古本虫がさまよう もしも、国連が田舎の信用組合みたいなものなら、朝日は田舎の信用組合の社内報(組合報)以下?
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month






もしも、国連が田舎の信用組合みたいなものなら、朝日は田舎の信用組合の社内報(組合報)以下?
(2014・9・6・土曜日)







一昨日触れた池上彰氏の朝日連載コラム「朝令暮改」「朝没暮掲」(?)事件も、週刊文春・新潮がそれを大きく取り上げた広告が掲載された9・4の朝日の朝刊に復活掲載された。朝日としては、これ以上、他から叩かれ失態を重ねるのに耐えられなくなったのかもしれない。この日に急遽掲載すれば、週刊誌の報道は「誤報」だったとも言い逃れることが可能になるから?

それにしても池上氏の「新聞記者は、事実の前で謙虚になるべきです。過ちは潔く認め、謝罪する。これは国と国との関係であっても、新聞記者のモラルとしても、同じことではないでしょうか」「今回の検証特集では、他紙の報道についても触れ、吉田氏の証言は他紙も報じた、挺身隊と慰安婦の混同は他紙にしていたと書いています。問題は朝日の報道の過ちです。他社を引き合いに出すのは潔くありません」という指摘は、ごく普通の当たり前のこと。

この程度の「正論」「苦言」にすら耳を傾けようとしなかった、読者の前で指摘されることを恐れている朝日新聞ってあまりにもお粗末というしかない。戦前の大本営以下か?

「国連は田舎の信用組合みたいなもの」と、かつて喝破した政治家がいたと思うけど(いや、田舎の信用組合未満の存在と言わないと、田舎の信用組合に対して失礼、名誉毀損になる?)、朝日って、「日本のプラウダ」とか「日本の人民日報」とかそんなレベルではなく、単なるどっかの「田舎の信用組合の社内報(組合報)以下」なのかもしれない。社内報なら、自社の不祥事をことさら報じたりはしないだろうから?

ということで、頭の整理のために、大沼保昭氏の『「慰安婦」問題とは何だったのか  メディア・NGO・政府の功罪』 (中公新書)を再読した。

著者は中庸リベラルな人。 「女性基金」などにも関与していたから、研究者であると同時に、この問題では、実践家でもあろうか。同じ東大教授の和田春樹氏も「女性基金」に関与していたかと思うけど、彼に比べると「月とスッポン」? 和田さんは「世界」(2014・9月号)にも登場して慰安婦がらみでいろいろと書いているようだが、8・5以降は虚しいだけ?

大沼氏は、先の本でも、吉田証言の類は取り上げる価値もないという姿勢のようだ。国連のクマラスワミ報告書に関しても批判的。この報告の付属文書1として、「戦時軍事的性奴隷制問題」という表題の下に韓国と北朝鮮の「慰安婦」問題を扱っているとのことだが、この部分は歴史的事実を認定する上で、ジョージ・ヒックスというジャーナリストの文献に多くを依拠しているとのこと。

だが、この人の本は「実証姓に乏しく、信頼性の低いものだった。また、クマラスワミ氏による同書の引用自体、不正確な引用を含んでいた」という。
「総体的にみて学問的水準の低い報告といわざるを得ないものだった」「にもかかわらず、日本や韓国の多くの学者、キリスト教指導者、NGOはクマラスワミ報告を大々的にとりあげ、『国連勧告』と称して日本政府にその受け入れを迫った。メディアの多くも、クマラスワミ報告の『慰安婦』問題を扱った部分があたかも国連のお墨付きを得たかのように報道した」と批判している。
なるほどね。「メディアの多く」の中にも、朝日などが入っていたのだろう。

でも、このクマラスワミさんって、己の報告書の杜撰さに関して、責任を問われても平気の平左。厚顔無恥ぶりに関しては、朝日の元記者も真っ青になるかもしれない。

というのも、東京新聞朝刊(2014・9・5共同電)によれば、彼女は吉田証言は「証拠の一つにすぎない」として、そのほかの調査などに基づき、誘拐した事例があったし「募集は多くの場合、強制的に行なわれた」「慰安婦たちには逃げる自由がなかった」し、慰安婦を「性奴隷」と定義したのは妥当だったと述べたという。

共同や東京も、こういう第二の吉田さん?のようなコメントに対して、比較考察のためにも、大沼氏にコメントを求めればよかった。

それにしても、国連も田舎の信用組合でないのなら、こういう間違った報告は是正するなり取り消しするなり、新たな報告書でも作成すべきであろう。国連も朝日も「訂正」「謝罪」という言葉に疎いのだろうか。

スポンサーサイト
 | 政治  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/1706-e7ac0c6a

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ