古本虫がさまよう 「大人には、いい休暇をとる、という宿題があります」と言われる前に、「JR(とりわけ東日本)には、いい会社になる、という宿題があります」と言いたい?
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month




「大人には、いい休暇をとる、という宿題があります」と言われる前に、「JR(とりわけ東日本)には、いい会社になる、という宿題があります」と言いたい?
(2015・7・6・月曜日)



込山富秀氏の『「青春18きっぷ」ポスター紀行』 (講談社)を読んだ(見た)。著者はアートディレクター。1990年から「青春18きっぷ」のポスター制作を手がけており、本書はその作品を網羅したもの。作成時の思い出的なエッセイも収録。写真撮影の苦労話、洒落たコピーの数々……。

そういえば、先日、JR東日本の宣伝チラシの中に、「北海道&東日本パス」があったので手にした。こちらはありふれた情報伝達オンリーのチラシ。しかし、青春18切符は見当たらず。
隠しているわけではなかろう。青春18は「北海道&東日本パス」より、使用開始時期が遅いから、まもなく?

でも、明らかに東日本はなるべく「青春18切符」(11850円。5回分。一回につき正味2400円以上乗ればお得。夏は7・20~9・10の利用)より、「北海道&東日本パス」(一週間連続使用。10290円。一回につき1500円以上乗ればお得。夏は7・1~9・30の利用)を使わせたいのだろう。

連続使用しなければいけないし、西日本・四国・九州方面には使えないとはいえ、一日あたり1500円程度で首都圏はむろんのこと、東日本、北海道エリアが使えるし、期間も青春より長め。9月の5連休(9・19~23)にも使える。

青春18切符は買うたびに、昔のように5枚綴りにして、バラで個人が使えるようにすべしと主張しているが改善の兆しがない。東京メトロより、頭が固い。

夫婦で途中まで一緒に利用しても、 「ここは古本屋があるから僕だけ途中下車するから先に行って」というような使い方が昔はできたのに最近はできなくなってしまった。こういう利用者の不便を解消しようとしない客商売はサイテーである。親方日の丸ならではの愚鈍系経営方針というしかない。東日本が単独で悪いのではなく東海など含めての話しかもしれないが、ヤレヤレである。

本書を見ていると、 「大人には、いい休暇をとる、という宿題があります」とのコピーで、山口線の篠目駅周辺の写真が掲載されていた。なるほど。

そのコピーを見て、一句(?)浮かんだ。

3・11の時、JR東日本は駅シャッターを早々と閉めて、「スト決行」で、乗客を他の私鉄と異なり一方的に締め出し運転を再開しようとしなかった。
そのシャッターを閉めた写真を使って、そこに「JR(とりわけ東日本)には、いい会社になる、という宿題があります」なんてコピーと共に、啓蒙ポスターを、込山さんに作って欲しいものである。そしてそのポスターを東日本のすべてのみどりの窓口に張り出すといい。

車内蛍光灯を省いているのも、僕の調べでは(?)JRでは東日本だけだ(間違えていたらゴメンあそばせ?)。駅構内にタバコの悪臭が漏れるような店舗の建設を容認したりもしている。いつになったら「いい会社」になれるのやら?

ともあれ、ネバーセイネバー。あとは野となれ山となれ!
スポンサーサイト
 | 鉄道  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2127-df55e51d

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ