古本虫がさまよう 名著、迷著とは?
2017 05 / 04 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06 next month
名著、迷著とは?  02/23/2017  




名著、迷著とは?(2017・2・23・木曜日)




群像編集部編の『21世紀の暫定名著』 (講談社)を読んだ。

内容紹介→●わたしが選ぶ21世紀の暫定名著3冊  内田樹、佐藤優、上野千鶴子、松岡正剛、小川洋子、荻上チキ、栗原康、茂木健一郎、堀江敏幸、中島岳志、白井聡、鴻巣友季子……各界注目の識者が選ぶ名著3冊
●激闘座談会! 新しい時代の名著はこれだ!
【一般書篇】池田清彦、松原隆一郎、大澤真幸、斎藤環、大澤信亮
【日本文芸篇】清水良典、松浦寿輝、富岡幸一郎、佐々木敦、佐藤康智
【海外文芸篇】沼野恭子、野崎歓、小野正嗣、藤井光、辛島デイヴィッド
100年後も輝き続ける真の名著はこれだ!知の最前線で活躍する第一人者たちが選び出した、激動の21世紀を生き抜くための新しい道標!


主に座談会型式で「名著」を紹介しあったり、アンケート式に書名とコメントをつけたもの。文学作品中心に硬めの本が多い。登場人物は「玉石混淆」ではあるが(?)、まぁ、ともあれ、こういう本は、へぇ、そんな本があるのか、知らなかった、読んでみようかな…と思えるような本が一冊でもあればいいもの。名著の中にも「迷著」もありそうだが……。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 読書  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2827-966c48d7

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ