古本虫がさまよう 性治療士(サロゲートパートナー)と売春婦と「従軍」慰安婦とは、どう違うのか?
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month








性治療士(サロゲートパートナー)と売春婦と「従軍」慰安婦とは、どう違うのか?
(2014・8・25・月曜日)





シェリル・T・コーエン-グリーン&ローナ・ガラーノ(柿沼瑛子氏訳)の『性の悩み、セックスで解決します。 900人に希望を与えた性治療士の手記』 (イースト・プレス)を読んだ。出版社などによる内容紹介は以下の通り。


内容紹介
「私は売春婦ではありません」

セックスに対してコンプレックスや悩みを抱える人たちのために、セックスの「代行」レッスンをする専門家----それが「サロゲートパートナー」である。
愛する人との性交を渇望する全身麻痺の青年、妻相手では勃起しない夫、七十歳の童貞老人、緊縛趣味を妻に明かせない男性……さまざまな性の悩みを「代理セックス」で解決した「サロゲートパートナー」である著者が、激動の半生を赤裸々に語る。
話題の映画「セッションズ」を生んだメモワール。

セックスに対してコンプレックスや悩みを抱える人たちのために、セックスの「代行」レッスンをする専門家―それが「サロゲートパートナー」である。三十年以上にわたり、その仕事に献身した女性シェリルが、出会ったクライアントたちの「性のかたち」について、また彼女自身の波瀾万丈の半生について語った衝撃のメモワール。
著者について
シェリル・T・コーエン‐グリーンはアメリカ東海岸の厳格なカトリックの家庭で育ったが、60年代にカリフォルニアに移り、「サロゲートパートナー」として70年代から30年以上、性に悩む人の治療にあたってきた。彼女の活動は、映画「セッションズ」(12年末以降、日本で劇場公開)にも登場。主人公マークに治療を行った本人役を女優ヘレン・ハントが体当たりで演技して好評を呼んだ。



「内容紹介」にある通り、全身麻痺の青年や自慰に罪悪感を持つ男性や児童への性加害で服役した男のリハピリなど‥‥さまざまな性の悩みというか病気を持つ男性に対する性治療を専門職とする女性の手記である。一応というか、まずは面談やらいろんな体操など精神的、健全な肉体的訓練をして、それから本格的な肉体的「治療」が始まるのだが‥‥。

本人の顔写真なども収録されている。ううむ‥‥。まぁ、若い時ならいろいろと相談もしたくなる?

ともあれ、カトリック系の厳格なというか、50年代のアメリカの平均的な中流真面目家庭に育ったものの、10歳でオナニーを覚え、14歳でセックスをして、教会の告解室で懺悔したりもしていたそうな。
やがて、両親から見ると、イマイチの男と結婚。男は好き者(?)で、スワッピングをしたり‥‥。浮気はまだしも、隠し子を作ったりしたために、著者は夫に猛反発したり‥‥。

ともあれ、本書カバーには、なぜか女性の優しそうな「両手」の写真が使われている。目のみならず、手がこういう問題の治療にとっては重大な役目を果たすということだろう。

性治療といっても、女性の性の悩みを癒す男性治療士はあまりいないようだ? これって男女不平等?

もっぱら、男性の性の悩みを解決する仕事とのことで、これでは、やはり「売春婦」「慰安婦」?という批判も出てくるのかもしれない。

日本でも、身体障害者の性行為の代償をする仕事もあり、そうした体験記などを綴った本として、以前、坂爪慎吾氏の『セックス・ヘルパーの尋常ならぬ情熱』 (小学館101新書)、河合香織氏の『セックスボランティア』 (新潮社)や大森みゆき氏の『私は障害者向けのデリヘリ嬢』 (ブックマン社)を紹介したことがある。関連書として併読するといいのかも。

そういえば、上野千鶴子氏に『身の下相談にお答えします』 (朝日新聞出版)という本があった。
15歳の男子中学生が「毎日、自分で処理はしているのですが、どうしても本物の女の子の体に触れてみたくてたまりません」「ぼくの悩みは性欲が強すぎて、今年受験だというのに、エッチなことばかり考えて勉強が手に付かないことです」と訴えたところ、上野先生は医者ではないけれども、やはり大学教授ということもあってか「知らないことは知っているひとに教えてもらうに限ります。経験豊富な熟女に、土下座してでもよいから、やらせてください、とお願いしてみてください」「(熟女の)ご指導に従って十分な経験を積んだら、ほんとうに好きな女の子に、お願いしましょうね。コンドームの準備は忘れずに」という名回答(?)があったかと。

こういう中学生の性の悩みに関しても、シェリル・T・コーエン-グリーンさんのような性治療士が出動してくれるのだろうか? 未成年者お断りで、アダルトオンリーなのか? 健康保険が適用されるのか? 「治療費」は幾らになるのか? 性欲の問題は、限りなく果てしなく深い。
スポンサーサイト
 | エロス  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/1689-61795c09

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ