古本虫がさまよう 「東大など出ていなくても、やはり人生、 古本屋めぐりをして長生きしたほうが勝ち」なのか? 「ポケモンGO」より「古本市GO」が楽しい?
2017 07 / 06 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08 next month








「東大など出ていなくても、やはり人生、 古本屋めぐりをして長生きしたほうが勝ち」なのか? 「ポケモンGO」より「古本市GO」が楽しい?
(2016・7・23・土曜日)




今日(土曜日)は、東京周辺はそんなに暑くはなく、くもり時々晴れ。

まずは神田古書会館へ。少し「古書」が多めの古本市。買いたい本はないかなと思ったところ、春日井邦夫氏の『基地闘争 軍事基地反対運動の実態と分析』 (国際政経調査会・昭和38年・1963年発行)を見つける。元々の定価は400円だが、古本価格は1000円(税込)。

奥付には1925年(大正十四年)生まれ、1946年、歴史・思想・社会問題の研究に入り以来、現在まで、主として社会心理・革命史の調査研究に従事----とある。 そのあと、内調に行かれたのか?
たしか、1965年から22年間内閣調査室で働いた情報の専門家である。

彼の最近刊行された分厚い著作『情報と謀略 上下』 (国書刊行会)は積んどくしたままだが? 『基地闘争』は、左翼的な基地反対運動の胡散臭い実態を垣間見た本のようだ。この本の最後の頁に「倉川」という三文判が押されている。中に名刺が入っている。「東京大学法学部 倉川茂行」とあり、住所は八王子市…(略)。鉛筆で、35才 没 大蔵省入省 –と書いてあるが。学生時代に作っていた名刺だろうか?

ネットを見ると、こんな情報があった。

267:エリート街道さん:
02/07/26
22:58
今から30余年も昔の話だ。 都立立川高校に倉川茂行という優秀な奴がいた。
彼は一年浪人して東大文Ⅰに入学し、在学中に司法試験に 合格し大蔵省に入省したが、急性心不全で35歳の若さであの世に旅立ってしまった。

あれから15年近く経過するが、彼の東大教養学部時代の友人で筑駒から東大文Ⅰに進学した中川徹也という奴は、 やはり努力の末、司法試験に合格し、その後東京第一弁護士会に所属し、司法試験審査委員で現在活躍している。 たしかに東大法学部は凄い。
彼が生きていれば、今年度51歳になる。 倉川の死がまことに悔やまれる。でも最近考えが変化してきた。 東大など出ていなくても、やはり人生、 長生きしたほうが勝ちじゃないかと。と最近つくづくそう思う。


春日井氏とは会合で何度かお会いした記憶があるが……。こういう古本に出会えるのも、古本市に行ったからこそ。一期一会。

あともう一冊、櫛田克巳氏の『マルクスとドイツ民主共和国』 (日本DDR友好協会連絡会議)を200円で購入(元の値段は350円。1983年刊行)。向坂逸郎の推薦文があるから、どの程度のレベルの本かは自明? 櫛田民蔵の長男で、元朝日記者。大佛次郎の『天皇の世紀』の担当(運営?)をしたそうな? ちょっとした自叙伝『人・心・旅』 (法政大学出版曲)もあるようだから、読んでみたくはなる。
この『マルクスとドイツ民主共和国』は、巻頭に「謹呈 八木福次郎様」「一九八四年六月八日 櫛田克巳」と署名がされている。その本が僕の手元に届いたのも何か因縁?
「ミスター神保町」こと日本古書通信社の社長だった八木福次郎さんは、ついこの前まで生存していて、96歳で亡くなった(1915-2012)。先の倉川さんの3倍弱長生きしたといえる。

「東大など出ていなくても、やはり人生、 長生きしたほうが勝ちじゃないかと」の言葉が先にあったが……。倉川さんに比べると、1915年生まれで2012年に亡くなった八木さんにしても、1925年生まれで存命中の春日井邦夫さんにしても…。お二人は東大出ではないようだが……。長生きしたほうが勝ちか…。でも、東大出で、なおかつ長生きしたら、そっちの勝ちになるだろうか? まぁ、還暦すぎて「古希」ぐらいまでは生きたいものなり?

古書会館を出て、神保町の古本屋街を回るが買いたい本はなし。

そのあと高円寺古書会館へ。塚本清氏の『あゝ皇軍最後の日 陸軍大將田中靜壹傳』 (日本出版協同株式会社)を200円で購入。「日本の古本屋」では、この本、2000円~5000円弱で出ているではないか。ふふふと思ったら、検索したら、すでに購入ずみの本であった。
またやってしまった……。持っている本をまた買ってしまった……。ううむ。

あと、古書会館会場、相変わらずタバコ臭い。室内や敷地内で吸っているわけではなく、道へだてた駐車場で吸っている手合いが何人か。立ちどまって吸えばいい、少し離れればいいと思っているのかもしれないが、所詮は公道。風もあって、古本市会場というか、入口前広場で本を物色していると悪臭が漂ってきて閉口。半径100メートルに人がいるところでは吸わないという、文明社会に於ける文明人としての最低限度の常識がいつになったら万民に定着するのか。建屋のない原発のような輩は本当に迷惑。宇宙飛行士が月面歩く時に装着する「ヘルメット」みたいなのをかぶって、外に漏らさないようにして吸うならまだしもだが。 「ポケモンGO」を「スマ歩」(歩きスマホ)するのと同様のマナー違反というしかない。家人もそういえば、朝から「ポケモンGO」をやっていて、家の中にいる…なんてやっていたが、そんなのより、「古本市(古本屋)GO」のほうが楽しいのに?

高円寺の「やよい軒」で、久々に遅めのランチ(早めの夕食?)。いつものしょうが焼き定食(630円)。新聞チラシにあった無料クーポン(ミニ唐揚げ)も添えて。ここは禁煙だからいいね。音楽もジャズ程度で静か。
この前、高田屋で禁煙タイム中にせいろを食べたけど、まぁ,店内音楽の煩いこと。サイテー! 二日酔いだったので、どうしても、ざるそばを食べて蕎麦湯を飲みたかったから、仕方なく入ったけど、やはり、なるべく付き合いたくないお店だ(午後3時過ぎるとタバコ吸わせ放題になるし。また、何の断りもなく、レシートを寄越さなかった。怪しいお店だ? そういえば、この日、神田古書会館では、「レシート要りますか?」ときかれたので、「要りません」というと、お釣りの小銭だけ寄越した。でも、これって、やはりレシートを発券するのが筋では? 売り上げを誤魔化しているのではないかと邪推されてしまうよ?)。

高円寺のあと、まだ、つちうら古書倶楽部で古本市をやっているみたいだけど、消費税二重取り疑惑のある古本市だからということで行かず(というより、少し疲れ気味だし、遠いし)。本当は夕方、早稲田で某勉強会があり、早稲田の古本屋街を回りつつ出掛ける予定だったのだが、疲れ気味で行かず、まっすぐ帰宅し、一休み。16000歩。歳を感じるこのごろ? サッポロラガービールを飲み夕焼け眺めて一息。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 古本屋  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2596-79c4a675

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ