古本虫がさまよう バイアグラ、いや、アレを飲まずに出掛けたから古本市であそこが濡れ濡れに‥‥?
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month






バイアグラ、いや、アレを飲まずに出掛けたから古本市であそこが濡れ濡れに‥‥?
(2016・2・29・月曜日)




昨日(2・28・日曜日)も東京周辺は、日中は好天。神田の古書会館で、古本市(新宿展)が、日・月とあるので午後出掛けることに‥‥。しかし、外に出てしばらくして、くしゃみ、鼻水が止まらないようになってしまう。うう、ついに花粉大量飛沫‥。バイアグラ、いやアレグラを飲まずに出掛けてしまった‥ために大変。持っていた二つのハンカチはぐしょぐしょ濡れ濡れ。マ、いや、「鼻汁」で鼻孔はどうしようない状況に。ガマンするかしかない。

古書会館では、吉川道夫氏の『我楽苦多雑文集』 (非売品)、平井昌夫氏の『風流国語教室』 (角川書店)、美ノ谷和成氏の『新聞を読む 一九九二年から二〇〇一年まで』 (隆文館)、 『「じゃ また」回想の中の西田秀夫』 (非売品)、外務省編(解説・曽野明)の『ゾルゲの獄中手記』 (山手書房新社)を購入。持っていた本もあるような‥‥。

会場内でも、くしゃみをする人多し。

古書会館を出たものの、神保町界隈は土曜日も歩いたしということでそちらには廻らず。所要があって、新宿御苑へ。 「いなば」には寄らずに、近くの「やよい軒」で、2・28迄有効の唐揚げクーポンを使って食事(しょうが焼き定食・630円)。全席禁煙店は本当に気持ちよく食事ができる。もっとも、マドの外には歩行喫煙するバカがウヨウヨといるが‥‥。また、ご飯を食べていると、鼻水が茶碗に落ちていく‥‥。ううむ。あわてて鼻を拭くのだが‥‥。

そのあと、早めの帰宅。帰宅してすぐにアレグラを飲んで一休み。今年も、これが効けばいいのだが‥‥。

車中、平野太呂氏の『ボクと先輩』 (晶文社)を読んだ。著名な平野甲賀氏の息子による「先輩」の写真とエッセイを収録したもの。父親も出てくる。基本的にリベラル(?)な人脈? いろんな文化人がいるものだと一読した次第。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 健康  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2425-90e93568

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ