古本虫がさまよう タバコ臭い、BGMの煩い古本市、生ぬるい水しか出さない立ち食い蕎麦屋には閉口あるのみ! 某焼き肉チェーン店の「薄味酒」は怪しい? 「生ビール」は発泡酒? カクテル 「カルーアミルク」はコーヒー牛乳では?
2017 09 / 08 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10 next month






タバコ臭い、BGMの煩い古本市、生ぬるい水しか出さない立ち食い蕎麦屋には閉口あるのみ! 某焼き肉チェーン店の「薄味酒」は怪しい? 「生ビール」は発泡酒? カクテル 「カルーアミルク」はコーヒー牛乳では?(2016・9・25・日曜日)







昨日(土曜日)は五反田、高円寺、神田の古書会館の古本市へ。3Pなり?  新宿サブナードの古本市もやっていたが、あそこは館内音楽やら宣伝文句の垂れ流しが騒々しくてとても行く気になれない。知的レベルの低い、ビル経営者がやっているところは嫌だね(そのため最近足を運んでいないので、万が一改善されていたらゴメンあそばせ?)。

まずは五反田古書会館。一階の荷物預け場所に行くとなんとなくタバコ臭い。中で吸っているのかな? 僕の鼻孔センサーは的確だから、多分そうだと思うけど。外の道端で吸うよりはいいけど、それでも悪臭は漂ってくる。鼻迷惑、鼻障りには変わりはない。困ったこと?(とはいえ勘違いならすみません?)。
ということもあってか、時事新書だけ購入(持っているのもあるかもしれないが、みんな一冊 100円)。シドニー・クラインの『中ソ分裂の経済的背景』、ジョン・スコットの『中共の危機 上下』、クレメント・ザブロツキ編の『中ソ対立とアメリカ 上』、トム・マホニーの『生の商人』。

五反田から高円寺へ移動。
古書会館に近づくと、やれやれ、会館すぐ向かいの駐車場では、古本市関係者がタバコをプカプカ(駐車場経営者から見れば、営業妨害?)。そして、いまだに撤去しようとしない一階というか、広場の隅にある灰皿の前では、お客さんが2~3人でプカプカ。建屋のない壊れた原発みたいな様相。しばらく近づけず。
いつもなら、広場の古本棚をぐるぐると見てから中に入るのだが、諦めて、さっさと中に入り荷物を預ける。まずは中から拝見。しばらくすると室内にも悪臭が。最近は、室内では古本市関係者も吸わなくなっていたかと思ったが……。よく見ると、若いおにいさんがプカプカと。通用口のようなドアの外に体は出てはいるのだが、なんとドアを締めないで、室内の人と話しながら喫煙しているから、室内の古本市会場内にいる我々のところまで悪臭が漂ってきていたのだ。せめて、体を外に出しているのだからドアぐらい締めればいいのに…(室内は一応「禁煙」になったのかな? でも、「禁煙」の意味をきちんと理解できないような人が、体は外に出ているけどドアを開けたまま平然と吸っているということか)。マナーの悪い人はどうしようもないね。唖然呆然。

いつになったら、高円寺古書会館の入り口脇にある青空喫煙のためにしか役立たない灰皿も撤去され、「敷地内は禁煙です」という当たり前の文明社会的な標示がだされるのだろうか? 古本市関係者の良識がそのレベルに高まるまであと何十年待たなくてはいけないのだろう? 情けない。

臭いのでなにも買わずに帰ろうかと思ったが、バージニア・マッケンナの『わたしの友だちには尻尾があった』 (大和書房)を200円で購入。レジはさほど混んではなかったが、少し待つ感じ。さっきタバコを吸っていたおにいさんは目の前というか斜め前にいたが、レジ担当ではないのか、荷物担当のお嬢さんとおしゃべり中。気の利く荷物担当の人だと、さっとレジをやることもあるし、タバコのおにいさん自体がレジをやればいいのに…。しばし待っていたら、手のあいた人がやってくれた。
広場におりると、タバコ飲みはいなかったが、灰皿の上には真新しいタバコが何本もあった。汚らしい限り。

高円寺からお茶の水へ。駅から古書会館に向かう間に少し雨足が強くなってきたので折り畳み傘を出す。荷物を預けて会場内に入ると、すぐ左下になんとラジカセ(正確にはCDラジカセカ)が置いてある。そして、歌詞のある曲が流れている……。やれやれ、煩いというほどの音量ではないが、こちらは静かな環境でゆっくりと本を物色しにやってきているのに、趣味に合わない聴きたくもない音楽をなぜ「強制連行」ならぬ「強制拝聴」させられるのだろうか?

神田古書会館の古本市、最近、主催者によってだろうが、ラジカセを置いて煩い音楽を垂れ流している場面に遭遇する。まれに、館内スピーカーから、歌詞のないメロディを流していることもある。まだ、そちらのほうがマシ? 何も流さない、「静寂」がベストなのに……。古本屋古本市関係者のこういう「騒音感覚」には毎度のことながら呆れる。自分の趣味でもないジャンルの音楽を一方的に聞かせられることぐらい嫌なことはあるまいに。本当に情けない限り。

藤本泉氏の『地図にない谷』 (産報)、久慈直太郎氏の『産科婦人科四十年』 (診断と治療社)を300円と500円で購入。これまでの各古書会館の価格はいずれも良心的(?)税込価格。

古書会館を出たら、かなり雨足が強くなっていた。すると、どっか(高円寺古書会館?)で見かけたかのようなお兄さんがびしょ濡れになって古書会館に入ってきた(人違いかもしれないが?)。くわえたばこはしていなかったが? 天譴かな? いつも持ち歩いている小型折り畳み傘をさして、僕はお茶の水駅へ戻った。

ふと、我孫子の弥生軒の唐揚げそば(一個入り・400円)が食べたくなってお茶の水駅から電車に乗った。以前、大崎駅でもらった「時刻表2016年3月26日~」「上野東京ライン」「湘南新宿ライン」を手にして、東京駅から我孫子に向かう常磐線の上野東京ラインがあると便利だなと思って開いたが……。どこにも常磐線の「上野東京ライン」の時刻表が出てないのだ。なんなの? 表紙には、「上野東京ライン」の文字があり、上野から左へ(大宮方面)や、右(土浦方面)へと向かうイラストもあるから、当然常磐線の上野・東京ラインも時刻表が出ていると思う。だが、標示されている「上野東京ライン」は「大宮-上野-東京-横浜-熱海-伊東」のみ。羊頭狗肉も極まれりではないか。役立たない時刻表。

ちょうど、この日、JR東日本の電車に乗っていたら「お客様に駅内キャンペーンのお知らせです(「駅内」は聞き間違えかも?)」ということで、マナーの向上などを呼びかけていた。交通ルールを守りましょうとか、踏み切り事故をなくしましょうとか。

でも、こちらから「お客様からJR東日本にお願いです」といいたくもなる。

「時刻表は『上野東京ライン』と明示したならば、ちゃんと全路線載せましょう。東京駅や品川駅を通過する山手線や京浜東北線や中央線車内では、「上野東京ライン」や「湘南新宿ライン」の乗り換え電車の案内をして下さい、電車を運転する前にはちゃんとおトイレに行きましょう、運転席からの立ち小便はやめましょう。水虫がかゆくても、足を運転台に乗せて運転するのはやめましょう。3・11のような時は、勝手にシャッター締めてストライキ、サボタージュするのは止めましょう」とアナウンスしたくなるよ(先の皮肉の対象は東日本のみならず、東海関係者に対していうべきものもあるかも?)。

ともあれ、東京駅で下車したら、東京駅を通る常磐線はなんと30分も待ち時間があるので、上野まで出て、上野始発の電車に乗って我孫子へ(だったら最初からお茶の水から総武線で秋葉原に出て、上野経由で行くべきだった)。弥生軒もちょうど空いていてすぐに食べられたが、相変わらず「給水器」の「水」がイマイチ冷たくなくて生ぬるい。昨日は暑さも一服しているとはいえ、アツアツのソバ(うどん)を食べるのだから、「冷水」が一番なのに……。桜木町駅直近の老舗の蕎麦屋も生ぬるい水しか供与しないので、もう行かないことにしたが……。高円寺のよく行く蕎麦屋はまずまず冷えている。

古本屋にしても、蕎麦屋にしても、客に対して、快適な空間やサービスを提供するという商売人として最低限度の「モラル」を維持してほしいものだ。静かな環境、臭くない環境、冷たい水……。性能のいい冷水機には多少のお金もかかるだろうが、「静かな環境」「臭くない環境」なんて簡単にほぼゼロ円で達成できるだろうに(ラジカセを置かない、灰皿を撤去し、敷地内禁煙と紙に書いて張り出すだけ)。なんでそんな簡単なことも実行できないのだろう。政治家を笑えないね?

あと蛇足だが、消費税二重取り疑惑の某古本市も気になるところだが、某焼き肉チェーン店「牛×」の「薄味酒」も気になる。

先日、家族3人で、某「牛×」に出かけた。禁煙店ではないが、開店と同時に隅っこ座席に入る。本来は二人席だが、スリムな(?)古女房なら、3人でも大丈夫? ここならタバコのみがきても、あまり漂ってこない? それに焼き肉店って、肉が出てくるまでとか、食べ終えてから、一服するというパターンが多い。右手にハシ、左手にタバコをもって焼き肉を食べながらタバコを吸う人って少ない(居酒屋だとこうはいかない)。それに煙の排煙装置があるとはいえ、多少は焼き肉の「煙」が発生し、タバコの「煙」を消し去る効果もある。なんとかフクシマ原発周辺よりはマシな環境下?

ともあれ、ここで出される「生ビール」だが、いつ飲んでも、「発泡酒」臭いのだ。今回、4日ほど「禁酒」していたのでそのあたりの微妙な味の差を認識することができた?
一杯口にしたとたん、「生ビール」の味がしなかった。メニューを詳しく見なかったが、さて、アサヒだったか?
家人も「カルーアミルク」というのを注文。これはコーヒーにアルコールが入ったもの? なんか酒の味がしないなという。我が古女房はアルコールはまったくダメで梅酒を口にしただけでも顔が真っ赤になる。そこで、それを一口飲んでみたが、なんと、顔が赤くならない。アルコールが入ると心臓がドキドキするはずだが、その様相もない。ううむ、やはり怪しい。バイト君が作る時、たまたま入れ忘れた?
「牛×」さん、いつかバレるよ? 一部店舗だけの反則行為?  今度、お宅の「生ビール」、本当は発泡酒だろう、ばらされたくなかったら、全面禁煙にしろと要求してみようかな?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 古本屋  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2673-28acf1e8

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ