古本虫がさまよう 性欲・読書欲・蔵書欲(本欲・積んどく欲)はどうにも止まらない?
2017 06 / 05 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07 next month







性欲・読書欲・蔵書欲(本欲・積んどく欲)はどうにも止まらない?
(2016・8・26・金曜日)





中村淳彦氏の『熟年売春 アラフォー女子の貧困の現実』 (ミリオン出版)を読んだ。

内容紹介→全国に35万〜40万人が存在すると言われる風俗嬢の過半数以上は、30歳を超える熟年女性だ。ほとんどの女性は数万円の生活費に困って自分の最後の手段であるカラダを売っている。「もう本当にお金がないから、お金稼がなきゃならないでしょ、焦っているの。昨日、伝言ダイヤルにメッセージ入れたのよ。でも、全然、誰からも連絡ないんだけど」(無職独身・53歳) 日本の熟女たちが直面する、「売春格差」の過酷な実態とは――。

第一章:カラダを売れなくなった熟女たち
・53歳元風俗嬢の部屋・最低でも13万円は欲しい ・簡単に稼げた時期に、家でゴロゴロしていた ・女版・中年童貞・生活保護者専門の奇妙な木造アパート ・AV女優は最後の手段だった ・人生で今が一番幸せ ・友達はみんな自殺した
第二章:熟女AV女優の華麗な履歴書
・社会のレールに乗り続けた箱入り娘・自分の価値観がどんどん変わっていく ・低年齢化する人妻AV・熟女たちのハダカの偏差値・AV女優になった有名宝飾ブランドのオーナー ・1億3千円の借金を返済中・最高齢「超熟」AV女優・元気の素はセックス
第三章:なぜ熟女は風俗で働くのか
・ベンツに乗ってやってきた金持ちミセス ・風俗嬢になった理由はセックスレス
・男性経験人数は8千人・風俗嬢は天職だと思った ・ヒステリーを起こして家を飛び出した ・娘が成人したから好きなことをする ・お母さん頑張るから
第四章:売春格差の厳しい現実
・46歳バツナシ未婚の美人売春婦・39歳で上京、交際クラブ嬢に ・タワーマンション最上階で愛人生活・熟女売春のメッカ・鶯谷・住宅ローン返済のために売春・格安デリヘルの、普通のおばさん
第五章:異常性欲と貧困の果てに
・異常性欲者が集う部屋・彼氏の親の介護をしたかった ・嫌な相手でなければ誰とでもセックス ・壊れたシングルマザー ・女が奇声をあげて全裸になる ・旦那に裏切られて頭がおかしくなった ・蛇みたいな顔をした女が睨んでいる


そういった内容だが、「貧困」ばかりではなく、わりと優雅なアラフォー女性も出てくる(第三章)。セックスが好きで、セックスレスになった夫に物足りなくてアダルトビデオに出たり…といったエロス小説そのものの女性も。そういう女性にとっては、売春も楽しいものということになるようだ。人生イロイロ? 

もちろん、50歳過ぎての売春婦で、最低辺の生活を余儀なくされている事例も出てくる(第一章)。まぁ、若い時、まだ高く売れていた時に、少し貯金でもしていればよかったのに…と一読者としては思わないでもない。自己責任もあるだろうよと? アリとキリギリスそのもの?

40歳を過ぎた還暦前後までの「熟女」アダルトビデオなるものも多々あるそうな(パッケージ見るだけで「ゲー!」といいそうだが?)。そういうゲテモノに対しても、価値相対主義の現代だと、需要があるので、年齢だけで線引きされることなくアダルト女優になることも可能だそうで、応募もそこそこあるそうな。かといって「美魔女」ならともかく……。一作出ても数万円のギャラ…。昼間はスーパーのレジで時給数百円のパートをして、夜、バイトで風俗をする。しかし、最近スーパーに行くと、自分でレジをするセルフレジコーナーが拡大しつつあるようだ。まだやったことはない。しかし、JR東日本で新幹線の切符や青春18切符や都内フリー乗車券(一日)も、自動販売機を使って、かつカードで購入できるようになって久しい。有人の窓口で行列をしている人を見るたびに、機械のほうで購入すればいいのにと思う。

「天敵」東日本に対して、750円の都内フリー切符をカードで買う時は、とてもいいことをしたような気分にもなれる。さすがに窓口で、750円の切符をカードで買うのには良心が少し痛むけど(でも、この親方日の丸の方々は、3・11の時、シャッター閉めて客を外に追い出した際には、なんの良心も痛まなかったことと思う。こういう面々にはやはり不必要なお金は落とさないようにしなくては? カード購入で、若干といえども手数料をカード会社に行くようにして東日本の儲けを減らすことは「知性主義」の最たるもの?)。
ともあれ、スーパーのレジも機械化されて、人手を減らすようになってきているのでは? この前は普通の有人レジなのだが、お金のやりとりだけは、機械化されていて、切符の自動販売機みたいに「1900円です」となると、その機械にお金を入れると、おつりもレシートも出てくるようになっていた。ふうむ…。いつまでもあると思うな、親とレジ打ち仕事か?

それはさておき、「美魔女」ならぬ還暦前(?)の「不魔女(ぶまじょ・ブスまじょ)」を、売るほうも売るほうだが、買うほうも買うほう? まぁ、読書欲・蔵書欲・積んどく欲も、一日一冊本を読み、一日二冊本を買わないではいられない人もいれば、生涯本を読まなくても平気な人もいる。男女の性欲も同様で、人によりけりなのだろう。
性欲過剰だと、それを処理するのに、オトコもオンナも厄介だが、読書欲も過剰すぎると……。家が本だらけになる? いやいや、昨今はネット検索も充実。電子本も増えた。図書館も充実。蔵書はスペース縮小化が可能になるのではないか?

しかし、読書欲も性欲も若い時はともかく、歳と共に、視力もアソコも弱体化してきて減退していくものだろうが、一部週刊誌報道によると、性欲は無限で、還暦すぎてもますます男女とも盛んになるとか? ううむ……。世の中、ネバーセイネバーだから……。

ともあれ、「売春格差」などいろいろとあるようだが……。もうどうしようもない。ブスに生まれても金持ちなら整形手術で修正可能? いやいや、所詮は限度が。生まれつきが一番? 仕種可憐さ……。育ちも? 自己努力?アダルト女優も見てくれや胸の大きさや喘ぎ声の声質やらいろいろと「格差」はあるもの。
まぁ、この季節、いくら暑いといっても、江ノ島のようなリゾート地周辺ならまだしも、都会の真ん中でヘソだしルックで歩くバカ女も見かけるが、そういう手合いに、教養を感じる向きもさほどはあるまい。所詮は、こういうのは、売女の類だなと偏見をもって見てもバチは当たるまい。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!

スポンサーサイト
 | エロス  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2639-6ed92401

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ