古本虫がさまよう 敗戦後70年というか、昭和終焉後ももう30年弱。懐かしく思うのは、兵器・軍用機のプラモよりもカセットテープの時代となりしか?
2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month

※「主婦の旅行かばん(寺脇敬子)」を、お譲り頂けませんでしょうか?というコメントをもらったけど、どこにあるかはもうわからないから無理? 都内の図書館にはなさそう。国会図書館、都立図書館(多摩)、北海道立図書館、大阪市立図書館にはあるようですが…。ここなら少なくとも館内閲覧は可能なのでは。なぜか慶応通信の本なのに、慶應大学図書館にはない? 「日本の古本屋」もさっき見たらないようでしたが。それはさておき……。


敗戦後70年というか、昭和終焉後ももう30年弱。懐かしく思うのは、兵器・軍用機のプラモよりもカセットテープの時代となりしか?(2015・8・15・土曜日)





『日本カセットテープ大全 愛すべき記録メディアの集大成!』 (辰巳出版)を読んだ。

内容紹介
あなたはどんな音を、そしてどんな想い出を、「カセットテープ」に刻んできましたか?
ノーマル、ハイポジ、メタル、SONY、TDK、maxell……
時代に彩りを添えてきた、愛すべき記録メディアの集大成!

エアチェックやレンタルレコードのダビング、自分だけのコンピレーションであるマイテープの編集……今でもそれぞれの心の片隅にある、“あの頃"の甘美な記憶をプレイバックさせる一冊。 昭和という時代を語る上で欠かすことのできないアイテム「カセットテープ」について徹底的に掘り下げる、かつて類を見ないクロニクルです。 音楽をめぐる様々なシーンで、いつもそばに寄り添ってくれた彼ら。カセットテープなくして、ぼくたちの青春時代はけっして語れない。

【主な内容】
■懐かしのカセットテープ小僧 絵と文 牧野良幸■思い出のカセットテープカタログ
・ソニー編・TDK編・maxell編・その他のメーカー編 富士フイルム・AXIA、That's、DENON、リールタイプ、メーカーライン系、オーディオ視聴用テープ、 海外メーカーほか



今でも公的資料の記録にカセットテープを使う役所もあるとのニュースをテレビで見たことがある。MDテープを再生するコンポはなくなり、MDテープそのものも見かけなくなったが、カセットテープはまだ売っていたっけ?(本書によると、日立マクセルがまだ頑張っているとのこと)。

カバーに使われているTATSUMI のテープは所有していた記憶がない。たいがい、ソニー・TDK・maxellだったか。
FM雑誌などで番組が流れる音楽をチェックして、好きな曲を録音することが多かった。余計な会話は不要、音楽のみ録音するために、録音キーに指を当てて、一瞬芸的に録音開始、録音終了…にするのにはテクニックが必要だった?
まぁ、FMラジオは図書館みたいなもの?  無料で録音し、再生し楽しむのだから多少の「雑音」は仕方なし。今はもうそういう時代ではなくネットを通じて…のようだが、よくは知らない。

僕は図書館で、CDを借りてきてMDに録音、MDなき今は、USBに録音して再生して聴いているこのごろだ。ブックオフでもCDコーナーはあまり見なくなった。最近定価で購入したCDとなると、南沙織のボックスセット『Cynthia Premium』ぐらいか?

高校生から大学時代にかけてか。貸しレコード屋が登場してきたが、そのあと、CDの時代になり、借りてきてテープに録音することもあった。80年代後半か。ノーマルポジションは会話用で安かった? 音楽録音用にはハイだのメタルだのあったが、たまにしか買わなかった?
あのころでテープはいくらしていただろうか? ビデオテープのほうがもちろん高かったが、カセッテープは何個かまとめてセットで買っていたか。ノーマルで、一つ200円ぐらいだったか。

実家の書庫のすみっこにテープからMDに録音できるコンポがあるはずだが…。

この本でもサンプルが出てくるが、カセットテープのジャケット(レーベル)にFM雑誌の付録を使ったりもしていたかと。水着姿の女性の写真なんかあったよなと? 今はかなり捨ててしまった。

牧野良幸氏(絵と文)の『僕の音盤青春記1971-1976』『僕の音盤青春記Part2 1976-1981』 (音楽出版社)、 『オーディオ小僧の食いのこし ソノシートからホームシアターまで、昭和~平成オーディオクロニクル』 (共同通信社)、松崎順一氏の『ラジカセのデザイン』 (青幻社)や恩蔵茂氏の『FM雑誌と僕らの80年代「FMステーション」青春記』 (河出書房新社)などは紹介ずみだが、今回のこのムックも懐かしき一冊なり。

敗戦後70年というか、昭和終焉後ももう30年弱。懐かしく思うのは、兵器・軍用機のプラモよりもカセットテープの時代となりしか?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!




スポンサーサイト
 | 人生  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2184-576b57a2

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ