古本虫がさまよう 上前淳一郎氏の『読むクスリ』ならぬ『呑む(飲む)クスリ』を彷彿させる川畑弘氏の『BAR物語
2017 05 / 04 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06 next month





上前淳一郎氏の『読むクスリ』ならぬ『呑む(飲む)クスリ』を彷彿させる川畑弘氏の『BAR物語
止まり木で訊いたもてなしの心得』 
(2017・5・3・水曜日・祝日)




川畑弘氏の『BAR物語 止まり木で訊いたもてなしの心得』 (集英社)を読んだ。自宅で。ジェイムソンのオンザロックを片手に…。

内容紹介→バーで飲む酒はなぜ旨いのか――。
サントリーウイスキーのPR誌『ウイスキーヴォイス』の編集長として著者が出会った心に残るバーの思い出を綴ったエッセイ。名店はどのようにお客様をむかえるのか? 名バーテンダーが一杯のグラスにかける驚くような情熱とこだわりとは……。ふだんは明かされることのないバーの裏舞台を知れば、いつもの一杯がより美味しく味わえる。
サントリーが発行する『ウイスキーヴォイス』は、全国1万2千店のバーに届けられるPR誌。編集部には毎号、読者のバーテンダーからハガキが寄せられ、記者はそれを頼りに全国のバーを巡り、バーテンダーたちの「生きた声」を集めて記事をつくる。
著者は、1999年の創刊以来、同誌の編集長をつとめ、北海道から沖縄まで200名を超えるバーテンダーを取材。
本書には、その著者が17年に及ぶ取材で得たエピソードが綴られる。札幌の老舗バーでは、95歳のバーテンダーから接客の心構えを訊き、震災後の福島、南相馬、仙台では、若いバーテンダーが語るひたむきな思いを聞き書き。沖縄ではバーテンダーと共にウイスキーのつまみを求めて、月夜の晩に海に入り……。
巻末には本書に登場する全国のバー40店の地図を掲載。特異なバーガイドとしても楽しめる。


上前淳一郎氏の『読むクスリ』 (文藝春秋)を想起させる人生エッセイ集だった。『読むクスリ』は、30巻を越えるロングセラー。会社勤めの社員たちが遭遇したちょっとした「いい話」をまとめたもの。この本って、新入社員なんかが読めば参考になること大だと思う。僕は、そのときには読まなかったので、人生街道に躓いた(のかもしれない?)。

同様に、川畑氏のこの本は、 『飲むクスリ』『呑むクスリ』とでも評すべき人と酒の出会いを綴ったエッセイ本といえようか。楽しく読める一冊。

冒頭、仙台にある全面禁煙のバーが紹介されている…。いいね。安心して飲める禁煙バーのなんと少ないことか。以前、新宿御苑近くを歩いていたら、「禁煙バー」の表示をしてあるバーが地下一階にあったので入ったことがある。気に入って、時々立ち寄っていた。その近くに、本来行きつけのバーがあった。あいにく、そこは禁煙ではないので、開店と同時に入り、運がよければ(店にとっては不運なことに?)、(喫煙)客が来なければ一時間~二時間ほど滞在可能だった。しかし、喫煙者がすぐにやってくることもあった。そうなるとさっさと退散しても、その禁煙バーに逃げ込み、「まったく、あの店、何度言っても禁煙にしないから、困るよね」との愚痴をマスターに言えたのだが、残念なことに、禁煙バーは閉店。行きつけの喫煙可能バーはまだ経営中。マスター自身は吸わないのだが……。ちょっと足が遠のくこのごろであるが……。

ともあれ、バーのトイレ掃除がいかに大切かと力説する人も登場(していたかと?半分酔いながら読んで再読していないので記憶が曖昧?)。『読むクスリ』同様の人間模様を垣間見ることができる本だった。

神保町界隈に、禁煙バーがあれば行くのだが。山の上ホテルのカウンターのバーが一部禁煙になったかと聞いたが…。もう少し安いほうがいい? 学士会館のセブンズハウスもいいが、あそこはバーというよりは料理を食べる店。
この前、神保町の中華料理屋で知人と会食して、二軒目で寄った店は一階が禁煙で二階が喫煙だったが、バーではなかった…。「神保町・禁煙 バー」でいろいろと店は出てくるが……。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | グルメ  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2903-7f7f1836

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ