古本虫がさまよう 2015・10・17は、早稲田大学はホームカミング前日、早稲田古本屋街にはミシュラン・ラーメン屋あり
2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month




2015・10・17は、早稲田大学はホームカミング前日、早稲田古本屋街にはミシュラン・ラーメン屋あり
(2015・10・18・日曜日)





結局、「秋の乗り放題切符」を使う暇はなく……。

土曜日(2015・10・17)は、午後、神田古書会館などをまずは回る。井之口政雄氏の『共産主義者のこころ』 (三一新書)、金井芳二氏の『私の労働運動史』 (小倉印刷)を購入。どちらも「左翼人」の自叙伝的本。それなりに面白そう。こういう自叙伝もたまる一方。

高円寺古書会館の古本市はおやすみのようなので、五反田へ行こうかと。今回はアートブックが中心のようだが……。と思ったのだが、夕方には早稲田で「飲み会」(勉強会)があるので、あまり時間がなく、五反田は見送って、久しぶりに高田馬場へ。

先ずは駅チカのブックオフを見てからテクテクと歩く(このブックオフ、何度も指摘しているように「いらっしゃいませ」の大合唱がなくて、少しは「古書」もあり、良識派のブックオフということは理解しているのだが、店内音楽が、歌詞ある曲を流しているのだけはナントカしてほしい。昔はメロディだけだったと思うが。煩い!!!!)。

古本屋ツアーインジャパンさんのブログで、さとし書房の隣の古本屋(「岸書店」)が「閉店」になっていると聞いていたが、確認。このあたりも「古書現世」 (場所はちょっと移動したか?)などはじめ、学生時代から通っているが、早稲田界隈の古本屋は、新規開店(「古書英二」など。ここは臨時休日なのか遠目でしか確認していないがシャッターが閉まっていた。「消費税の謎」は追及出来ず?)もたまにあるが…。やはり、古本屋は減ってきているような気がする。歩きながら、昔は、ここにも、あそこにも古本屋があったよなと。

岸書店周辺の「聞き込み捜査(?)」によると、岸書店の店主は、80歳までやる気だったが、足を痛めて78歳にて引退を決断したとか? その跡地に誰かが入ればいいのに‥‥。

まぁ、僕は早稲田大学出身ではないので、この古本屋街にはさほどの感傷はないのだが……。それでも学生時代も含め、ビッグボックスで「大型」古本市をやっていた時は、よく通っていたから懐かしい。映画館(名画座)はまだ健在だし。本郷の古本屋街は、ちょっと古書店っぽいところが多くて、近年全然通っていない。

しかし、昨朝も、遊びに出掛ける古女房から「風呂、トイレ掃除してから出掛けなさいね。あと、もう読みもしない古本をこれ以上買わないでね!」と言明(厳命)されたこともあり、いつもより買う気力が乏しい。そこそこ安めの本があり買おうかと思ったりもしたのだが‥‥(白水社の某本2800円が1000円など)。真新しいフランス書院文庫が300円とは安い? 小田原の某古本屋の250円よりは高いが、ブックオフの400円前後の価格設定よりは安いではないか。買おうと思ったが‥‥。断念?

結局何も買わず!? 丸三文庫も久しぶりに寄ったが、E.H.クークリッジの『ソ連スパイ網の解剖』 (日刊労働通信社)が一万円もしていた。
僕はかなり昔に数百円程度で購入していたと思うが‥‥。 「高過ぎ晋作?」。 
でもアマゾンではもっと高い値段で売っているところも。「日本の古本屋」だと、川崎の近代書房が5000円。ううむ、僕も古本屋になろうかな? 「さとし書房」の隣に引っ越しするか?

その、さとし書房の手前(高田馬場寄り)に、見なれないラーメン屋(らぁ麺 やまぐち)があったので、そこに入る(全席禁煙のようだ)。午後4時前ということもあってか、空いていた。ミシュランがどうのこうのと宣伝ポスターが道端にあった。
1000円の特製鶏そば(ラーメン)を食べた。つけ麺もあるようだ。胡椒の類がカウンターにないのがちょっと「?」だったが、味はまずまず。またきてみたい(胡椒・七味を持参しよう?)。

高遠の蕎麦屋といい、神保町の「いもや」といい、高円寺の「桂」(蕎麦)といい、古本屋のあるところに美味い蕎麦屋・ラーメン(つけ麺)屋などあり‥‥。両者は、相性が良さそうだ。

ともあれ、早稲田大学近くの店へ。10・18はホームカミングがあるようで、あちこちに〇〇県人会‥といったのぼりが立てられていた。福引抽選なども?
晴れるといいね?

軽く文学論をやって、一杯やって、焼きうどんでお開き。まぁ、こんな休日もまたよし。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 古本屋  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2261-6b3d1722

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ