All archives    Admin

06月≪ 2018年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'11.02 (Wed)

『古書店のオヤジが教える絶対勃起するエロい世界の名著70冊』 (フランス書院文庫)という本はあるのか?






『古書店のオヤジが教える絶対勃起するエロい世界の名著70冊』 (フランス書院文庫)という本はあるのか?
(2016・11・2・水曜日)






日比野敦氏の『古書店のオヤジが教える絶対面白い世界の名著70冊』 (知的生き方文庫)を手にした。
著者は、西荻窪の「古書比良木屋」を経営とのこと。最近は、脚力が衰えてたきたので、西荻窪駅で下車しても盛林堂書房ぐらいしか行かずに、「古書比良木屋」まで足を伸ばすことがなかったが……。たしかに、この古本屋さんは硬派の本が多かった。中央大学文学部卒業で、木田元氏の薫陶を受けていたとのこと。だから、こういう本を書かれたのか?と思った次第。阿刀田高氏の監修とも銘打っている。
中身は、よくある名著紹介。著者ならではのうんちくも綴られている。まぁ、あまり手にしていないクラシックな作品が多くて、僕には「豚に真珠」だが…。

三笠書房は「ジキルとハイド」の出版社。三笠書房系のオモテの顔である「知的生き方文庫」の一冊として、こういう本を出す以上、別途強い使命感をもって、裏の顔(?)である「フランス書院」から、 『古書店のオヤジが教える絶対勃起するエロい世界の名著70冊』 (フランス書院文庫)も出してほしいものだ? 「兄嫁」編とか「未亡人」編とか、 「女教師」編とか「熟女」編とか、ジャンル別にしてくれると尚いいかも?

それはともかく、神田古本まつりはこの週末まで続いているようだが、昨日は午前中は雨。今日も結構肌寒いようだ。人出はどうか? 屋内施設をもう少し充実させれば、雨が降っても寒くても、そこそこの人出は確保できるだろうに? やはり天譴でしょうか?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
05:02  |  エロス  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

痴的行き方文庫?

元業界人なのでフランス書院は懐かしいですね。私は表題のように解釈してましたが~
メジャーになって、仏政府への配慮から社名変更を余儀無くされるとか→バルチック書院?
出版社には同じような例が結構あります。例えば角川書店と富士見書房のように~
学校の教科書を出版する版元には、虎の巻を出してる別会社が必ずありますよ。
アスペル山ちゃん | 2016年11月07日(月) 00:11 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2712-f04a2edb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |