 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07 next month





もしも、斎藤美奈子さんが百田尚樹さんの『カラスの楽園』の文庫解説を書いたなら―――「アマゾン」のブックレビューで、「せっかくの本文が、頭の悪い解説と編集者で汚されたという印象です」と書く人が出てくるだろうか?
(2017・5・11・木曜日)




斎藤美奈子さんの『文庫解説ワンダーランド』 (岩波新書)を読んだ。

内容紹介→基本はオマケ、だが、人はしばしばオマケのためにモノを買う。マルクス、漱石、松本清張。『武士道』『なんクリ』『永遠の0』──古典名作にベストセラーがずらりと揃う文庫本、その巻末の「解説」は、読み出すとどうにも止められないワンダーランドだった! 痛快きわまりない「解説の解説」が、幾多の文庫に新たな命を吹き込む。

ご自身も文庫解説をよく書いているとのことだが、それはそれとして、さまざまな「名作」の文庫解説を、時に比較考察分析(出版社によって解説者が違ったり、同じ出版社から刊行しても新装版になったりすると解説者が代わったりもするので)。

現存している作家ならば、著者の「承認」があっての解説者指名となり、悪口を書くこともなかろうが、死亡していれば…時にはヘンな解説もありうるかもしれない。「解説」が内容紹介ではなく、単なる著者との交友を綴るものがあったり…。

曽野綾子さんの『小公女』の解説が、植民地主義などを半ば肯定している筆法だとして、「困ったもんだな、曾野綾子」と皮肉ったりするのは、フェミニストらしい「困った筆法」?

ともあれ、 『坊ちゃん』や『伊豆の踊り子』や『ビルマの竪琴』や『友情』など読んだ作品もあれば、読んでない作品もあるので、そのあたり、僕などはそもそも「解説」の品質に関して論じることもできないが、「文庫解説論」としては、ひとつの「書評風エッセイ」として面白く読める本ではあった。

「図書」で連載していたとのこと。もう終わったのか?まだ続いているのなら、江藤淳さんの『一九四六年憲法 その拘束』 (文春学藝ライブラリー)の解説の比較論をぜひとも書いてほしかった。

これ、旧来の文春文庫『一九四六年憲法―その拘束 その他』だと、解説はたしか福田和也さんだったのではないか(旧来の文春文庫は「その他」もあった点でより分厚かったかと)。福田氏の解説はもう記憶にないが、まぁ無難なものだったかと。
ところが、文春学藝ライブラリーでは、それを再録するなり、福田氏に新たに書いてもらうということをせずに、なんと『永続敗戦論 戦後日本の核心』 (大田出版)の著者の白井聡氏を起用したのだ。その両者の文庫解説の内容も比較すると、唖然呆然とするような違いがあったと思う人もいるのでは?  そのあたり、斎藤節で論じていただけると、いろいろと参考になったと思う。

しかし……。へんなたとえだが、百田尚樹さんの『カエルの楽園』を新潮社が文庫化した時に、白井聡氏や斎藤美奈子氏に解説を頼むだろうか?  白井さんの本の解説を、「古本虫太郎」に頼んだりするだろうか? ネバーセイネバーか?

ちなみにアマゾンのレビューでは、この「解説者」(白井聡氏)に対して、こんな苦言が呈されている。

巻末の解説者は不要で不快! 投稿者 非公開者 投稿日 2015/11/11
江藤淳の論旨は明確で日本人ならば誰もが知っているべき事実を実証している良書なのだが、巻末の解説者が上から目線の解説を書いたがために、本書の価値を落とし、読者に不快な読後感を持たせた。江藤淳の評価は五つ星だが、解説者のためにマイナス星ふたつ。


中身には星五つだが、解説には星ゼロ! 投稿者 ゆうた 投稿日 2016/8/4久しぶりに本書を読み返したのは、今年の参院選挙で改憲派が衆参両院で2/3以上を占めたからです。
やっと、憲法論議を開始できるということですが・・・
中身は相変わらす素晴らしい。今こそ踏まえなければいけない議論の基が列記してある。
ところが解説に驚いた。
読解力がまるでない。時代遅れの左翼、というよりサヨクの理屈で江藤淳を批判したつもりになっている。
こんな解説を巻末につける編集者のレベル低下も著しいのだろう。
朝日文庫かと思ってカバーを見たら、文春文庫だった。「文藝春秋」が全く面白くなく全く売れない理由も分かった。
ま、そんなことより、せっかくの本文が、頭の悪い解説と編集者で汚されたという印象です。

白井聡は狂ったか投稿者 小谷野敦 投稿日 2015/11/14
形式: 文庫
なぜか『江藤淳と大江健三郎』を出したころに文春から送られてきたのだが、白井聡が解説を書いていたからわが目を疑った。もはや白井は、反米のためなら天皇制右翼の江藤すら利用しようという愚かな地点へとさまよいつつあるらしい…(以下略)。

まぁ、人それぞれではあるが…。江藤さんが生きていれば、この白井氏の解説を読んで、どう感じたことか?
文藝春秋の元常務だった斎藤禎氏の『江藤淳の言い分』 (書籍工房早山)の書名ではないが、「江藤淳の言い分(反論?)」を聴きたいものだ。大川隆法さんに頼むしかないか?

『親米か反米か 保守派知識人江藤淳の言い分・霊言』なんて本が出るかも?

その中で「あの解説はどう思われますか」「文春ともあろうものが……福田和也くんのものを再録するか、もしくは平山周吉くんか斎藤禎くんに書いてほしかった…」なんてことも?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 読書  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2915-4c89bd34

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ