古本虫がさまよう 2017・5・3に朝日が長尾龍一さんの見解を大きく紹介したのは「一歩前進」か?
2017 06 / 05 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07 next month







2017・5・3に朝日が長尾龍一さんの見解を大きく紹介したのは「一歩前進」か?
(2017・5・4・木曜日)





昨日(5・3)は「古希憲法」記念日とのこと? 新聞は護憲、改憲等々の立場からの論陣を張っていた。

護憲的改憲論というか、自衛隊を違憲だと思う憲法学者が多数のようだから、自衛隊違憲説が成り立たない程度の条文に改める必要はあるだろう。その点は安倍首相の言う通りだろう。

各社の世論調査にしても、9条を普通に読めば自衛隊違憲説になると思いませんか、日米安保も違憲になりませんかと問いただし、それでいいですか、自衛隊も解散し、日米安保も解消するほうがいいですか、いわゆる「護憲」派のホンネはそこにあるんですよ、それとも、自衛隊も日米安保も合憲となる、こんな改正案に賛成ですか…とひとつひとつ丁寧に論理的にたずねていけば9条改正が圧倒的多数派になるだろうが……。9条1・2項をそのままにして3項を新設するというのは、かなり「妥協」する改正案だが…。「改憲」はいやだけど、「加憲」ならいいわよという公明党さんへの遠慮か…。

ともあれ、5・3の朝日新聞、単純明快(&単細胞)的な「護憲」論を主張するのは、毎度おなじみだが、オピニオン欄に東大名誉教授の長尾龍一氏を登場させていたのは、まだマシだったといえる。長尾さんには、PHP研究所から刊行された『“アメリカの世紀”の落日―「極東文明化」の夢と挫折』という本がある。こんな内容だ(以下一部再録的に)。


東大教授の長尾龍一氏の本も専門書の類はとっつきにくい。一般書として以前、 『“アメリカの世紀”の落日 「極東文明化」の夢と挫折』 (PHP研究所)はまるごと一冊読了したが、あとがきで「私は戦後一貫して、共産圏の拡大を阻止するというアメリカの政策を支持し続けてきた。『六〇年安保』は私の大学時代の出来事であったが、当時親友であった畠山氏(現防衛庁防衛局長)などがデモに行ったりしている時も、私は反安保闘争の動機に疑念を提出し続けていた。それから三十年経った現在でも、当時反安保のキャンペインを張った月刊誌など、汚らわしくて手も触れないくらいのものである」と。同じ東大教授でも「世界」でせっせと容共リベラル的論文を発表していた坂本義和氏とは大違いと感心したものだった(長尾氏は1938年生まれ。この本は1992年の刊行)。 
その長尾氏は、東大を辞めた後、日本大学法学部教授となる。その過程を2006年刊行の『新版 文学の中の法』 (慈学社出版)の「新版あとがき」で綴っている。これがまた結構面白い。定年還暦を前に、東大教授としてあさましく求職活動をする気にはなれない、「良くない大学」から先に「来ないか」という声がかかるもの。もっといい大学から来ると信じて断ると結局その後がなくて失職する教授もいるとか。またイエスと早々と答えた後にもっといい大学からの口がきて、仮病を使って誤魔化す人もいるとか。要は「お見合い」と同じ。
長尾氏の場合は、先輩から日大に誘われ、かつての学友先輩もそこにお世話になっているので入ることにしたという。定年より一年早く東大を辞めて日大に。早期退職で退職金割り増しになるかと思ったら逆に減額されたとか。奥さんも研究家のようで埼玉の山奥の家からあざみ野に引っ越しして両方の勤務先に便利なようにしたものの、奥さんは逝去(ちなみに奥さんは北大の革マル派だったとか?)。そんな内幕が面白いが、最後には奥さんの追悼集私家版を無料送付する旨が記されている。愛妻家だったのだろう。もっとも世の中には愛妻家どして、亡き妻を偲ぶ本を出しながら、その直後にちゃっかり教え子と再婚する大学の先生もいるから油断大敵?
この「追悼集私家版」がこの本のようである。いいだもも氏なども追悼している。奥さんはマルクス主義も専攻していたようだ。30代前半で知り合い結婚。長尾氏は反マルクスで、そんな長尾氏が「マルクス学者と『論文結婚』をする」ことになったようである。
ちなみに、長尾氏がこの本の中で、「日本共産党ご自慢の『自主独立路線』は、フルシチョフのスターリン批判に対して、スターリン盲従主義から抵抗したところに発端がある」と指摘しているが、その通りですな。ホンマに。そのくせ、ハンガリー反革命に関しては、ソ連に盲従したくせに。嘘によらずに生きていけないのが日本のコミュニストたちであろう。

そんな長尾氏が朝日に登場。

「軍国主義から解放」「国民は制定に感激」「保守本流も『追認』」「身近でテロなら転換ありうる」「落ち着き失うな」との見出しで「日本国憲法の運命」との題。

「現在の自民一党支配の状況を見ると、二大政党制も育てておくべきだったとも思います。ケーディスなどもそのうち社会党が伸びて二大政党制になると思っていた。そうならなかったのは、非合理な主張を重ねて中間派の国民を遠ざけた旧社会党左派に大きな責任があるというのが、学生時代以来の僕の見方です」

ここが肝要なのだが、朝日記事の見出しには使われていない。

社会党右派(江田派)、民社党的路線が日本社会党の主流にならず、ソ連を愛しすぎた向坂一派(協会派)や、反協会派といっても北朝鮮や中共などにはかなり盲目的だった中間左派などが「主流」だったために、結局、日本社会党は、戦後の一時期を除いて相対的多数政党になれなかった。片山内閣と村山内閣で政権を担ったものの、西独社民党のゴーデスベルク綱領のような転回を取ることもなく、党名だけ「社民党」としたものの、その「非合理な主張」は旧来のままだった。その背景には、国労日教組などの社会党支持の総評の左傾化も原因だった。

9条改正に関して、「非合理な主張」を述べる狂信的護憲論者を排して、現実的な護憲的(平和外交の推進、侵略戦争はしない。自衛戦争は別…)改憲案を明示して、理性的な改憲論議をしていくべきだろうに。
黒船待ちではなく、理性的に対応してしかるべきなのに……。「平和憲法」「平和憲法」ともてはやす世論操作にはうんざり。本当の意味での「平和憲法」ならいざしらず、左右の全体主義国家の脅威を無視した「平和運動憲法」「平和主義憲法」では困るのだから。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 新聞論調  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2905-08052975

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ