古本虫がさまよう アダルト女優の「人権」にもいろいろあるようで?
2017 06 / 05 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07 next month




アダルト女優の「人権」にもいろいろあるようで?
(2017・4・21・金曜日)





井川楊枝氏の『モザイクの向こう側』 (双葉社)を読んだ。


出演強要問題に揺れるAV業界。なぜ今、このような問題が浮上してきたのか。「性を売り物にする」として、長らく日陰の存在だったAVビジネス。だが、時代の移り変わりとともにセクシーアイドルの輩出や芸能人AVジャンルの誕生などにより、一定の社会的認知を得たこととも深く関係している。数多くの関係者に取材し、出演強要問題から海外配信AVや同人AVまで、大きく変わりつつある業界の深層に迫る。

アダルト映画に「強制出演」させられている被害者を救えという「人権弁護士」がいて、その人への取材もしている。このヒューマンナントカという集団は北朝鮮の人権抑圧にはあまり積極的に動こうとはしない団体だったかな?

一方、川奈まり子さんは元AV女優で作家。作品も本欄で紹介しているが、そうした動きとは「考えが相容れません」とのこと。「今のAVはフェミニストが戦って勝ち取った一つの成果だと捉えています」とのこと。

処女と童貞があって、処女は守るべき、童貞は打破すべきといった古い価値観を蹴飛ばして、女性も自分たちでセックスをコントロールできるようになって、「自分を表現できる仕事の選択肢としてAV女優」になったとのこと。

それも一つの価値観であろう。強姦などのシーンは好きではないものの、「このジャンルはよいけれど、このジャンルはダメという考えで表現規制するのは間違っていると思います」というのは正論だろう。

そういうふうに、「証言者」は玉石混淆だが、さまざまな角度から論じていて参考になる本。
それはともかく、この本のカバーは、若い女性の背中(裸)姿。

同じく美女(著者)の背中と腕が少し見えるカバー写真の本、SHIHOさんの『セルフケア 今すぐ始められる40のアンチエイジング法』 (幻冬舎)を読んだ。妻所有? こちらは、還暦前のブ魔女が読んでも、いまさらどうでもなることは無理なことを自覚するための一冊。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | エロス  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2890-3829af13

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ