古本虫がさまよう 気象庁の「冷夏予想」の大嘘を分析すべき?
2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month





気象庁の「冷夏予想」の大嘘を分析すべき?
(2015・8・9・日曜日)





連日の「猛暑」。こちらも若い時と違って(?)歳をとってきた分、堪える?

ネットを見ていたら、こんなニュースがあった。気象庁は5月の段階で、今年の夏は「冷夏」になると予想を出していたようだ。


2015-05-13 12:48
エルニーニョ現象 昨夏から今秋まで続く 梅雨明け遅れ冷夏も

昨年夏に発生したエルニーニョ現象が今秋まで続くと気象庁が発表した。
 昨年夏に発生したエルニーニョ現象が、冬の間に終息したものとみられていたが、今季に入ってから再び発達し、今後、秋にかけて続く可能性が高いと気象庁が12日に発表した。

 ペルー沖の海水温が上昇するエルニーニョ現象は、通常はおおよそ4~5年に一度の周期で発生し、夏ごろに発生し、半年以上続いた場合を指す。
 1949年の観測開始以来、1968年秋に発生し、翌1969年冬まで続いたケースなど、過去2回、翌年の夏まで終息がずれ込んだことはあったが、今年のように冬場にいったん弱まった後、再び発達して二季連続となるのは史上初だという。
 気象庁によると、エルニーニョ現象の影響で、日本付近は梅雨前線の北上が鈍化し、梅雨明けの時期が遅れるとしている。東日本や西日本では7月、沖縄地方では6月に天候不順が続き、例年に比べて雨の日が多く、降水量も増えると見込まれる。 
 今後は秋にかけてエルニーニョ現象が続く可能性が高く、それに伴って「梅雨明け後も平均気温が低い傾向が続き、日照時間は北日本、西日本太平洋側や沖縄・奄美地方で少なくなる可能性がある」としている。



まぁ、朝発表の、その日の日中の天気予想すら当たらないこともよくある話(この前も関東南部で午後雷とかいっていたが、発生したのやら?)。いわんや明日や一週間先の天気予想はむろんのこと、一カ月、二カ月、三カ月先の天気予想などアテにしないほうがいいだろうが……。

それにしても、ちょっと酷すぎないか? 平年並の暑さと、この猛暑との違いならまだしも、冷夏と猛暑では……。これほどの予想ハズレに関して、気象庁では、責任者に対する若干の処分(注意? 減給?)はないのだろうか? 

競争原理が働かない親方日の丸公務員云々とまでは言わないけど……。当事者が髪の毛がある人なら、坊主頭にしてひとこと釈明会見でもすると、少し爽やかになれるかも。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 環境  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2176-5d7bc02b

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ