古本虫がさまよう 日本は英国の植民地に侵攻し、中国共産党が英国と「連携」していたのは事実では?
2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month




日本は英国の植民地に侵攻し、中国共産党が英国と「連携」していたのは事実では?
(2015・10・24・土曜日)





今朝(2015・10・24)の産経抄にこんなことが書かれていた。

いけしゃあしゃあとよく言えたものだと素直に感心した。韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が21日、日韓国交正常化50年の記念行事「日韓親善友好の集い」に寄せたビデオメッセージで「正しい歴史認識」を呼びかけ、日本に慰安婦問題での対応を求めた件についてである。
 ▼朴氏は15日には米ワシントンで講演し、やはり慰安婦問題の進展を要求している。だが、同じ日にベトナム戦争中に韓国軍兵士に性的暴行を受けたベトナム人女性の支援団体が記者会見し、朴氏に公式な謝罪を求めたことにはほおかむりを決め込んでいる。
 ▼中国の習近平国家主席も日本に対し、たびたび「正しい歴史認識」を要求してきた。英国訪問中の20日、バッキンガム宮殿で開かれた公式晩餐(ばんさん)会でも、第二次世界大戦での英中両国民について「正義のために助け合い、日本の侵略に抗してともに戦った」と強調した。
 ▼はて日本がいつ英国を侵略し、中国共産党が当時、英国とどんな連携をしたのかと首をひねらざるを得ない。ともあれ、先の国会会期中には、安全保障関連法案に反対するのは「正義」で、賛成するのは「不正義」だと断じた野党議員もいた(以下略)。



香港、シンガポール、ビルマなどは「英国本土」ではなく「植民地」だったから、僕も、この地への攻撃に関しては、英国を「侵略」したとは思わないけど、まぁ、英国からすれば「侵略」されたとは思うだろう。現地に派遣していた英軍は白旗かかげたし、戦艦なんかは撃沈されたから。
とはいえ、英国人捕虜が、よく、日本軍に虐待されたと、いけしゃあしゃあとぶつくさ文句を言ったりしているが、そういう手合いには、「あんたは、どこにいて、何をしていたの。アジアの民を虐待していなかったのかい? 自分の胸に手をあててよく考えてみろよ」と反論もしたくはなる。ドイツみたいに「あんたの母国、本土までミサイルをぶちこんだりしてまで攻めていったんじゃないよ」と。

また、英中の助け合いとしては「ビルマルート」がある。これは別名・援蒋ルートだから、英国と国民党蒋介石との関係が主ではあるが、一応、国共合作もしていたのだから、「針小棒大」かもしれないが、中国共産党も英国と「連携」していたとはいえるかもしれない。八路軍もゲリラ戦的に、日本軍相手には戦ってもいたのだから。


単に同じ学校で、同じ学年にいた「同級生」が有名人になったりして、「あいつのことはよく知っているよ‥‥」という類に似ているかもしれないが‥‥。「同じ学校で同級生」だったのは事実‥。そんなものかもしれないけど‥‥。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 新聞論調  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2269-70f106d9

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ