古本虫がさまよう 日本財団に勤務したら毎月一回晩飯をゲット? 読書しないのは人間ではない!?
2017 09 / 08 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10 next month






日本財団に勤務したら毎月一回晩飯をゲット? 読書しないのは人間ではない!?
(2017・3・10・金曜日)





毎朝愛読しているブログといえば、 「古本屋ツアーインジャパン」さんと岡崎武志氏の「okatakeの日記」など。そこに出てくる本で、知らない本などを知って読んでみたり、古本屋案内を見て、出かけてみたり…と。そのほか、読書コラムではないが、日本財団の笹川陽一さんの「ブログ」もちょくちょく拝見しているが、先日、こういうものがあった。



「読書運動」―
一年に30冊の読書―
私は日本財団の職員に一年間に30冊以上の読書を呼びかけてきた。30冊以上の読書終了者全員にポケットマネーで夕食をご馳走するという条件付きであったが、一昨年はたったの3人で、内心愕然とした。昨年は年初と秋にも発破をかけたので16人と激増し、夕食会の出費は増えるが、嬉しいことではある。
55冊読破が第一位であった。できるだけHow To本ではなく、歴史の風雪に耐えてきた名著といわれる古典を読んでほしいとの希望を伝えているが、正直なところそこまでは無理のようだが、職員の意識の中に読書の大切さを理解してくれる人が増加したのは喜ばしいことである。
全国学校図書館協議会の調査(2016年6月)によると、過去1ヶ月間に1冊も本を読まなかったと答えた高校生は57%もいた。15年度の内閣府の調査によると、高校生の場合、スマホでインターネットを使った時間が一日二時間以上は67%と、増加傾向にあるらしい。
出版界の業績が急速に低下している中、読書の大切さと読書の楽しさをもっと啓蒙してもらいたいものである。

「私が人生を知ったのは、人と接したからではなく、本と接したからである」
アナトール・フランス(ノーベル文学賞受賞者)


ううむ…。日本財団に勤務していたら、夕食を年間で何度かご馳走になれたのではないか…と。一カ月に三十冊は読むようにしているから? でも、「できるだけHow To本ではなく、歴史の風雪に耐えてきた名著といわれる古典を読んでほしいとの希望を伝えているが、正直なところそこまでは無理のようだが」とのこと。ううむ…。まぁ、ハウツー本も、新書も、エロス本もさまざまな雑読派故に……。

ノーマン・M・ネイマークの『スターリンのジェノサイド』 (みすず書房)や ザヴォドニーの『消えた将校たち  カチンの森虐殺事件』 (みすず書房)やトニー・ジャットの『荒廃する世界のなかで これからの「社会民主主義」を語ろう』 (みすず書房)や『ヨーロッパ戦後史』 (上下・みすず書房)なんかも読んでいるから、これなら、まぁ、新しい本だけど、「これからの歴史の風雪に耐えていく」ことができる「名著」かと。

それはともかくとして、フランスの言葉に、そういう言葉があるとは知らなかった。昔、講談社現代新書のしおりに、読書の格言が掲載されていたかと。国木田独歩の言葉として、読書を廃するとは人生を廃するもの、自殺なり—といった趣旨のものがあったかと記憶している。

(以下一部再録になるが)以前紹介した成毛眞氏の『日本人の9割に英語はいらない 英語業界のカモになるな!』 (祥伝社)の中に、 「読書をしない国民ばかりになると、国家は衰退していく」「読書量によって国は滅びる」との指摘があった。2014・2・27付け日経に、「大学生スマホがかさむ」「食費削って交流・おしゃれ」「(大学生の)4割読書時間ゼロ」という見出しの記事が出ていた。

読書に関するデータは、全国大学生協連の「学生生活実態調査」によるもの。それによると、全国30大学の学生8930人が回答したところ、一日の読書時間(電子書籍含む)は平均26・9分で、ゼロ時間と答えたのは文系34%、理系44%だったそうな。下宿生の一カ月あたりの書籍購入費は7年連続で減少し、過去最低の1820円だとのこと。

一日ではなく一カ月の本代が1820円。ううむ。単行本なら一冊買えるかどうか。文庫なら3冊前後。古本屋で買えば、単行本でも数冊、文庫なら十数冊は買えるか? 大学生なら図書館で借りている? いやいや、4割が読書時間ゼロ。いわんや一般の大人も似たようなものというか、もっと読まない比率が高いのでは。毎日新聞などが読書世論調査など毎年やっているけど、そのような結果が出ていたかと。

ともあれ、大学もピンからキリまであるだろうが、東京大学出版会『UP』編集部編の『東大教師が新入生にすすめる本』 (東京大学出版会)は、東大教師が東大新入生に勧める本のリストや内容が紹介されているブックガイド。
さすがにレベルが高くクラシックなものが多く、僕とて積んどくしている本ばかり、いやいや、手にしたこともない本も多し。読んでいる本もあまりない? まぁ、僕は東大生でもないし‥。

似た本としては、東京大学新聞社編の『東大教師 青春の一冊』 (信山社)や、文藝春秋編の『東大教師が新入生にすすめる本』『東大教師が新入生にすすめる本 2』 (文春新書)などがあるが、こちらもまじめで固い本が多かったと記憶している。
中には、こんなイデオロギーだけのつまらなさそうな本を?という東大のセンセイもいたかと?

こういうリストよりは、以前も紹介した成毛眞氏編の『ノンフィクションはこれを読め! HONZが選んだ150冊』 (中央公論新社)のほうが、もう少し現代的でおもしろそうな感じがするが‥‥。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 読書  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2842-c6c1160b

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ