古本虫がさまよう 「アホ馬鹿間抜け」の気象庁予報課!
2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month





「アホ馬鹿間抜け」の気象庁予報課!
(2106・8・1・月曜日)



2016・8・1朝刊(産経)の天気予想によれば、この日は、東京は終日「雨」とのこと。最高気温は30度。ところが……。実際は? 今日は終日千代田区周辺にいたが、ランチタイムにたまたま某店に入って小一時間過ごした。某店に入る時は晴天。でも食事を終えて外に出ると、道端は雨に濡れていたが、傘をささずにいられる程度。小一時間程度雨は降ったようだが、そのあとは「晴天」。折り畳み傘を使うこともなかった。

ということは、気象庁の天気予想は、日曜日に続いて月曜日も惨めに外れたといえそうだ。いい加減にしろと言いたくもなる? 最高気温もネットで今みると、30度ではなく32度だったようだ。これも大きくはずれといっていいのでは?

挙げ句の果てには、帰宅して知ったのだが、こんなオオカミ地震予報(虚報)も出していたという。


首都圏に震度7」緊急地震速報を誤報 落雷が原因?
朝日新聞デジタル 8月1日(月)20時32分配信

 気象庁は1日午後5時9分ごろ、東京湾を震源とするマグニチュード9以上の地震が発生したとする誤った緊急地震速報を発表した。東京23区や神奈川、千葉、埼玉の各県で震度7以上、茨城、群馬の両県で震度6強以上の揺れを予測したが揺れは観測されず、取り消した。
 気象庁によると、千葉県富津市の地震計で「ノイズ」を揺れととらえたという。落雷による電気信号を大きなノイズと記録した可能性があるという。
 今回の緊急地震速報は、強制的に配信される警報とは異なり、民間事業者を介して鉄道会社や自ら設定した一般利用者にアプリケーションなどを通じて配信されている。小田急電鉄は速報を受け、走行中の全列車がただちに停車。誤報と確認して4分後に運転を再開。都営地下鉄も直後に停車し、数分後に再開した。朝日新聞社



熊本地震で、余震予想のおおはずれをしていた人がまたテレビ画面に出ていたが、この人は減給なり、出社停止の処分を受けていなかったのか? 今回のことで、さすがに処分を受けるのだろうか。親方日の丸お役所、杜撰仕事にもホドがあるのではないか。一罰百戒せよと言いたい。頭は大丈夫か? 僕が担当者なら、すくなとも丸坊主になり、お詫びの態度を示すだろう。それぐらいの気概もないのか。情けないにもホドがある!

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 地震  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2608-41b225e5

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ