古本虫がさまよう 「張り子のトラ」なのは、習近平かトランプか? それとも プーチンか、安倍首相か?
2017 05 / 04 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06 next month





「張り子のトラ」なのは、習近平かトランプか? それとも プーチンか、安倍首相か?
(2017・4・1・土曜日)




宮崎正弘氏&石平氏の『いよいよトランプが習近平を退治する!』 (WAC BUNKO・ワック)を読んだ。

タイトルどうりの本。主眼は中国の内政と米国の対中政策。
「ビッグブラザー」習近平に対抗する、もう一人の「ビッグブラザー」王岐山という悪い奴(?)がいるみたいで、この男と習近平の路線闘争が秋の党大会のミモノとのこと。ううむ、なるほど…。それにしても、選挙で選ばれるわけでもないのに、党大会での権力闘争によって、その勝者が国政を牛耳り、経済統計など、いささかうさん臭い細工をする現状が二人の対談によって解剖されている。

ここを認識するだけでも、トランプがビッグブラザーだの、1984的情報操作をしているとして、ことさら危険視するのは変な感じがする。フェイクニュースを許すななんて言っている昔ながらのマスコミこそが、フェイク新聞ではないか。朝日新聞にしても、二つの「吉田誤報事件」を見れば、今日でも存立しているのが不可思議なぐらいだろう。天に唾するのもほどほどにすべきでは?

ともあれ、トランプが習近平を退治するといっても、我々が、夏のゴキブリや蚊を見つけて、殺虫剤で一気に退治する…というわけにはいくまい。

トランプやその側近が、中共をどう見ているか…。普遍的な価値観を共有しなくとも、現実的なアメリカの国益を追求する上で、この国をどう扱うか。経済のみならず国防の観点から、北朝鮮などとの処遇をめぐって、中共やロシアの手を借りるのか、借りたらそのお返しはどうするのか? その「お返し」が日本の国益を侵害することがないか。
日本は「お返し」ができるのか。北朝鮮をアメリカが再び「テロ支援国家」であると認定するための工作をしているのか? いろいろと気になるところだ。

ニクソンが、いくら対ソ戦略のためとはいえ、キッシンジャーを使った忍者外交で、人権無視の人殺し独裁者毛沢東にすり寄り、そのパワーを借りたりした史実を忘れてはなるまい。トランプも反中になったり親日になったり、半中になったり親中になったりと゛めまぐるしく「変身」しながらアメリカの国益追求の外交を展開することだろう。

もっとも、その観点からは、中共を倒すために、ロシアと手を結び、ウクライナぐらい、いいじゃないか…という姿勢をトランプが示したとしたら、それは、日本にとっては悪くないかもしれない(でも、北方領土返還は夢のまた夢となりしか)。
それでもさらに尖閣を取られるよりはマシと思って、ロシアと手を結ぶことも必要になるのかもしれない。が…。僕は、習近平よりはプーチンがまだマシと思うが……。東京新聞と朝日新聞、どっちを購読するかといえば、まだ朝日か…。まだ読むところが朝日のほうがある…。プーチンとて選挙で当選しているから……。その程度の、より悪の少ないほう、日本の国益にとってどっちがましか…程度の不毛の選択でしかないが?

二人の対談を読む限り、中共経済は「張り子の虎」みたいなもの。まぁ、ナントカ自由世界はいい方向に向かう可能性がありそうだ。期待したいもの。
ただ、油断すると、「張り子の虎」なのは、 「張り子のトラ」ンプ政権になるかもしれない。世の中、常にネバーセイネバー。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 軍事  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2867-175a6db9

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ