古本虫がさまよう 懐かしの自販機といえば、ハンバーガーか、それとも?
2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month







懐かしの自販機といえば、ハンバーガーか、それとも?
(2014・12・10・水曜日)







魚谷祐介氏の『日本懐かし自販機大全』 (辰巳出版)を読んだ。ハンバーガーやうどんやラーメンなどのレトロ系自販機を追求したムック。

僕も学生時代は、大学の自販機で、ハンバーガーを買って食べたことが時々あった。ボタンを押したらしばらくしてアツアツのハンバーガーが出てきた? いや、冷たい紙袋入りのが出てきて、それを備えつけの電子レンジでチンした?

記憶がはっきりしない。それほど古い代物? いまや見かけない?

 著者は田舎にまだ残っているそうした自販機を探し歩き、所有者に取材も重ねつつ、懐かしの自販機の歩みを綴っている。

工場で働く人のための「夜食」を提供しようとして開発された向きもあるようだ。でも、最近のようにコンビニがあちこちでき、深夜営業、24時間営業も普通になってきている時代では、自販機もさほどのありがたみもなくなってしまい、都会からは消えつつある。

それにしても「トーストサンド」の自販機があったとか。見た覚えがない。

未だに缶ジュースなどの自販機はあちこちに見かける。僕は使ったことはない。お値段も割高だし、コンビニがまだマシ? いや500ミリリットル特大サイズが120円ぐらいで買えるのがたまにあるけど、それはコンビニよりお得?
JR駅構内の自販機などは量は少なく値段は高いものばかり。こういうのは利用しないようにしたいもの(車内蛍光灯を省いてることへの抵抗運動としても?)。

それにしても自販機といえば、いまは見当たらないが「ビニ本」の自販機もあちこちにあったものだ。利用した記憶はもちろんないけど(?)懐かしい? 衛生用具の自販機は、高円寺古書会館ヘ行き来するとき、都丸書店と有名な行列のできる天麩羅屋の間の路地にある。使えるのかどうか知らない。いつもチョット気になる?

ともあれネバーセイネバー。
スポンサーサイト
 | 人生  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/1827-47842370

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ