古本虫がさまよう 「北海道&東日本パス」で小田原、五反田、立川、御茶の水を走破……
2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month






「北海道&東日本パス」で小田原、五反田、立川、御茶の水を走破……
(2015・4・19・日曜日)





昨日(土曜日)は、高円寺古書会館の古本市はなく、神保町と五反田の古書会館のみ。あと、ミニ古本市が、藤沢と立川でやっている。藤沢有隣堂の古本市は、もう少し規模の大きい古本市が後日あるようだが……。とりあえずは「北海道&東日本パス」を家人と共に交互に利用中で、昨日は僕が乗り放題なので、遠路出掛けることに。

先ずは「とりあえず小田原」へ。朝9時前の到着。守谷のあんパンを買うために出掛けた次第。
相変わらず煩い宣伝と音楽が電柱のスピーカーから流れている。最低最悪の商店街だが、その一角に守谷のあんパン屋がある。
駅ホーム構内に出店してくれたら、下車せずに買える? そうしたら、「キセル」ではないが(「キセル」か?)、ホームを出ずあんパンだけ買って都内に戻れるけどなぁ。西武所沢の駅ホーム構内に「テツ」(つけ麺屋)があるから、ここで食事だけしたら、余計な電車賃がかからないのと同じようになるけど(所沢は彩の国の古本市のために出掛ける時に食べることが多いので、構内にあってもなくても関係ないが)。

小田原の古本屋はこの前寄ったからいいかということで(午前9時ではオープンしていないし)、小田原駅の始発電車の車内であんパン2個で朝食を食べる。途中藤沢有隣堂の古本市を……と思ったが、寄らず……。

横浜の知人のところに寄って、知人も好きな守谷のあんパンをおすそ分け。近辺の古本屋をいつものように少し覗くが買いたいものはなし。二週間前の日曜日、この近辺を花見した時は寒かった。小雨も降っていたし。今日も少しひんやりするけど、まぁまぁ。でもソメイヨシノの櫻は横浜にはもうない。

そのあと、川崎の古本屋に寄ろうかとふと思ったが、まぁ、いいかと通り過ぎて五反田古書会館へ。

渡邉國武氏の『九十年/わが内なる熱き声』 (私家版)、菅原裕氏の『相沢中佐事件の真相 昭和史の一原点』 (経済往来社)、荒井昭氏の『今夜から最高!! 女と男の性感マッサージ』 (サンデー社)、 『作品人間・水野成夫』 (サンケイ新聞社出版局)を購入。菅原氏の本は最近何かで知って読もうかなと思っていた矢先。図書館にも若干あるし「日本の古本屋」でもあるようだが、そんなに高くもないので購入。


それから立川フロムへ。店自体は改装閉店セール中。4・30まで営業して、一端閉店するみたい。古本市では買いたいものはなし。

それから神保町へ。

永末重明氏の『残照の青春』 (ヒューマンエクスプレス)、川成洋氏の『幻のオリンピック』 (筑摩書房)、赤塚行雄氏の『マダム篠田の家 港の見える丘物語』 (第三文明社)、竹村健一氏の『自分の未来を誤らない方法 どうする、これからの10年』 (ワニの本)、藤田坦氏の『列外一名 自衛隊員物語』 (弘文堂)、程島武夫氏の『状況と演劇』 (社会新報)、長尾みのる氏の『革命屋 女と革命と欲望』 (よるひるプロ)、藤岡三男氏の『人民の国々を訪れる』 (非売品)、上村健太郎氏の『憶い出の記』 (三啓社)、重政隆文氏の『ザッツブロードウエイミュージカル』 (松本工房) 鈴木恵喜氏の『戦前戦後社交(料飲)史』 (日本社交タイムズ社)を購入。

(最近、古本市でも、携帯機器をもって、ゴニョゴニョしている人が増えたが、アマゾンなんかで「せどり」して売る人もいるだろうが、図書館にあるのか、「日本の古本屋」にあるのかチェックして、古本市のお値段と比較考察しているということもあるのかもしれない。僕などは、この欄を出して、すでに購入しているのかどうかチェックするべきかもしれない。実は、この日も、ある本を買ったのだが、何となくもっているような気もしたのだが……。帰宅してみて、やはりもっていたことを確認。このリストからは外した?)。

鞄が重い。サイフは軽い。足は少し重い。4000円以上走破してまずまず?

ともあれ、ネバーセイネバー。
スポンサーサイト
 | 古本屋  | TB(0)  | CM(1) | Page Top↑
古本虫太郎様の紹介本「相沢中佐事件の真相 昭和史の一原点」は所蔵されています。経済往来社 1971 件名は「二・二六事件(1936)です。ほかに、「東京裁判の正体」菅原 裕/著 国際倫理調査会 2002.8 がありました。13年ほど前の発行ですが、元々は「時事通信社 昭和36年刊」の復刻らしい。極東国際軍事裁判(1946-1948)の書籍として貴重な内容です。著者の菅原裕氏は、明治27年-昭和54年。長崎県生まれ。明治大学法科卒。東京弁護士会会長を務められた方です。菅原裕氏には「新装版 日本国憲法失効論 菅原裕 国書刊行会」という著作もあるようです。昭36.11.10初版発行。「軍事占領下に強制制定された日本国憲法の正体をあばく」。菅原裕氏は昭和21年(1946)からの「東京裁判」で元陸軍大将荒木貞夫弁護人として公判に当たる。昭和54年(1979)9月逝去。とあります。古本虫様が、以前紹介済みの内容の重複で申し訳ありません。
青木明  04/20/2015 Mon URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/2005-7caca8fe

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ