古本虫がさまよう 佐藤優氏のマネー論を読んで、40年前の大学入試時代を思い出した……
2017 05 / 04 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06 next month





佐藤優氏のマネー論を読んで、40年前の大学入試時代を思い出した……
(2017・2・14・火曜日)






佐藤優氏の『お金に強くなる生き方』 (青春出版社)を読んだ。日本の高給サラリーマンとて、社員だと年収は税込みで1500万ぐらいとのこと。それが上限。そこまでは無理としても、年収1000万は確保したい。だが、それも大変。700万ぐらいを目指す。そのためには超過勤務などもこなさなくては…と。ううむ。まぁ、ダブルインカムなら、いろいろと「余裕」も生まれるのか? 両親が教師(地方公務員)なら、バンザイ?
カードの使い方やらいろいろと金融情報もまじえての一冊。関連テーマのブックガイドも少しある。

青春出版社といえば、この新書サイズの本をよく刊行し、雑誌「BIG tomorrowビッグ トゥモロウ」も出していたかと。今も出ているようだ。新聞広告に活字ギッシリというか斜め文字だったか、独特な広告を出していたなぁと。あまり読んだことはなかったが……。森一郎さんの『試験に出る英単語』の版元でもあったかと。あの本、今も売れているのだろうか? 

ちょうど40年前の、ふと懐かしい受験時代を思い出した。この2月中旬は入試の真っ最中だったなと。
あの頃もいろいろと不安を抱えて生きていた。合格したあとも…。今も……。でも、あの頃、バレンタイン・ディーなんてあっただろうか? もちろん、小学校、中学校、高校、それ以降もチョコなんかもらった記憶は、二十歳すぎて、古女房からは別にして特にないが…。いい時代だった?

夜帰宅してテレビを点けたら、歌のゴールデンヒット オリコン1位の50年間~なる番組を某局がやっていた。40年前の1977・2・14はピンクレディのSOSだったそうな。ケイさんがスタジオにも出ていたが…。ううむ、太っていないのはいいが……。天地真理の映像なんかも出ていたようだ。この年齢詐称のスターリン豚子め?
南沙織さんはオリコンの一位になっていないので、出てこなかった(ようだが)。まぁ、懐かしき歌と歌手たち。
1970年~80年ぐらいが一番懐かしいが、恐ろしいことに、そこに出ている歌手たちはみんな今の自分よりはるかに若い年齢ではないか。子供の歳。45年前にテレビで初めて見た尾崎紀世彦なんか、モミアゲオッサンに見えたけど、当時まだ20代半ばすぎなんだから。いやはや…。マチャアキも出ていたけど、あの大ヒット名曲の「さらば恋人よ」も1位にはなれず二位だったとのこと。オリコン一位になるのと、一位未満二位以下とは雲泥の差があったそうな。クラリオンガール大会でも一位と二位とでは大差があったことだろう。

にもかかわらず、二位じゃだめですか、二位でいいじゃんといった馬鹿げた妄言をはいて「笑い物」になった「国籍不明の政治家」がいたっけ? 国籍不明の疑惑をただすための戸籍謄本公開もできないような秘密主義の政治家には何の期待も持てまい。高慢ちきな女ほど始末が悪いものはない。でも、あの人、まだスリムだからいいよね。太った高慢ちきな女が一番困る?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 人生  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2818-1e3fd2ca

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ