古本虫がさまよう 明日から開催の西武池袋の「古本まつり」は朝何時から夜何時までやっているのか? 目録は出しているのか出していないのか、税込価格表示なのか税抜き価格表示なのか? 「日本の古本屋」のサイトを見ても不明なのはなぜなのか?
2017 09 / 08 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10 next month









明日から開催の西武池袋の「古本まつり」は朝何時から夜何時までやっているのか? 目録は出しているのか出していないのか、税込価格表示なのか税抜き価格表示なのか? 「日本の古本屋」のサイトを見ても不明なのはなぜなのか?
(2016・2・8・月曜日)





「日本の古本屋」の「古本まつりに行こう」は時々チェックしている。昔は、「古書通信」の古本市欄を点検したり、神田古書会館に出かけた時の掲示板のポスターを注意して見ていたものだった。しかし、なぜか、そこそこの古本市であっても、この欄(「古本まつりに行こう」)にて紹介されないこともある(雑司ヶ谷なんかの古本市はそうではなかったかしら?)。縄張りでもあるのかしら?

ともあれ、数少なくなった首都圏デパートの古本市だが、明日(2016・2・9)から、「三省堂書店池袋本店 第一回古本まつり」なるものが西武池袋別館二階であるようだ(2月15日まで)。いつも、この季節(冬と夏)西武池袋本店では、別館二階で古本市をやっていた。西武池袋にあった新刊書店の某店が撤退したようだったが、そこに、三省堂でも入ったのだろうか? その三省堂が古本市を主催するのだろうか? 主催者がどこであれ、デパートの一角で古本市をやってくれるのはありがたいこと。

そこで、「日本の古本屋」の「古本まつりに行こう」を見てみたら、なんと2・8夜8時過ぎの段階で、「西武池袋本店別館2階・西武ギャラリー 東京都豊島区南池袋1-28-1」とあるだけ。

「内容 他」 「※詳細がわかり次第更新していきます。」「即売展目録 なし」「ホームページなし」
とそっけなくあるだけ。何時からやって、何時に終わるかすらも明記されていないのだ? こんなのってあり? それに「目録」は、発行していたと思うけど(だって、僕、もらったのがあるもの? 「定価300円」となっている。税込かどうか不明。カバー裏にはなんと原節子さんの映画「晩春」のポスターが掲載されていて、お値段は95万400円ときた! 他にも「東京物語」のポスターが502200円)。にもかかわらず、「日本の古本屋」のサイトでは、「即売展目録 なし」とは? 嘘まで書いていることになるのでは? アネット・ヘブンの映画ポスターなら、10800円ぐらいなら買ってもいいけど?

デパートでやる古本市だから、普通は午前10時からやって、午後7時~8時ごろまでやっていて、最終日は午後三時とか五時で終了とか出ているものだろうに……。やるきなし?

もっとも、ネットを見ると、

■会期:2016年2月9日(火)〜15日(月)
■会場:別館2階=西武ギャラリー
■開場時間:午前10時〜午後9時
※2月11日(木・祝)・14日(日)は午後8時まで、最終日2月15日(月)は当会場のみ午後6時にて閉場いたします。

三省堂書店 池袋本店の古本まつり。古書店、22店舗が一堂に集まり、様々なジャンルの古本をバリエーション豊富に取りそろえました。

★[特集]大紙もの市
江戸時代から現代まで時代を彩ってきた紙ものが集合。浮世絵版画、古地図、チラシ、マッチラベル、ポスター、蔵書票、すごろく、絵葉書、引札、切符、写真、パンフレットなどを集めました。<参加古書店> 石田書房 大村書店 岡島書店 金木書店 かぴぱら堂
がらんどう 九曜書房 虔十書林 古書明日 古書英二 古書 藝林荘 古書にわとり文庫
古書 ポラン書房 中央書房 夏目書店 ハーフノート・ブックス 扶桑文庫 古本うさぎ書林 文紀堂書店 ほん吉 吉本書店 @ワンダー



となっている。よく見たら「目録」の表にも、そういう日程が明記されている。

それはさておき、この古本市は、税込み価格表示なのか? 以前、筑波西武の古本市は税抜き価格表示で、西武池袋は税込み価格でやっていたかと。そういう価格情報もあらかじめ明記しておくのが、商売道のイロハだと思うけど。そういうものが一切ないとは……。共産圏のデパートみたい? あぁ、そういえば、西武は……。

ポスターのお値段を見る限り、税込だと思うけど? それにしても、この前も、高円寺での古本市だったか、ずっと「営業時間」を掲載しないまま、最終日を迎えたこともあった。人間、うっかりミスはある。僕もそう。アバウト古本虫でもあるから。天に唾するようなことはしてはいけないけど、うっかりミスを指摘されたら大いに反省しなくては‥‥。ううむ。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 古本屋  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2403-573f8ef3

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ