古本虫がさまよう 「ダビデの星」ならぬ「毎日の☆」マークにはご注意? 大岡信・石原萠記・渡部昇一死去の報じられ方の違い
2017 06 / 05 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07 next month




「ダビデの星」ならぬ「毎日の☆」マークにはご注意? 
 大岡信・石原萠記・渡部昇一死去の報じられ方の違い

(2017・4・20・木曜日)





昨日(2017・4・19付け)、 「渡部昇一氏の訃報を朝刊で報じられなかった朝日、東京、毎日…?」と題して書いたが、正確には、毎日は2017・4・18朝刊で、渡部氏の訃報を報じていたところもあったようだ(いや、もしかして朝日も?)。

というのも、少なくとも都内最終版の14版の毎日社会面には、渡部氏死去の記事はなかったのだが、なんと同じ14版でも、「☆」マークの入った「14☆版」というのがあるそうな。これは都内の販売所にあっても、毎日新聞の専売所のみが配達することのできる、本当の最終版だそうな。同じ都内の「14版」配達地区であっても、毎日の専売所ではなく、ほかの新聞も配達するところには配布はされないそうな。たしかに、以前、住んでいた所だと、毎日新聞と産経新聞双方を配達している販売所もあったかと。

それにしても、「14版」と「14☆版」というのがあるとは知らなかった。都内に住んでいて毎日新聞を購読している人は、ハシラのところにある「版」のところを確認されるといい。「☆」マークがあるところは、特別配達地域(?)といえるかもしれない。ただし、この☆版は、縮刷版には反映されない版とのこと。

したがって、毎日の2017・4・18朝刊(「14☆版」)29面には、たしかに「渡部昇一さん死去」「英語学者」「保守派の論客」との見出しの、そこそこ目立つ形で、四段の訃報記事が掲載されている。その隣上の「千葉女児遺棄」「キャンピングカー使用か」との見出し記事は、「14版」でも「14☆版」でも、ほぼ同じだが、その記事も「☆」板では少し削られていて、そのほかの記事も少しカットされていて、そういうことをすることによって、渡部氏訃報記事のスペースを作っている。

毎日新聞は、そういうことをしてでも、渡部昇一氏という大物論客の死亡を伝える必要があると判断したのだろう。その姿勢は間違っていない?

おそらく、渡部さんの遺族が、親しい関係者には死去したことを、4月17日の午後伝えたものの(午後1時55分逝去)、朝日毎日東京などにはそういうつきあいの濃い人がいなくて、情報伝達が遅れたものの、ギリギリの段階で産経読売日経が報じているのを知って、あわてて入れたということではないか(ということは、時事や共同などの配信もなかったのか?)。

渡部氏ほど、知名度はなかったかもしれないが、自由社の「自由」編集長だった石原萠記さんが亡くなってから数日後に産経のみ(?)が訃報欄で伝えたこともあったかと。石原さんは「保守派」といえば、保守派かもしれないが、民主社会主義の立場に近かったと思う。

ともあれ、その意味で、この前亡くなった大岡信さんは、各紙かなり大きく伝えたものの、朝日はことさら大きかった。日頃の紙面でのつきあいの深さもあっただろうが……。こちらも渡部さんと同世代の享年86。菊池寛賞を受賞していた(なぜ、渡部さんが菊池寛賞を受賞していないのか?  曽野綾子さんはこの前やっと受賞されたが)。
ともあれ、学者文化人などの訃報を報じる新聞社のスタンスはさまざまあるようだ。
朝日の次は、まだ多様性のある毎日新聞を取ろうかな?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 訃報  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2889-0372028d

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ