古本虫がさまよう 青春と下着と性病?
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month
青春と下着と性病?  09/02/2015  





青春と下着と性病?
(2015・9・2・水曜日)



藤田昌雄氏の『陸軍と性病 花柳病対策と慰安所』 (えにし書房)を読んだ。

内容紹介
軍は性と性病に対してどのように対応していたのか?
実態を明らかにする第1級資料!
日清・日露戦争以後から太平洋戦争終戦間際まで、軍部が講じた様々な性病(花柳病)予防策としての各種規定を掲載、解説。慰安所設置までの流れを明らかにするとともに、慰安所、戦地の実態を活写した貴重な写真、世相を反映した各種性病予防具の広告、軍需品として進化したコンドームの歴史も掲載。現存する軍支給の予防具現物など幅広い資料からタブーに斬り込む問題提起の書。



慰安婦のヌード写真なども掲載されているが……。 「主婦の友」など当時の雑誌にも避妊具などの広告が掲載され、中には、出版社が代理販売していたなんてこともあったそうな。昭和館などに、この当時のコンドームなどは展示されているのだろうかとふと思った。

昭和も、性欲過剰で悩んだ青春時代も、どちらも遠くなった還暦間際の中年オッサンではあるが、ついつい、こういう本を読んでも若干のコーフンを覚えるのには困る? まだまだ若いなぁ?  藤田昌雄氏の本は以前、 『写真で見る日本陸軍兵営の生活』 (光人社)というのも紹介したことがある。

ということで、次に手にしたのが、ヘレン・レイノルズ(文)の『ビジュアルでわかる 世界ファッションの歴史 下着』 (ほるぷ出版)。
男のブリーフもちょっと出てくるが、もっぱら、ウフフの女性下着の歴史をカラー写真などで解説した薄い本。歴史的な変遷、改良に関する考察は参考になる。

でもこういうのよりは、ほぼ無料(?)で手に入る『PEACH JOHN秋のNewカタログ』なんかを手にするほうが楽しそう? 

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | エロス  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2203-c26a0c75

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ