古本虫がさまよう 懲役22年が重い? 「軽過ぎ晋作」では? 3人殺しているんだから死刑にしてもおかしくない せめて本当の意味での無期懲役、終身刑を
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month




懲役22年が重い? 「軽過ぎ晋作」では? 3人殺しているんだから死刑にしてもおかしくない せめて本当の意味での無期懲役、終身刑を(2015・12・9・水曜日)





2015・12・6の産経朝刊の長辻象平氏の「交通死は現代社会の人柱か」の記事と、
佐藤光房氏の『遺された親たち』 (これはシリーズで数冊刊行。あすなろ書房)を前ブログで紹介した。

これらを読むと、悪質な交通事故加害者の反省なき実態を垣間見ることができるが、2015年12月8日の日経夕刊社会面に「飲酒ひき逃げ懲役22年」「小樽4人死傷」「高裁、一審を支持」という記事が出ていた。

昨年7月に海水浴帰りの女性4人を脇見運転(スマホ操作)、かつ飲酒運転、かつひき逃げで「殺傷」した男に対する判決の記事だ。あぁ、あの悲惨な交通事故かと思い出す人もいるだろう。この娘さんたちの親にとって、本当に『遺された親たち』だ。

一審が求刑通りの懲役22年としたことに対して、被告が「事故は脇見が原因。危険運転致死傷ではなく、より法定刑が軽い過失運転致死傷を適用すべきだ」と控訴していた。バカな高裁は、せっかくの下級審の裁判員による、まずまずの判決を「相場」より重いとして、少し値引きして軽くしがちだが、偉いね、札幌高裁は。
「控訴を棄却する即日判決を言い渡した」とのこと。

時速50~60キロで車を走行させながら、15~20秒間、下を向いてスマホの画面を見て、アルコールの影響で正常な運転が困難な状態にあったと裁判長は述べて、危険運転致死傷罪を適用した一審判決を妥当と認めたとのこと。
被告は罪が重すぎるとも訴えたが、「被告は被害者4人を救護せずに逃走しており、身勝手で卑劣。厳しい非難は免れない」と指摘し、退けたという。当然だ。机上の空論を弄びがちな裁判官からしても、この男のやったことはあまりにも非常識、身勝手と思えたのだろう。江戸時代なら、市中引き回しの上、遠島(シベリア送り?)だ?

3人も殺した奴なんて死刑になってもおかしくない。「車」が介在されているために「事故」の側面が出てきて、間接的な殺傷となって、交通事故ではなかなか(絶対に?)死刑にはならないだろうが‥‥。懲役22年といわず、こういう悪質なドライバーは、再犯の恐れもある。本当の意味での無期懲役か、終身刑を新設してでも終身刑にでもして、刑務所内で所定の労働をさせ、その収益の一部を死ぬまで(いや、少なくとも服役中は)被害者の遺族に支給させるシステムを構築すべきだろう。

そのあたり、中嶋博行氏の『この国が忘れていた正義』 (文春新書)が詳しい。

「忘れていた」といえば、明日から高円寺で始まる古本市。「日本の古本屋」の「古本まつりに行こう」に、いつものように表示されているけど、何時から何時までやっているかの表示がない(12月9日午前4時過ぎ確認の時点で)。多分午前10時から午後6時までで最終日は午後5時なのだろうが……。

時々、木曜日からやっている時は、午後7時までやったりしている時もあったかと。そのあたり確認できれば帰り道寄れるかもしれないけど、いちいち電話しないと教えてもらえないのだろうか? でも、電話番号は明記されているけど(会期中のみ)となっているから……。会場入り口脇の灰皿の設置は忘れてもいいけど(?)営業時間の明記はなるべくお忘れなく願いたいもの?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!

スポンサーサイト
 |  事故  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2330-b23473ce

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ