古本虫がさまよう 世の中には「平気でウソをつく邪悪な人」がいる?
2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month
世の中には「平気でウソをつく邪悪な人」がいる?
(2017・3・23・木曜日)




帰宅して、森友学園の籠池理事長の国会での証人喚問のやりとりをテレビニュースで見るにつけ、M・スコット・ペックの『平気でウソをつく人たち』 (草思社)という本を昔読んだことを思い出した。


(内容紹介)→自分の非を絶対に認めず、自己正当化のためにうそをついて周囲を傷つける“邪悪な人”の心理とは? 個人から集団まで、人間の悪の本質に迫るスリリングな書!

細かい内容は忘れたが、この本では「邪悪な人」について、このように分析もしていたとか。

そういう邪悪とまで呼ばれる人は「自分の欠陥を直視することを拒否し、体面を保つのに躍起になり、そのためにうそを平気でつき続け、支配力の及ぶ他人を破滅に追いやって顧みないのだ、とペックはいう。そうした『邪悪な人』が厄介なのは、当人は邪悪さを発揮することで表面上は社会に適応しているからである」(松原隆一郎氏の一文。『「悪魔祓い」の戦後史』文春文庫の解説文より)。

ちなみに、稲垣氏の本の中では、「共産圏を天国とみなして平気でウソをつく邪悪な人たち」の「嘘」が紹介されている。大内兵衛や桑原武夫等々~。この本はPHP研究所から復刊されている(が、そちらには松原氏の解説は収録されていない)。

他愛もない理事長の発言に、ほぉ~と声をあげて驚いてみせている野党議員もいたが、中野信子氏の『サイコパス』 (文春新書)を読んだほうがいいのでは? そういう知的レベルの議員はともかくとして、一番迫力ある質疑をしていたのが、公明党の竹谷とし子さんだった。

天皇や安倍首相が塚本幼稚園を来訪したと公言していた事実を追及し、間違い(嘘)だったと「自白」させたり、「詐欺」の実態を暴いていたが、鋭い目つきで短い質問で追及する姿勢に、さすがの(?)理事長もタジタジといった感じだった。
この顔、どこかで見た覚えがあると思ったら、昨夜、急な飲み会で、晩飯をキャンセルし、帰りが遅くなり、帰宅した時の古女房の顔にそっくりだった?

ともあれ、開校を目指していたみずからの小学校の推薦入学枠を設けることで愛知県内の新設名門中学校と合意しているといった嘘も、JR東海の葛西さんのリップサービスを信じてのことだったとか? そんな根拠で、そんなことを事実として公けの書類に記すなんて、「平気でウソをつく人」というしかあるまい。文明社会の文明人とはとても思えない野蛮人というしかない。慰安婦強制連行で「平気でうそをつく」オッサンがいたが……。

こんな非常識な輩につけこまれたという点は、かつての朝日新聞記者たち同様に大いに反省すべきところもあるのかもしれないが、あまりにも邪悪すぎる人にアプローチされると、普通の人はなかなか対抗しきれなくもなるだろう。そうならないためにも、なるべく人間的関係を作らないようにすべきかもしれない。若干思想的共鳴を覚えるからといって、いい人だと思ったら大変なことになることもありうるだろう。「本」とつきあうだけにするほうがいいのかも。飲み会に誘われても、「全席禁煙」「出入り口も禁煙」でないと僕は出席しません---なんて公言していると、誘惑も減りベターかも?

(人がいるところで)タバコを吸わない共産主義者(ファシスト)と、(人がいるところでも)タバコを吸う民主主義者---とっちとつきあうべきか? どっちともつきあわない、(人がいるところでは)タバコを吸わない民主主義者とだけ仲良くするのがベストかも? でも、そういう集団の中にも、ヘンな人はいるから?

それにしても、「森友問題 昭恵氏付職員が関与」との報道が強調されがちだが、ここでいう「関与」って、慰安婦問題でも、「問題」になった「軍の関与」にも似ている。「善処」したことを「悪い関与」と言いたい向きには、都合のいい言葉だろうが。国有地の借り受けなどに関して「口利き」なり、「超法規的な対応」はできませんよと返答・対応した「関与」は別に悪くもないだろうに。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 人生  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2857-8e628066

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ