古本虫がさまよう お天気占いといえば、南沙織か、渡辺蘭か、坂井由美香か
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month







お天気占いといえば、南沙織か、渡辺蘭か、坂井由美香か
(2016・2・23・火曜日)





一昨日に引き続き、南沙織の「♪天気予報はまたはずれ、いまにも降り出しそうな(「泣きだしそうな」だったかも?)空模様‥」という歌を昨晩も口ずさんでしまった‥‥。

というのも――――昨日(2016・2・22・月曜日)の朝、民放のテレビニュースで天気予想を見た時、たしか、東京の洗濯日和は「〇」と出ていた(と記憶している)。産経朝刊の天気欄も、東京(横浜・埼玉・千葉)は「晴れ後曇り」となっていた。「22日は高気圧が日本付近をゆっくり東へ移動し、西から気圧の谷が近づく。九州や中国、四国は雲が多く、夜は雨や雪。近畿や東海、関東も午後は雲が広がってくる」となっていた。四国などでは夜は雨が降るけど、関東は降らないと書いていたわけだ。ところが、昨日は夕暮れ時あたりから東京界隈も小雨がパラパラと。

そのせいか、昨夜、午後7時前後、東京都内は傘が必要なぐらいの小雨が降っているのに、傘も持たずに濡れて歩く人が結構いた。これ、すべて気象庁の「誤報」のせい?

僕は気象庁のいうことを「人為的理由による地球温暖化絶対的危険論」を含めて、あまり信じていない。常に折り畳みの小型傘をカバンにいれているので、昨日のような時も、予想外の雨に遭遇してもまったく大丈夫?

それにしても、日曜日は暖かい、晴天といっておきながら、そこそこ寒く小雨もぱらつき、月曜日も洗濯日和だとして〇印を出しておきながら、これでは、夜、帰宅したら、洗濯物がかなり濡れていた家も少なくなかったのでは? 乾燥機を使って、余計なエネルギーを消費し光熱費が増加し、二酸化炭素を排出したかもしれない。すべて気象庁のせい?

天気予想は当りますと豪語したいのなら、少なくとも月曜日朝の天気予想で、「東京周辺、本日は日中はまずまず晴れますが、夕暮れごろから都内では小雨がぱらつくので、洗濯を干す時は注意しましょう。折り畳みの傘も忘れずに持って出掛けましょう」と言っておく必要があると思うが、さてはてどうだったのか? 朝起きて見る気象ニュースで、12時間後の天気予想も当らないようでは、もう処置なしというしかない? 予報課長に髪の毛があるかどうか知らないが、坊主頭になってしかるべき?
ということで、昨日、車中で読了したのが、草凪優氏の『なみだ前線ラヴ警報』 (双葉文庫)だ。これは、2007年に同じ双葉文庫から刊行された『晴れときどきエッチ』の改題復刻版だそうな。書名から想像もつくように、お天気姉さんが主人公のエロス小説だ。

中堅文具メーカーの営業部にいる矢崎昌彦が先月から早起きをするようになったのは、低視聴率にあえぐ早朝の情報番組でお天気キャスターになった、幼なじみの坂井由美香を観るためだ。ドジばかりしている由美香を妹のように思っていた昌彦だが、上司に手酷く叱責された夜、訪ねてきた由美香と関係を結んでしまう。やがて、思わぬアクシデントがふたりを翻弄するのだった。紳士淑女が楽しむ、大人のための性愛小説復刻版。



お天気お姉さんが、よくひっくり返って「ノーパン」「パンチラ」」(?)をさらけ出し、急に人気上昇。幼なじみのイマイチ社員に処女をすでに捧げる純情なところがある彼女だったが‥‥。イマイチ青年も「アゲチン」と思われ、美人キャスターから誘惑? お天気姉さんも、時に予想が外れても悪いのは気象庁と開き直りもする‥‥。

僕は、お天気姉さんといえば、NHK朝の渡辺蘭さんをよく見ているが、最近太りぎみ? 知人は妊娠しているのではともいうのだが? さてはて? そもそも独身なのか、ミセスなのかも知らないし? いまはまだ冬で「着膨れ」で誤魔化せられるが‥‥。

あと、昨日2・22はネコの日? 2月22日が選ばれた理由は、猫の鳴き声の「にゃん」「にゃん」「にゃん」と日本語の「2」「2」「2」の語呂合わせにちなんだもので、全国の愛猫家からの公募によって決定したとのこと? だからか、昨日は朝からネコの映像が流れていたのか。NHKなんか全国ニュースの中で、下らないネコの画像を出して、やれ、経済効果がどうのこうのと長々とやっていた。ネコが小鳥を襲う映像も流してほしいね。こんな凶悪な、人の家の中や庭に不法侵入し、鳥を襲ったり、芝生に糞をしたりするような害獣は許せない。ネコをあまりにもてはやしたりチヤホヤするのは考えもの。
もちろん、犬とて同様。「糞」だけでなく「尿」だって、電柱にひっかけて平然としているのは飼い主の怠慢だろう。もちろん、夜泣き(?)なんて許せない。

その点、インコは鳴き声が外に漏れることはない。ただ、我が家のインコ、ダミーのインコの上にいつも乗って、バッコンバッコンやっている。あげくの果てには、エサをグダグタにして与えようとするから、倍食べた勘定になる。人の指を見ると、かみつこうとするし‥‥。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 環境  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2419-f503ab7b

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ