古本虫がさまよう 古本屋はスワローズかホークスか、税込価格か本体価格か、それが問題だ?
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month





古本屋はスワローズかホークスか、税込価格か本体価格か、それが問題だ?
(2015・7・20・月曜日・祝日)






昨日(日曜日)は猛暑。それでも出かけなくては。というのも「北海道&東日本パス」の初日だから。先ずは横浜の知人宅に。あるモノを受け取り移送。

それから「とりあえず土浦」へ。つちうら古書倶楽部を覗く。
入り口のところにツバメが巣を作っています…との注意書き。小さなヒナが二羽か三羽か口を開けて親を待っている。可愛いね。野球は別にスワローズのファンではないが(我がホークスには敵うまい?)。

その先になんと相変わらずの「青空喫煙スペース」がある。「屋内」だというのに、この時代錯誤。ちょうど吸い始めたオニイサンがいた。鼻をつまんで古本屋の中に入っていく。本当に、なんで、こんなバカな施設を作るのだろう。喫煙者になんでこんな迎合するのだろう。「建屋のない原発」以上に目障り鼻触りだ。サイテー! 土浦は田舎だからか? 喫煙所つくるなら二重ドアの喫煙ルームが最低限度のマナーであろうに。

古本屋の中は、辛うじて「歌詞のない」ジャズ風のメロディ。ぎりぎりセーフ? BGMなどないのがベターだが。

ここはある日(2014・3・31~4・1)突然、古本の税込価格が、本体価格に変更したと認識している。

昨日(日曜日)も、手にして買おうかなと思った本で525円なんて本があった。ううむ……。どうみても、本体価格500円で消費税5%の価格だよね。これでさらに8%も消費税をとられたら、坊主丸儲け(?)の世界ではないかとの疑惑が……。それ故に(?)この本を買うのは止めた。

買ったのは、土方浩平氏の『おんどりの歌 人形劇に生きる』 (講談社)の一冊のみ。324円。

レジに、西武筑波店(8・8~12)の古本まつりのチラシがあった。つちうら古書倶楽部に出展している古本屋さんもこの筑波店の古本市に参加しているのだろうか。だとしたら、ここは出展品は当然、税別(税抜き)価格なのかしら?
でも、池袋西武の古本市は税込価格だったが…(去年8月、西武筑波の古本市にも行ったが、税別価格だった。池袋西武は税込、筑波西武は税抜きとは…)。

土浦から柏に戻り、大平書林へ。久しぶり。ここは税込価格の表示。すがすがしい?

鈴木雅次氏の『土木屋さん』 (筑土書房)、稲岡進氏の『労働者のユーモア考』 (新興出版社)を購入。いずれも税込200円で計400円。気持ちのいい区切りのいい価格?

帰宅してBS11でランボー3というのか、ビルマ(ミャンマー)を舞台にした映画「ランボー・最後の戦場」がやっていたので見た。劇場で見た記憶がある。北朝鮮を舞台にすべきところを、ミャンマー程度を相手にして、ランボーともあろうものが情けないと思ったもの。ランボー2では、残虐非道なベトナムコミュニスト相手にやりまくっていたのに…と。

もっとも、ミャンマー編、日本の進歩的文化人というか、平和運動屋のような偽善的平和主義者(キリスト教徒)がアメリカ人にもいるようで、その手合いが、正義漢ぶって武力はダメ、暴力はダメといいながらミャンマーに入って捕まってしまっているところに、おなじみ「ランボー」が助けにやってきて活躍する…といった感じ。痛快丸かじり? まぁ、そんな平和主義者でも役立つことがあるということで……。

それにしても、北朝鮮にしても中共にしても、このミャンマーよりもっと残酷なことをやっているのに、それが映画の題材にもならないとは正義の秤も不公平というしかあるまい。

ともあれ、昨日は4000円程度乗車。「北海道&東日本パス」は、一日1500円乗れば元は取れる。本日月曜日(祝日)で、購入金額(10290円)を上回りたいもの?  そのためにはどこに行くべきか?

車中、塚谷裕一氏の『スキマの植物図鑑』 (中公新書)を読んだ。この前紹介した『スキマの植物の世界』 (中公新書)より前に出ていた本。同様の内容。コンクリート道路などのスキマからにょきっと生えてくる草花が紹介されている。
実家でも、そういえば、子供のころ、隣家の屋根から、我が庭にある桐の木の種が飛んだのか、また、屋根の僅かな「土」を土壌にしてか、にょきにょきと生えてきたことがあったものだと。

本書でも、ある家の瓦屋根からアカメガシワというのが生えている写真が掲載されている。植物にとって、屋根のスキマは天国だとのこと。建物のテッペンだから、他の植物との競争は少なく、陽光はさんさんと降り注ぐ。雨樋に近い部位なら水も意外に豊富。しかも手入れが悪ければ、樋にたまった落ち葉や土などが適度に栄養を供給してくれるとのこと。なるほど。だからか……?
でも、人間社会だと、こういう手合いは、寄生して、他人の財産を奪って生きていこうという不届き者になるのかもしれない。要注意? ヒモとか。

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 古本屋  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2144-ca1cba96

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ