古本虫がさまよう イノシシは食べられないのか?
2017 07 / 06 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08 next month




イノシシは食べられないのか?
(2017・3・22・水曜日)




2017・3・21の朝、NHKニュースで、神戸など都市部でもイノシシが「定住」するようになり、買い物の「食料」を狙われて被害を受ける人が出てきているとのニュースが流れた(以前、ローマで、カモメが外テラスで食事をしている人を狙うなんて番組があったことを紹介したことがある。相手がイノシシとなると、カメモよりは危険!)。

その対策としては…。農村では、畑を守るサクの山側のほうの木々を伐採し、見渡せるようにすれば、警戒心が強いイノシシは畑を荒らさない…とか。

ふうん? 手っとり早い対策として、すぐに浮かぶのは「駆除」だが、そういうのはNHKはタブー視するから全然報道しないのかな?
東京のカラスだって、生ゴミ対策もあっただろうが、適度な駆除も多少の効果はあったはず。同様に、都市部が「安全」だと思って、昼間でさえ、用水路などをうろつくイノシシが出ていたが、こんなの、銃を少しぶっ放せば、あわてて逃げるのでは?
都市部で猟銃をぶっ放すのは問題があるとしても、空気銃やらなんやら威嚇をすることも肝要だろう。そもそもカラスと違ってイノシシは食える? 鹿も適宜捕食しているではないか。イノシシも当然そうすべき。国技館のある両国にイノシシ料理を提供する店(山くじら すき焼 ももんじや)があって、10年ぐらい前に、一度「すき焼き」を食べたことがある。でも、禁煙店ではなかったので、それ以降、まったく出かけていないが……(ネットで見ると、ランチタイムはかろうじて禁煙になっているようだが…)。

都市部で捕食できるようになれば、新鮮? 朝仕留めたばかりのイノシシ肉ですきやきなんて--災い転じて副となすではないか? 神戸市など、住民への被害が出ているのに、駆除するという姿勢を打ち出していないように番組では見えたが、それはおかしいのでは? 「動物愛護」もほどほどにすべきだろう。

NHK番組では銃殺などの是非、効果の有無についての考察は全くなくて黙殺していた。それではあらゆる角度から報道する使命を果たしているとはいえないのではないかな?

未見未読だが、 『ジビエ・バイブル野鳥、熊、鹿、猪、ウサギ…素材の扱い方から料理まで』 (川崎誠也氏・ ナツメ社)という本もあるそうな。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 環境  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2855-b289d675

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ