古本虫がさまよう 山岳部出身者は、那須の『遺された親たち』の悲劇をどう見るのか?
2017 06 / 05 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07 next month





山岳部出身者は、那須の『遺された親たち』の悲劇をどう見るのか?
(2017・3・29・水曜日)






3月27日の栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で、雪崩が発生し、登山講習会に参加していた高校生など8人が死亡したとの報道記事(2018・3・28産経朝刊)を読んでいたら、管間記念病院(かんまきねんびょういん)の病院名が目にとまった。

黒磯の知人宅に寄ったりした時、いまはなき白線文庫(古本屋)を近年訪れることが多かった。黒磯駅から歩いて10分程度のところ。そこの交差点を左に曲がると、この病院があった。さらに歩くと、黒磯図書館がありブックオフがある。白線文庫が移転したあとも、ブックオフがあるので、この病院前は何度か行き来した。
3・27は、この病院もいろいろと急患が運ばれたのだろうと新聞を読みながら感慨にふけった次第。

「病院によると、男子生徒はICUに運ばれた。駆け付けた両親らは男子生徒にしがみつき泣き崩れたという。病院スタッフは『言葉にできないくらい沈痛な様子だった」(産経)

年老いた老人が80歳前後で病気などで死んでいくのはまだ仕方なく、90歳前後で老衰ともなれば子供の側からすれば諦めもつくかもしれないが、十代~二十代の少年少女が不慮の事故で無惨にも死亡するのは哀しいものだ。親の側からすれば…。

去年も、軽井沢近くでバス暴走事故で、乗車していた大学生が何人も死ぬ事故があった。その親たちもさぞかし嘆いたことだろう。韓国のあの客船による死亡事故も…。

こうした「事故」。「加害者」が明々白々となるかどうか…。山岳部顧問の教師がスパルタすぎての事故発生なのか?
飲酒運転者による交通事故によって子供を殺されたともなれば、それは松戸のベトナム少女殺害同様、被害者からすれば、怒り心頭に発するだろう。

元朝日記者の佐藤光房氏の『遺された親たち』 (これはシリーズで数冊刊行。あすなろ書房)は、横暴な交通事故加害者によって子供を殺された親御さんたちの嘆きをまとめた名著。

不慮の事故による死亡は永遠にゼロには出来ないとしても、やはり、こういう悲劇は味わいたくないものだ。

山岳部というと、母校にもその名のクラブがあったかと。どちらかというと、体格もよく、「山」に哲学的なモノを感じるような思想性豊かな(?)タイプの高校生が多かった? 山歩きは趣味ではなかったので、そういう人たちへの連帯感はまったく持ちあわせていなかった。まぁ、山登りしながら、タバコをプカプカ吸って、吸殻をポイ捨てするマナーの悪い登山家がいたら、アホやなと思うしかないだろうが(ただ、周辺に人がいなくて、登頂して、無人の空間で携帯灰皿をもって一服するのは悪くないだろう)。

高校時代に山岳部を経て、新聞記者になり、おかしな提灯記事を書いて国の名誉を傷つけた人もいたかな? 彼もこの遭難の悲劇を見て、何かを感じていることだろうか?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 |  事故  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2864-32cd3770

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ