古本虫がさまよう 本日より二週間あとの9月29日は、「青島ビール」ではなく「台湾ビール」を飲むべし? なぜか?
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month



本日より二週間あとの9月29日は、「青島ビール」ではなく「台湾ビール」を飲むべし? なぜか?
(2015・9・15・火曜日)





富江弘幸氏の『BEER CALENDAR(ビアカレンダー)』 (発行・ワイン王国)を読んだ。

1月1日から12月31日まで、一日一銘柄のビールを紹介・愛飲。
元旦は初日の出ということで、日本の「ライジングサンペールエール」というビールを飲む。
ビールといっても発泡酒も出てくる。財務省への抵抗として(?)僕が愛飲している「ホワイトベルグ」は5月13日に登場。2014年のこの日が、この「(リキュール(発泡性))のホワイトベルグの発売日だとのこと。

製法は「ベルジャンホワイトに近い」「オレンジビールによるフルーティーなアロマに、酸味を感じさせつつもまろやかな味わい。味わいもベルジャンホワイトを思わせる。この味を手軽に楽しめるなら、今日だけでなく毎日でも……」と指摘している。なるほど……。同感。財務省に抵抗するためにも、毎日(のように)飲むべしか。

それにしても、財務省のバカ官僚、ビール、発泡酒などへの税率一元化を謀ったり、マイナンバーカードを「悪用」しての「軽減税率」一部実施を愚考したりしているようだ。
マイナンバーなんかを利用しての還元なんて、春風亭柳昇師匠の落語「ぜんざい公社」みたいになるのでは? 共産国、全体主義国家的管理を目指すつもりか?

ところで、ここに出てくる300種以上のビール。日本の地ビール会社のものも多い。でも、ざっとみて、僕が飲んだことのあるビールはせいぜいで30ぐらいか?

近所に新たにできた小さめのスーパー(でも、コンビニよりは価格は安め。もちろん、最悪の「ニューデイズ」に比べれば天国?)にこの前寄ったら、おお、税込み価格表示。分かりやすい。
もう一つのスーパーは税抜き価格を大きく書いて、隅に小さく税込み価格。そこの税抜き価格より、こちらの税込み価格のほうが安そう。サントリーのドライじゃない新ビールも、そちらのほうが安かったのでとりあえず一つ購入。それに外国ビールも多め。
僕の好きな英国の「バスペールエール」も税込み250円以下( 「台湾ビール」はその店にはなく、この本にも出てこないが、この英国ビールは3・16に出てくる。サッカー大会の決勝戦の日付と関連ありとのこと)。
このミニスーパは気に入った。
もう一軒の大きめのスーパーは、店内音楽が煩い。何度か抗議しているが改善の余地なし。
さっそく、新しく出来たスーパーは税込み表示だし、店内はまだ歌詞のないBGMだし、カードで決済できるし、あんたとこよりいいよ、あんたところは、もうポイント倍増デイしか行かないよと「投書」しておいた?

ところで、本に話を戻すが、9・20に、「ゼロ戦シングルホップIPA」なるアメリカのビールが紹介されている。缶ビールだが、ゼロ戦のイラスト付き。1911年9月20日に山田猪三郎が国産飛行船での初飛行に成功し、航空日でもあったそうな。それにひっかけてのこと。
へぇ、こんなビールがあるんだ。「ホップはセンテニアル。柑橘の波の苦みとみずみずしい味わい」とのこと(ネットで見ると、神田と浜松町に店を出している「デビルクラフト」というところで以前このゼロ戦ビールが提供されたことがあったそうな。今もあるか? ちなみにこの店、禁煙店、ノーチャージとのこと。一度行ってみようかとも。行って、そのビールを飲むなら12月8日か?)。

本書にはフィンランド(?)の「東郷ビール」は出てこない(いまは日本製の東郷ビールがあるようだから、これを日本海海戦勝利の日(5・27~28)に飲むのもオツでは?)。

また、「青島ビール」は出てくるが、「台湾ビール」は出てこない。
青島ビールは9・29に飲むべしと紹介されている。というのも、1972年9・29日に日中共同声明が調印されたからとのこと。その記念すべき日には、青島ビールで「乾杯したい」との指摘あり。ううむ……。

それはさておき、僕にとって、世界の四大ビールは、 「ハイネッケン」(オランダ)、「ハートランド」(日本)、「台湾ビール」(台湾)、「バスペールエール」(英国)だ。 「マオウ」(スペイン)もいれると五大ビールか? これには政治性はなく、味と体験によるもの。

ともあれ、最近、「オリオンビール」と「青島ビール」は、個人的信条から(?)買ってまでは飲まないことにしているが、ようし、9・29は台湾ビールを飲むことにしよう? 1972年当時、僕は中学生だったが、日中共同声明を苦々しく思っていた。あのとき、田中角栄や日本の新聞がもう少し戦略的知性を持っていたら、こんな酷い日中関係にはならなかっただろう。

2015・9・29は、中国共産党の一党独裁と、南モンゴル・ウイグル・チベットなどへの植民地統治の一刻も早い終焉を願い、またその結果としての自由中国の成立と、完全独立国家台湾の成立、そして台湾との復交を願って、台湾ビールで乾杯しよう!? 

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | グルメ  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2221-d4ffc2ce

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ