古本虫がさまよう もはやブックオフでは古本ではなく古着を買い、久しぶりの高原書店では古本を買い、伊勢崎界隈の古本屋跡地を訪れ‥
2017 06 / 05 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07 next month






もはやブックオフでは古本ではなく古着を買い、久しぶりの高原書店では古本を買い、伊勢崎界隈の古本屋跡地を訪れ‥(2015・1・4・月曜日)






「北海道&東日本パス」も5日間(12・29~1・2)で、16000円ぐらいは利用。さて残りは2日。昨日(1・3)は、「とりあえずブックオフ」ということで、古着屋もやっているブックオフに行こうということで思案。

前日(1・2)、そのあたりの行き場所などをチェックしようとして、ブックオフの店舗のホームページなどを見たら‥‥。こちらの操作上の問題もあるのかもしれないが、画面に「謹賀新年」「ウルトラセール」実施中などの大きな「広告画面」が、地図や扱い商品一覧リストを遮る形で出てくる。
場所の確認や、古着コーナーもあるのか確認しようにも、それが邪魔で見えない。それを消そうと思ってカーソルを動かして×印を押そうにも、その「広告画面」も移動したりして×印を隠そうとする。とにもかくにも広告画面が大きすぎて「×」が出てこない。なんなんだ‥‥。人の貴重な時間を奪うんじゃない、バカヤローと、パソコン画面に向かって怒鳴る。

店内音楽が煩いだけじゃなくて、パソコン画面でも、全体主義的に、己の広告宣伝を一方的に押しつけるのか、愚鈍ブックオフめと。
しばらくすると、その画面が消えたり、やっと「×印」が押せるようになるのだが、こういう広告の押しつけは、良識ある会社のやることとはいえない。やはりブラックなのかな? ブックオフのパチンコ屋並の(昔のパチンコ屋の店内騒音の記憶しかないが、今も同様かと?)店内騒音といい、単細胞的な「いらっしゃいませ」などの大合掌を店員に強制するなどは、まともな会社のすることじゃない? 

とはいえ、マツモトキヨシも、大概のスーパー(土浦にイトーヨーカ堂があった時も、店内音楽の煩かったこと。あれじゃ、客も来ない? 撤退も当然!)も似たような状況だろうが‥‥。

静かに買い物をする自由すら日本にはないのか。山手線なんかの車両で、出入り口ドアの真上に設置されているテレビ画面で広告を流しているものがある。さすがに「音声」は出していない。字幕のみだ。万が一、音声を流しだしたら、金槌で画面を割っても「正当防衛」として許されるかも?

ともあれ、幕張や辻堂などの大型ブックオフで古着コーナーもあることを確認。なにせ、電車賃を「浪費」、いや「酷使」するためには東奔西走する必要があり、そのためには、千葉と神奈川の端っこを行き来するのが効率的。だから、この前は、本千葉駅と大船駅とを往復した。おや、町田の古本屋・高原書店も1・3からオープンしていて、この日は午後6時までやっている。町田にはブックオフもあり、古本も古着も別々の館で扱っているようだ。こちらにも久しぶりに出掛けるべしか?

ということで、ジャケットを試着することもあろうかと思い、また「暖冬」のようなので、セーターは薄めにしてオーバーも軽めのものにして、先ずは幕張へと思ったが、この駅の近くには「草古堂」という古本屋がある(ここには行ったことはない)。この古本屋は、以前、神田神保町近くの元中央大学の跡地にある三井住友海上火災ビルの近くに出店していたのではなかったか。一階、二階とあるところ。なかなかいい感じの古本屋だった。
そういえば、さらに新宿の紀伊国屋近くのビルにも(そこも一階&二階)に出店していなかったか? 記憶が曖昧であるが、いずれもそこそこのお値段が付いているものの、いい古本屋だったかと。新宿界隈の飲み屋に行くときは、必ず立ち寄っていたものだ。なくなって久しいが。
ホームページというかツイッターというか、ブログを見ると、年中無休ではあるものの、さすがに1・1~1・3はお休み。ということは1・4からやっているのか。だったら、1・4に出掛けるほうがいいかなということで、昨日は「東奔西走」は、まずは辻堂へ。

ここも、この前、南口の古本屋に寄ったことがあるが(今もやっているのだろうか?)、ブックオフのある北口はすっかり再開発されたようだ。広々としている。辻堂のブックオフには初めて寄ったが、煩い音楽と合唱団のある、ありふれたブックオフ。本だけでなく、古着も割引セールをやっている。200円コーナーもあるから、この前、読んで紹介した本(中嶋大介氏の『ワンコイン古着』 本の雑誌社)ではないが、ワンコイン(500円玉)でお釣りがくる。一着、手頃なジャケットがあった。1280円。3割引で、1000円以下の896円。ポイントを使って実質タダ。

そのあと、QBハウスがあったので、1080円で散髪。スッキリ。前も書いたが、こういう合理的精神で経営している安い散髪屋に旧来の業界が゛散髪するなら清潔のために「水施設」が必要だとか、いろいろと圧力をかけているとか。競争原理を否定する時代錯誤の散髪屋があるのだろう。
洗髪やひげそりは自分でできるからしなくてもいい。その分、散髪にかかる時間とコストを減らしてくれる散髪屋が、僕にとってはいい散髪屋。そしてなによりも、店内禁煙かどうか。QBハウスはどこも店内禁煙。旧来の散髪屋には、もう10年近く行ったことがないので不明だが、昔の散髪屋は待っている間、週刊誌を置いてあるのはいいけど、タバコを吸ってもいいことになっている店が圧倒的多数だった。本当に不愉快。今も、待合席を喫煙可能にしている散髪屋があるとしたら、さっさと潰れろといいたくなる? ネバーセイネバーだけど、もう、そんなタバコの悪臭が漂うような、かつ割高の散髪屋には行かないだろう。

それはさておき、辻堂駅から横浜・東神奈川を経由して町田駅へ。電車は15両編成でも混んでいる。町田のブックオフは昔寄ったときとは違う場所に移転しているようだ。ちょっと歩く。本のブックオフはありふれたブックオフ。まぁ、広々とはしている。一階、二階、三階、四階‥とあったか。フランス書院文庫もそこそこ。買いたいものはなし。
そこから少し離れた古着専門の館(ブックオフ)へ。ここはメンズ、女性など階で区分けしている。ここにも手頃なジャケットが。1980円→1680円→1280円になっていて、さらに正月割引で、もらったポイントを使って購入し、これも実質0円。ううむ‥‥。

そこから久しぶりに高原書店へ。その手前にあった某古本屋も廃業(焼鳥屋になっていたみたい。高円寺にあった某古本屋も廃業跡は禁煙のスペイン料理店になったが)。高原書店では、一階にて荷物を預けブラブラ。仙台の万葉堂書店は地下と一階のみだが、そこを、4階建てビルにすると高原書店みたいになるだろうか。1・3は暖かな日であったが、店内は暖房なしで、かつなぜか開いている窓もあっていささか寒し?

伊藤茂郎氏の『海軍と植物検疫』 (近代文芸社)、木村哲人氏の『戦争は”極楽”だった 記憶ファイル・村の1940年代』 (第三書館)、小俣行男氏の『侵略 現代のドキュメント 中国戦線従軍記者の証言』 (徳間書店)を購入。

高原書店との付き合いも長い。以前、もう少し駅チカにて開業していたとき以来だ。そのほかにも記憶が曖昧だが、高円寺の都丸書店の近くの某ビルの上に進出していたかと。そこを撤退して、大久保に古書センター(一階、二階、三階)を設置。よく通った。閉店セールにも行った。大久保近くにもブックオフや普通の古本屋もあった(今はどちらもないし、高原書店も撤退)。

町田から桜木町へ。そこから知人宅に寄って、よもやま話をしたあと、日ノ出町界隈を歩く。先ずは入口窓に「禁煙」マークのある「日の出らーめん」にて、つけ麺を食べるつもりが食券のボタンを押し間違えてラーメンにしてしまったと思ったら、なんと出てきたのは、汁なしの油麺だった。ううむ、初体験。結構なお味でしたが‥‥。
店を出てさらにブラブラと日ノ出町から伊勢佐木町・関内へ。30年前にはあったはずの、この周辺の古本屋もほとんど消えてしまった。天保堂苅部書店はやっているが、1・3はお休みのよう(遠目で確認)。途中、このあたりに古本屋があったよな‥と眺めつつ移動。懐かしい町並みだが‥‥。

伊勢佐木町のブックオフにも古着コーナーがあるが、今回は買いたいものはなし。向かいの有隣堂前の古本ミニコーナーも買いたいものはなし(こんな小さな「古本市」が日本の古本屋の「古本まつりに行こう」で紹介されているのに、ベイシアIS伊勢崎店の古本市が無視されているのはなぜなのか? 理解できない? あぁ、この古本市も1・4までか。ここに「北海道&東日本パス」で出掛ければJR東日本に大打撃を与えられるのだが?)。
近くの活刻堂も買いたいものはなし。ブックオフの斜め隣りのビルにも、いい古本屋があったけど、最近廃業‥‥。そういえば、ここからちょっと歩くけど、黄金町あたりに3年ほど前にオープンしたばかりの「たけうま書房」も何かあって休業‥と思っていたら、ネットを見ると廃業? ありゃ? 何があったのか? ネット専門では今後もやるようだが、 「古本屋ツアーインジャパン」さんの報告を待つことに? 

「北海道&東日本」パスも、この日は3000円弱か。6日で、19000円弱ぐらいの乗車。正月休み最終日(1・4)に有終の美を飾って、20000円ちょっと?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 古本屋  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2363-7dabce0c

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ