古本虫がさまよう 橋本マナミもびっくり、情熱のシーラの背中丸出し入浴シーンに感動?
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month






橋本マナミもびっくり、情熱のシーラの背中丸出し入浴シーンに感動?
(2015・7・28・火曜日)



スペイン内戦時代に、波瀾万丈の人生を経験したお針子女スパイをテーマにした、マリーア・ドゥエニャスの『情熱のシーラ上』はこの前紹介したが、引き続き、 『情熱のシーラ中』を読み始めた。

この前紹介したスーザン・イーリア・マクニールの『国王陛下の新人スパイ』『チャーチル閣下の秘書』『エリザベス王女の家庭教師』 (創元推理文庫)ではないが、女スパイに「スカウト」されていく…。

その序曲として、パーティで、偶然、秘密の会話を盗み聞き……。内戦が終わり、フランコのスペインが独伊側につくか、それとも中立を維持するかは、英国チャーチルにとって重要な関心事。スペイン社会にいるドイツ関係者への諜報活動としてシーラに白羽の矢が……。そしてスパイになることを承諾。マドリードでのスパイのための注意事項をいろいろと受けるが、そのノウハウ、ネットワークについての説明は、本格的である。今も昔も、日本を舞台にして、ゾルゲや尾崎やらもこういう風にやっていたのだろう。そしてまだ歴史の表舞台に出てこない、「名前のないスパイ」も某大手新聞社や陸海軍内部で暗躍していたに違いない。
スパイは怖い? 女スパイは? 美女スパイは許せる?

ふむふむと。
2015・7・26(日曜日)に読み始めたので、ふと、日曜日ならテレビでもやっているよなと新聞を見ると、夜の11時からの始まり。ううむ、寝ている時間。ビデオに録っておいたが、すでに第七回目。

7・27の月曜の朝、ビデオに録っていたのを見ると、おお、「中」のストーリーの前半部分が、番組の冒頭で流れている。これはすでに放送分の回想だろう。
それが終ったあと、始まり、始まりだが、なんとその冒頭はシーラの入浴シーンではないか。橋本マナミさんのように「乳首」は見えないが、フル背中ヌードではないか。乳房と乳首を右手で覆い隠し振り向くシーラ…。そこに忍び寄る男が彼女の白く美しい背中に手を……。ふふふ、背中を流すのか……おおっと思ったら、これは夢のシーンでシーラさんが寝床から目覚める……。

これは朝からいいものを見た? 夜11時からの放送だからNHKもサービスか(いや、制作したのはスペインのテレビ局だろうから、スペインのサービス?)。

シーラ役の女優の顔だちもまずまず。若い時の水沢アキ風……(ちょっと違うか?)。目が大きくて眉毛も濃くて胸の膨らみもまずまず? これなら「美人スパイ」として十分通用する。
テレビでは、さらに水着シーンも登場。ビキニではないが、十分ではないか? うううむ……。今後見るべきか。読んでから見るべきか。悩む?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | スパイ  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2158-858548d2

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ