古本虫がさまよう からだを目当てに見た映画?
2017 11 / 10 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12 next month





からだを目当てに見た映画?
(2017・3・27・月曜日)





昨日(日曜日)は東京周辺は終日、冷たい小雨。所要があり、あちこち周りながら久しぶりに正午前に新宿御苑の「いなば」に。あつもり(つけ麺)800円。まずまずの味。最近総武線沿線の某駅近くのつけ麺屋に行くことが多く、「いなば」もごぶさたしていた。クーポン券をゲットしたのでまた来ることも?

そのあと、高円寺古書会館へ。丸ノ内線利用。新高円寺駅近くのブックオフを覗くが買いたいものはなし。そこからルック商店街をテクテク。電柱からは煩い音楽(歌詞はないが…)が流れている。ここは、もうどうしようもない「騒音商店街」。土曜日神保町裏通りの夕方の静けさとは比較にならない。「アニマル洋子」は閉まっていた。

ともあれ、古書会館へ。
山田清三郎氏の『プロレタリア文学風土記 文学運動の人と思い出』 (青木新書)、R・H・トーニーの『急進主義の伝統』 (新評論)、館淳一氏の『欲望パラダイス』 (双葉文庫)を購入。3冊でワンコイン500円。でもトーニーの本は持っていたかと……。


車中、秋本鉄次氏の『パツキン一筋50年 パツキンとからだを目当てに映画を見続けた男』 (キネマ旬報社)を読んだ。

内容紹介→2006年の開始以来、一時中断を経て、リターンズとして復活し、続くこと延べ約10年。女優を愛し(未成年を除く)、パツキンを愛す、〝呑む・打つ・観る"をモットーとする映画評論家・秋本鉄次による連載『カラダが目当て』。
娯楽映画、なかでも金髪女優の評論にかけては業界随一を誇る氏のユーモア&デンジャラス、エアリーでバブリーな連載を、多くのパツキンファンの待望の声を受け、遂に書籍化!


「パツキン」とは、 「女性名詞。特に欧米女優を指す。金髪男優等をパツキンと呼ぶのは誤用」とのこと?

いろんな映画や女優の名前が出てくる。でも、キャメロン・ディアスも知らなかったし…。ブライアリー・ロングも知らないし……。「どんなカラダ」をしているかの想像力が活字だけでは働かない。見開き二ページでコラム一本だが、せめて女優の顔写真ぐらい掲載してほしい。巻頭に口絵一枚、美女のカラー写真があるが……。

ジャクリーン・ビセット の「ザ・ディープ 」「シークレット」などは見た覚えがあるのだが、なにせ40年ほど昔の昔。著者の前作の『映画は“女優”で見る!―映画生活を楽しくするススメ』『やっぱり! 映画は“女優”で見る!』 (SCREEN新書)になると、ジャクリーン・ビセットも登場してくるようだが……。
たしかに、あのころ、「金髪女優のからだ」を目当にして洋画を見ていたのは事実? 金髪かどうかはともかく、ジャクリーン・ビセットは勿論のこと、アネット・ヘブンもそうだったなぁと。ラウラ・アントネッリも…。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 映画  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2861-5d197113

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ