古本虫がさまよう 「ぐうたらミサイル上等」? 白泉忌より河合忌が大事? そして、 戦争が駆け来る気配金核さず 背に腹はかへられぬと飛び付くな 増えゆく中国の爆買いと美人局
2017 05 / 04 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06 next month









「ぐうたらミサイル上等」? 白泉忌より河合忌が大事? そして、 戦争が駆け来る気配金核さず 背に腹はかへられぬと飛び付くな 増えゆく中国の爆買いと美人局
(2017・2・13・月曜日)



昨日(日曜日)は珍しく一歩も外に出ず(あっ、図書館には寄ったが)。あとは終日、自宅にて仕事(書類読破)。

ともあれ、中野翠氏の『ぐうたら上等』 (毎日新聞出版)を読んだ。恒例の一冊。サンデー毎日連載のコラムを一年分まとめたもの。映画や落語に関するモノが多い。あとは千葉の「別荘」などの話。定番シリーズといえようか。夫婦別姓問題で、ガーガー騒ぐ女性への覚めた目線なんかいい。曽野綾子さんほど「クール」ではないが…。
そういえば、サンデー毎日に、井沢元彦氏や曽野綾子氏のエッセイが連載されていたことがあったかと。例外的な編集責任者が登場していた時だろうか? まぁ、人それぞれ。

それにつけても北朝鮮といい、中共といい、東京五輪の時に核実験やったり、日米首脳会談で蜜月ムードの時に、ミサイルをぶっ放したり。朝TBSの某番組を見ていたら、「飛翔体」の見出しで報じていた。「飛翔体」と聞くと、僕はバッタかコオロギを思い浮かべるが、辞書的には、そういう意味はなく、「高空を飛翔する人工物」のことであって、まぁ、間違った使い方ではなさそうだが…。ちょっと言語感覚がバカなテレビ会社というしかないね。そういえば、恒例の朝日新聞(2017・2・12付け)の俳壇で、

戦争が駆け来る気配白泉忌

なる句があった。白泉というのは、選者によると、渡辺白泉のこと。→ウイキペディアによると、わたなべ はくせん、1913年3月24日 – 1969年1月30日)は東京出身の俳人。昭和初期の新興俳句運動において無季派(超季派)の俳人として活躍。「戦争が廊下の奥に立つてゐた」など、戦争の本質を鋭く突いた「銃後俳句」と呼ばれる無季俳句が特に知られる。本名威徳(たけのり)。

そうか、北朝鮮が「かつての日本軍部」のような国際社会の世論を無視した蛮行をするのを見て、選者も句を作った人も、いたたまれなくなって、このまま日本が対策を怠ると、戦争が駆け来る気配が濃厚と感じて、そううたったのだろう。その気持ち、よく分かるなぁ。全く同感…

というわけではなさそうだが……。でも、いいタイミングで掲載されたものよ。北朝鮮がそんなことをやったというニュースを聞いてから、朝日を手にして、この句を目にしたら、そう思われても仕方あるまい。作者や選者は、そんなこと、何の危険とも思っていなくて、単に日本の防衛費が増えたり、軍学協力が進んでいる今程度の日本のことを、無理やり戦前と対比させて、民主主義、平和の危機迫る---と危惧しているだけなのかもしれないが(だとしたら、被害妄想と平和ボケの同時併発症状か?)。

いやはや、悪いことはできないね?
紙面のお近くには「背に腹はかへられぬと飛び付くな 増えゆく大学の軍事研究費」なんてのもあるが…。中共や北朝鮮みたいに「協力」するとかしないとかの以前に「合体」しているところもあるようだけど、そういうのも気にならない人もいるのだろう。

僕も朝日歌壇に投書してみようかな?

戦争が駆け来る気配飛翔体
戦争が駆け来る気配金暴発
戦争が駆け来る気配金玉禁
戦争が去りゆく気配金崩壊
戦争が駆け来る気配金核さず
載るかな?

そういえば、渡辺白泉のことはよく知らないが、ファシズムともコミュニズムとも闘った戦闘的自由主義者・河合 栄治郎(かわい えいじろう)さんの命日も近い。彼は1891年2月13日うまれ – 1944年2月15日逝去。

戦争が逃げ行く気配河合忌
背に腹はかへられぬと飛び付くな 増えゆく中国の爆買いと美人局

これなら載るかな?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 軍事  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2817-f1be8882

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ