古本虫がさまよう 曳舟の図書館と古本屋を散策すれば‥‥
2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month







曳舟の図書館と古本屋を散策すれば‥‥
(2015・11・29・日曜日)



今日(日曜日)もさほど寒くはない。曳舟に出掛ける用事があったので、ついでに、この前、古本屋ツアーインジャパンさんのブログで知った開店したばかりの「古書肆 右左見堂(うさみどう)」にも寄ろうかと算段。
ともあれ、曳舟で所要をすませた後、あぁ、ついでにブックオフも見ておこうかと。ここは狭いブックオフ。特に買いたいものはなし。
そのあと、逆方向にある「古書肆 右左見堂」へ向かっていたら、墨田区の曳舟(ひきふね)図書館があった。ちょっと見学。二つあった図書館を統合したようで、新しいビルの中に入っている図書館。なかなかきれい。千代田区立図書館など目じゃないね? 自習室というのか、「机」もまぁまぁ整備されている(狭いというか、他人が隣にいるとまぁ、くつろぐほどのスペースではないが)。日曜日ということもあってか、席はおおむね埋まっていた。
地元出身作家ということもあるのだろうが、半藤一利氏の作品コーナーなどがあった。

ここでは「本」も「CD」もすべて借り出しはセルフサービスになっている。中央区立図書館の日本橋にある図書館が、予約もセルフになっていたが、ここも、予約もセルフ。本などに何らかの「タグ」があって、そういう貸出をしないで外に出ようとするとサイレンでもなるようになっているのだろう。
図書館員はお暇? 人員整理したのやら? ともあれ、雑誌も一杯あるし、外国語新聞もいくつかある。この図書館に歩いて行けるところに住んでいる人は、定年退職者などは便利だろう。ブックオフはむろん、新刊書店で本を買わなくても、ここで大概揃えることが可能? 新聞に最近2カ月の消費動向がマイナスになっているとあったが、無理もない。その分、エンゲル係数も増えているとか? ブック・マガジン係数は減る一方? まぁ、世の中、知らない間に進んでいる。図書館の貸出を規制すべきという議論が沸き起こるのも無理はない? ともあれ、勉強になりました。

図書館を出ると、大きなイトーヨーカ堂があったのでここも見学。中の広いレストランなど家族連れで一杯であった。紳士物売場を見るが、まぁ、ズボンなども買ったし、ジャケットやジャンバーもこの前、2割、4割引きで買ったし‥。財務省や日銀を喜ばせないためにも消費を減らさなくては?

曳舟西口に回り、古本屋ツアーインジャパンさんの書いている通りに、歩くと、水戸街道に出くわした。右手にスーパーコモディイイダが見えて、真正面に「鳩の街通り」があった。その商店街に入ってすぐ左手側にお店が。
中の広さはまずまず。普通の古本屋の広さ。ただ、棚がまだ完全には埋まっていない。NHKかなにかの取材があったそうで、そのために、棚にまだ値札をつけていない古本を入れたりしたそうで、値段の不明な古本も何冊かあった。
ううむ‥。値付け的には、3000円、5000円といった大胆なお値段をつけているのも散見。ちょっと強気?

レジのあたりはカウンター風にもなっていて(渋谷の古書センターの二階のような雰囲気もあり)、ちょっと洒落た感じの古本屋になっている。
しかし、要は「量」が大事。左翼関係の文献もそこそこあって、面白そうではある。武藤光朗氏の本(共著)があった。500円で特に高くもないのだが、さすがに「買っても読まないなぁ」と、古女房の怒り顔が頭に浮かび購入せず。

特に何も買わず店をあとにする。何人かの若者が入れ代わり店内に。そこそこ賑わっていてなにより。
お店のブログを拝見すると、「鳩の街」の何かプロジェクトがあり、「1年間テナント料無料」「内装費補助」という好条件で募集があって、それに応募してめでたく「合格」しての出店のようだ。

曳舟は、以前、東口方面にあった某スペインレストランに数回通ったことがあり、その時、ブックオフに寄った程度(そのスペインレストランは「喫煙可能店」だったので、あとが続かず迂遠になってしまった)。そちらのほうはイトーヨーカ堂もあり、人通りが多い。
西口は、ちょっと人通りが少ないように見えるけど、コモディイイダなどスーパーも近くにあるから、人口密度はそこそこあるのだろう。曳舟駅から歩いて数分だし、押上からも15分ぐらいであるけるようだから地の利はまずまずだろうか。清澄白河みたいに数軒古本屋が集まればいいのかもしれない。近くに、古道具屋(?)みたいなお店はあったけど‥‥。

帰宅途中、寄った酒屋でアイルオブジュラが、グラス2個付きセットで売っているのをみっけ。いつも、洋酒は、グラスなどの「付録」があると買ってしまうことがある。この前も、よりによって、サントリーの「トリス」がタンブラー付きというので買ってしまった(飲めば、まずまず)。財務省に抵抗して酒税を少しでも減らすために、発泡酒などを愛飲するようになったこの頃。ウィスキーも1000円前後で十分ではあったが、久々に高級シングルモルトのアイルオブジュラ(オリジン)を購入。3500円ちょっとするが、2セット購入。トリスのタンブラーより、はるかに重々しい。グラス4個。GDPの拡大に貢献してしまった‥‥。

今宵は、そういうことで、久々のシングルモルトを特製グラスでオンザロックでやりながら、崎陽軒のシウマイ弁当を食すことに‥‥。あとはボブ・ジェームスを聴きながら‥読書。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 古本屋  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2316-b4ccf235

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ