古本虫がさまよう 高円寺古書会館では煩いラジオの騒音が流れて……何も買わず買えず!
2017 09 / 08 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10 next month






高円寺古書会館では煩いラジオの騒音が流れて……何も買わず買えず!
(2016・11・13・ 日曜日)





昨日(土曜日)は、週末はいつも「ギャンブル」の妻が珍しく在宅。これ幸いにとばかり、仕事(文字入力)をしてもらうことに。こちらも仕事がらみの雑用があり、朝から捩り鉢巻。この調子では土曜恒例の古本市通いも中止かと……思っていたが、やはり「古本虫」はじっとはしていられない。昨日の東京周辺は暖かな感じ。結局正午すぎに、フラフラとまずは高円寺へ。しかし、家を出る時に「稼ぎの減ったあんたは、千円以上買うな!」との厳命。ううむ。高円寺古書会館手前の街頭、電柱からいつも煩く流れている音楽がない。静か? 先週もそうだっけ? たまたま?
ところが、古書会館は煩かった。ラジオを点けているのだ。なんでこんな無粋なことをするのだろう。教養や知性を疑いたくもなる。

「お客」のことを考えれば、静かな環境で本を物色してもらうのがベストなはず。聞きたくもない音楽や、人間の意思の力で簡単に消せる音声は、本選びの邪魔にしかならないということが、人生を数十年やっている人、古本屋を運営している人に分からないのだろうか? せいぜいで流していいのは、歌詞のない、ビル・エヴァンスのジャズピアノか西村由紀江さんのピアノ曲ぐらいだろうが、それだって耳障りという人もいるはず。「無音」がベスト。

こんな煩い所では、買いたい本があっても買うのを止めようと心に誓いつつも、一応、館内を物色。しかし、買いたいものはたまたまなし?  あなうれしやということで古書会館を後にする。主催者によりけりだろうが、どうも土・日二日開催の普通の時ではなく、金曜や木曜からスタートする古本市の主催者・関係者に、こういう騒音に鈍感な人が多いようだ。歳が若いのかしら? 売り上げ落ちるよ?

高円寺周辺の古本屋を見る暇もなく移動。新橋駅前のSL広場前の古本市も昨日が最終日。寄ってもいいのだが、あそこも広告テレビからの音声が煩いし、青空喫煙所があちこちあって、タバコ臭いし、まぁ、行っても楽しくないなと思って行くのを断念。臭いタバコと煩いテレビ広告が無ければ立ち寄ったのに……。残念無念? 港区が悪い?

結局、高円寺駅からお茶の水駅へ。テクテクと古書会館へ。ここは会場内は静か。館内音楽ゼロ。こうでなくちゃ。
『別冊正論25』、竹村健一氏の『紳士の英語』 (六月社)を購入。200円&200円で400円。予算内?

ピンク英会話レッスン的な、竹村氏の『おとなの英語』 (カッパブックス)も200円であったが、これは持っているはず。六月社といえば、司馬遼太郎氏が本名(福田定一)で書いた『名言随筆 サラリーマン』 の出版社だったかと。
竹村氏の本は、のちに、文進堂からも復刊されているようだ。「日本の古本屋」では、六月社、文進堂の本がそれぞれ1000円~1940円で売られているようだ。200円なら安かった?

古書会館のあと、神保町古本屋街を歩く暇もなくUターン。
途中、某駅近くの「やよい軒」へ。定食では一番安いメニューの一つである、しょうが焼き定食(630円)を食べる。最近、新聞チラシにあった「唐揚げサービス券」を使用(それにしても、「やよい軒」の経営者も変わっている。サービス券は、大体月初めの1日から使えるのだが、最終日までではなく、11月だと11月1日~29日までとなっているのだ。なぜ、末日(11月30日)まで有効にしないのだろう。また、チラシも月初めに入ることなく、11月なんて12日の朝刊に入っているところもあったはず。何を考えているのやら?)。

いつものようにごはんも二杯お代わり(計三杯)。漬け物も一箱(の半分)食べる。
怖いことに、漬け物はタングを使っておとりください、自ら利用している割り箸で取らないでくださいという趣旨の注意書きが各テーブル脇にあった。ううむ……。後ろからは、聞き慣れない外国語を大声で喋っている二人連れがいる。これって、注意書き、日本語以外の言葉でも書いたほうがいいんじゃないのかしら? やよい軒って、とてもいい禁煙食堂だけど、何か抜けているね? あと何回もお代わりするのが面倒だから、注文とりにきた時、「ごはんは大盛り茶碗でお願いします」といえば、大きめのお茶碗によそってくれるようにしてくれたらありがたいけど。「選択の自由」にもっと理解を深めてほしい。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 古本屋  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2724-755aa5f9

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ