古本虫がさまよう 五キロ税込み1500円以下の安いコメはどこへ消えた?
2017 05 / 04 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06 next month



五キロ税込み1500円以下の安いコメはどこへ消えた?
(2017・3・18・土曜日)




NHK3・16 朝のニュースで、飼料米(家畜餌) 業務米(外食産業向け)、 家庭米などの中で、業務米の生産が急激に減って、飼料米へのシフトが進んでいることが報じられていた。国は補助金漬けの減反政策を見直し停止したかと思ったら、飼料米の生産に関して、新たに補助金を出していて、それ目当てに、そちらにシフトする農家が増えているとのこと。

ある農家の実例が出ていたが、まぁ、ニコヤカに嬉しそうに語る農民サマ。なんと受け取る補助金が年間600万円とのこと。ふうん。もちろん、売った金額も手元に入るのだろう。その金額は明示されていなかったが、専業農家であれ兼業農家であれ、ウハウハで結構なこと? 
虐げられる農民?  何処にいるのやら?  TPPをやったら、こういう補助金ウハウハ農民が「泣く」のではなく、もう少し「汗流して」頑張るようになるのなら、反対でもなかったのだが……?

業務米の生産が減っていて、そのため、コンビニなどのおにぎりの値段が高くなる可能性があるとのこと。値上げをしないなら、コンビニの可愛い小さなおにぎりをさらに小さくする策動もあるそうな? あんなもの、家庭で握ればまだ安いもの? 我が家の古女房も時々作ってくれるが(具はなし。回りにふりかけをふりかけるだけのシンプル。稀に梅干し一個)、体格に比例して大型おにぎり。コンビニおにぎりの2~3個分はありそうだ。おにぎりさえ「家作」ではなく、「メーカー製造」に頼るような情けないことは少し控えるようにするべきかもしれない。

この前、少し書いたが、最近、五キロで、税込み1500円以下で買えるコメがまったく見当たらなくなった。我が家の米びつもいよいよピンチになった2週間ほど前、某スーパーで10キロ、税込み2800円のセールをやっているのをチラシで発見。週末だったが、週末ギャンブルをキャンセルして我が古女房は自転車に乗って片道20分ほどかけて買いに走った。「あんたの稼ぎが少ないからよ、まったく」とのたまわりながら。

これでなんとか一息ついているが、その後、スーパー各店の特売を見ても、コメ5キロで税込価格1500円以下はまったく見かけない。「つや姫」だのが税抜きで1590円とか出ているが、冗談ではない! この背景には農協の陰謀があるのではないか? (と思っていたら、本日朝刊のチラシに5キロ1500円以下のコメが出ていた。ううむ…。20日(祝日)のみの発売か…)。

コメの消費をむやみに増やさないためにも、日本酒を飲まないようになって久しいが…。コメを食べるのを止めるわけにはいかないから…。といいつつも、週末ギャンブルに走る妻がいるので、週末、コメを炊くのが面倒な時、電子レンジでチンして食べられる「(インスタントパック)米」も若干常備。それに100円~200円前後のインスタントカレーをぶっかけ、100円前後の缶詰を開けて晩飯にすることもある……。昨夜もそうだった……。

結婚して30年余り…。「あんたに強制連行されて、時には慰安婦のような仕事もさせられて…」と嘆く我が妻。「事実は違う! 大学出ての進路についていけないならさらば!と、上野駅ホームで言ったのに、走っておいかけて来て、すがってきたのはお前のほうだ!」と。嘘も何度もいえば、事実を変えられてしまう? 気をつけよう、韓国政府と中共政権と我が古女房?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!

スポンサーサイト
 | 農業  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2850-2ae48029

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ