古本虫がさまよう 秋の味覚サンマは目黒、やよい軒の生姜焼き定食は高田馬場、海外旅行はスペインに限る?
2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month






秋の味覚サンマは目黒、やよい軒の生姜焼き定食は高田馬場、海外旅行はスペインに限る?
(2016・10・16・日曜日)





昨日(土曜日)は東京周辺は秋の快晴。そんなには暑くもなく寒くもなく手頃な陽気。古本屋行脚には最適だが、高円寺古書会館の古本市はお休みのようだ。神田古書会館の古本市にまずは出かけたが、ここは今回は洋書市。古女房の「読みもしない古本を買うな」も、「読めもしない外書を買うな」となる。買った本を積ん読していても、いつかは読むと言い逃れることは可能だが、外書だと、そうも言えない。もうこの歳では、英語を読めるなんてことは金輪際ありえない。ネバーセイネバーにも例外はある(いや、定年退職後、海外留学する人も? TOEIC300から900になる人もいる? やはり、人生、生きているかぎり、ネバーセイネバー?)。

ということで、一応、洋書市、覗いたものの、やはり買いたい本はなし(好きな外国人作家のペーパーバックでもあればと思ったが。あとフランス書院の海外版のようなエロ本でもあればと思ったが)。
神保町古本屋街も軽く走破するが買いたい本はなし。

仕事場に寄ってから高田馬場に移動。ブックオフを覗くも買いたいものはなし。ローストビーフ店の長い行列を眺めつつ久しぶりに早稲田古本屋街を歩こうとしたら「やよい軒」を発見。こんなところにあったっけ? ふと見ると、特別キャンペーンでこの店だけのサービス価格として、630円する生姜焼き定食がなんと490円ではないか(ほかにも490円定食があったかと)。2割引? こりゃ、食べなくちゃということで入店。新聞チラシから大事に切り抜いていた唐揚げ無料券も使用。ご飯もお代わり。昼飯はあまり食べないようにしているのだが……。そういえば、金曜の夜は、ソフトバンクの何とかだと吉野家の牛丼が無料でもらえるから、あんたの晩飯は牛丼と言われていた。この前、食べたようなぁ…とまたか…思っていたら、行列になっていたので買わなかったとのことで、いつものチャーハンを食べさせられたが…。

食後、知人のいる古本屋に立ち寄りちょっと挨拶。そのあと、仕事の打ち合わせもかねた勉強会があるので早稲田大学に出かける。途中、「古書英二」など、何軒かの古本屋が土曜日だというのにシャッターを下ろしていた。臨時休業か? 早稲田の古本屋街はちょっと「量」的にさびれている感じ? 大学の入り口近く前にて、某憲法学教授とすれ違う。ううむ、こいつか、日本を悪くしている憲法学者は? とジロリと睨む? 意外と小柄でしたな。
ともあれ、早稲田大学では、いろいろと知的刺激を受けて帰宅したら、あな嬉しや、ホークスが日ハムに快勝していた。

さらに夜9時からスペイン料理特集番組(世界ふしぎ発見)を見る。バルセロナから始まる。サクラダファミリアも出てきたが、あぁ、この頂上にも登ったなと。まぁ、カトリックはまだガマンするけど…? いつも500円以下で購入するスペインワインも切らしていたので、バランタインを舐めながら、「ビールによく合うイカのアヒージョ ガーリックオイル煮込み」(缶詰・スペイン原産)があったので食べながら拝見。レポートしている若い女性タレントもペルーと日本のハーフなのかスペイン語もいけるようで感じがよかった。

車中、たまたま池田あきこ氏の『スペイン・ポルトガル ダヤンの絵描き旅』 (出版ワークス)を読んだ。

内容紹介→ダヤンの生みの親である著者が、スペインに「プチ留学」、ガウディ建築を満喫し、地元のお祭りを巡り、ポルトガルまで足をのばす。沼陽と情熱の国で、プチ留学スタート!スペイン語とスケッチで、ひろがる交流にドキドキ。ガウディ建築とフラメンコ、季節のお祭りにワクワク。旅が100倍楽しくなる、とっておきのヒントとすてきなスケッチがいっぱい!

本人自筆のカラーイラストも豊富。バルセロナから始まってスペイン各地、そしてポルトガルまで足を延ばしての滞在記だ。目でも楽しめる一冊。本書でも紹介されているが、暑い夏には、ガスパチョが食べたく(飲みたく)なる。この前、知人とスペインレストラン(メソンセルバンテス)で会食したが、そこで久しぶりにガスパチョを食べた)。

妻は還暦以降英国に短期留学したいとの思いもあるようだが、亭主の収入不足で夢はついえたと最近煩い? 悪かったね。僕もスペイン短期留学? なんてと思わないでもないが、そもそも英語もできない。NHKのスペイン語講座(ラジオ)を、数年前に、まるまる一年間聴いたことがあるが、覚えたのは、オラー、ポルケ、セルベッセ(セルベッサだったか?)、カーニャぐらいか。ロシアにも行ったことがあるが、覚えたのは、ダスビダーニャ、スパシーバ、ドーブロエウートラ、ニーチェーボーぐらいか。中共(大陸)には行ったことがないが、知っている中国語は、ニイハオ、シェシェ、シャービーぐらいか? これではねぇ……。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | グルメ  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2695-8c967ccf

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ