古本虫がさまよう 朝から緊急地震速報‥‥出てこいニミッツ、マッカーサーではないが、殿様商法の日本郵便、三井不動産、三井住友建設は、日本から出て行け?
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month


朝から緊急地震速報‥‥出てこいニミッツ、マッカーサーではないが、殿様商法の日本郵便、三井不動産、三井住友建設は、日本から出て行け?(2015・11・14・土曜日)






産経一面記事(2015・11・13朝刊)に「マイナンバー配達まだ1割」「1月利用開始に影響恐れ」なる記事が出ていた。
日本郵便が、「11月末までに全世帯に配布するという政府目標の達成は難しいと発表した」そうな。「現状のペースでは非常に難しい。残業を増やすなどして対応したい」とのことだが、「簡易書留」という特別料金をもらって大量の競争原理が働かない郵便物をもらっておきながら、今頃になって「残業を増やす」かもよ‥‥とは。

「郵便局」なんて、「民間会社」といっても、単なる親方日の丸。競争原理が働かないと、仕事はさっさとやらないのだろう。

この前、お役所に電話をしたら、もうマイナンバーは郵便局に渡しているとのこと。いつ届くかは郵便局次第ですなと‥。あぁ、市役所も「親方日の丸」。
「アエラ」だったか、優雅な公務員生活を特集していたかと。
田舎で、公立校の教師を夫婦でやっている家って(市役所勤務でも可)、ダブルインカムで裕福だし、子供の勉強を見て、そのせいもあってか、優秀な大学に入る。母親は育児休暇も十分取れるし‥‥。そして日教組(自治労?)バンザイ? こういう親の職業によって生まれる確率の高い「格差」は追及しないのが、日本の自称「知性派リベラル」たち?

年賀状とて、普通は仕事納めの夜から書き出し、翌日に投函しても(今年は12・29になるからちょっと厳しいかな?)、狭い日本、離島はともかく元旦に届けますと宣言しても罰が当たるまいが、そんなことはゼッタイいわない。「命令」ではないが、事実上の命令で、元旦に届けてほしかったら「12月25日」前までに投函することを毎年おすすめしている。

民間宅配会社にも、マイナンバーの送達を任せるとか、地域によって競争入札するとかやればよかったのに? のんびり配達。そして簡易書留なのに、職場への転送も不可とか。共働きの家など、日中いないことも多い。夜間配達可能といっても、たかだか夜の8時前後まで。無理なら本局まで取りにこい? おいおい‥‥。
春風亭柳昇師匠の現代落語の『ぜんざい公社』を、こういう親方日の丸会社の幹部には毎朝聴くことも義務づける必要があるね?(聴かせても、この手合いは、アハハハと高笑いして、ウチみたい‥とつぶやいて終わりかもしれないが)。

11月11日になってやっと(お詫びならぬ開き直り?)記者会見をした三井住友建設も、責任は旭化成・旭建材になるとか。
出てこいニミッツ、マッカーサーではないが、11月6日になってやっと記者会見をした三井不動産、あんたが最終責任者として一番悪いだろう。
すくなくとも連帯責任だろう。旭化成と一緒に、席を並べてまずは頭を下げるのが商道というものだろうに。「粉飾」決算の東芝やココム違反の東芝機械より悪い。「三井」と名のつく会社にはロクなものがない?

トルーマン大統領の机の上には、
「The buck stops here」 という書類入れがあったとか。「pass the buck」(責任を転嫁する)という言葉をもじったものだという。
「俺のところで責任は止まる」つまり「最終責任は俺にある」と。三井不動産や三井住友建設の社長のデスクの上には、「pass the buck」という書類入れがあるのだろう。「旭化成(旭建材)行き」なんてのがあるのかもね。
佐々淳行氏の『「危機管理・記者会見」のノウハウ 東日本大震災・政変・スキャンダルをいかに乗り越えるか』 (文春文庫)ぐらい読んでいないのだろうか?

それはさておき、下川裕治氏(中田浩資氏・写真)の『一両列車のゆるり旅』 (双葉文庫)を読んだ。
全国各地のローカル駅の駅前旅館に宿泊しつつ、青春18切符などを使ってローカル列車(時には二両列車も?)に乗って、旅した本。
もっぱらディーゼル車なので、停電や雪に意外と強いことも。水郡線、只見線、牟岐線、五能線など、僕がけっこう乗った経験のあるローカル路線も多い。一部、懐かしくも読めた一冊だった。
一両列車でも、最新型のものだと、ボックスシートもトイレも付いていて、決して悪くないことがある。水郡線なんか、そんな車両に乗った記憶がある。水戸と郡山を行き来するのもいいもの。

朝早く上野(品川?)を出て、宇都宮、黒磯、郡山へ。途中古本屋(須賀川の古書ふみくら)を見て、郡山から水戸へ。郡山駅近くの古本屋もなくなったり移転したりして最近ごぶさただが…。
水戸駅近くの古本屋はまだ一軒やっているから、そこを覗き、土浦へ。つちうら古書倶楽部は税抜き価格表示で、ちょっとイマイチ?だけど、そこを覗き帰宅するというプランは実現可能か? 日立の古本屋でもいいが……。

ともあれ、古本屋とローカル列車…風情があっていいね?

そういえば、まもなく「青春18切符」、ないしは、「北海道&東日本パス」の季節がやってくる‥‥。冬は正味一カ月程度しか利用機関がどちらもない。年末年始はちょっと忙しくなりそうだから……。どうなることやら?

それに今日は朝から緊急地震速報が流れている。九州種子島方面で震度4前後の地震が発生し、津波注意報も出ている。いよいよ‥?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 経済  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2296-15f3080a

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ