古本虫がさまよう 「NHKスペシャル」もやればできるじゃん? 
2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month









「NHKスペシャル」もやればできるじゃん? 
(2014・7・23・水曜日)









小山和伸氏の『これでも公共放送か NHK!  君たちに受信料徴収の資格などない』 (展転社)を読んだ。タイトル通りの本。
慰安婦問題も含めて、NHK番組批判論。
まぁ、ジキルとハイドというか、NHKにもいい番組もあるのだろうが、僕もたまに見ようかと思ってチャンネルを点けたのが、著者も酷評している「ジャパンデビュー」の一回目。
冒頭、十分ぐらい見て、アホ臭と思ってチャンネルを変えたものだ。
日本の悪口を言うヘンな台湾人が登場するなと思ったら、実はその人はまともで、彼の発言した対日マイナス発言だけをことさら強調する番組造りをしていたのだから、明らかな偏向番組であったというしかあるまい。訴訟沙汰になって当然であろう。

この前紹介した親日派のトニー・マラーノさんのような人でも、その発言を切り貼りしたら、新韓派みたいな発言に「捏造」することは可能かもしれない。そういうことをNHKは少なくとも、あの番組で一部やったのだろう。偏向番組であったとの批判は免れない。裁判でも一部負けたのは当然だ。

テレビは「読書の敵」になることが多くて、なるべく見ないようにしているが、何が起こっているかの最低限度のニュースとして、また今日は晴れるのかな?という確認、お天気姉さんの渡辺蘭さんの笑顔(これ以上、誰かさんではないけど太らないで!)を見たくてNHKを見ることはある。
NHKのみならず、テレビとは、その程度の清い、薄いおつきあいで十分かしら?
テレビより「活字」の世界のほうが個人的には好きだし。

と思っていたのだが、今日帰宅して、7時半から始まったNHKスペシャル「京都・祇園祭千年の謎」「生中継!幻想の宵山秘められたミステリー」「祭りを彩る謎の至宝」「世界が注目!」「幻の織物」「歴史ロマンと豪商の夢」「圧巻!豪華山ほこ巡行」をたまたま見たのだが、結構面白かった。エロス問題に造詣の深い井上章一先生も登場し、いつものように大胆な井上説を展開しているのも心地よかった?

NHKも現代史イデオロギーにあまり関係のない分野なら、まともな番組も少し作れるのだということを感得した次第。

以前、所要で京都に今頃の季節出かけたことがあった。祇園祭をやっている時だったが、あまり関心はなかった(祭りは全体主義的色彩が濃厚でさほど好きではない。よさこいとか阿波踊りとか、ああいう踊りも、みんなが同じ恰好で踊るのを見物するのはあまり好きではない。煩いし? でも踊りたい人が踊るのはご自由に。ただ、それを見学するしないは個々人の自由。それが保障されるなら、祭りをしたい人が、「私費」&(若干の公費援助)」で原則行なうことに関してはことさら反対はしないが…)。だから、京都での所要が終わったら、祇園祭りも何も見ることなく(ちょっと古本屋は見たが)日帰り。京都で会った人が、この時期に京都に出張するなんて、祇園祭目当てでしょうと言われて「???」と思った程度の非文化人である。

そんな僕であるが、このNHK番組はなかなか面白かった。江戸時代にオランダなどから贈られた幕府への献上品(絨毯やら‥)が、借金のかたで豪商に渡り、それが祇園祭などで披露されているそうな。知らなかった。そして、そうしたものが、貴重な文化財であり、欧州の研究者が驚きをもって見ていたとか。欧州が探し求めていた幻の絨毯が京都にあったから‥‥。
アメリカ軍の空襲が、何らかの事情で、京都が標的から離れたとの説があるが、やはり、空襲の被害があまりなかったのはよかったといえるのか‥‥。吉田守男氏の『日本の古都はなぜ空襲を免れたか』(朝日文庫)などを見ると、米軍は、単に、朝三暮四ではないが(?)楽しみは最後まで取っていただけなのかも?

ともあれ、京都に外国人の観光客がやってくるのも、むべなるかな? 
まぁ、京都っていう街にはさほどの関心もなく、古本屋も、京都の古本屋はちょっと仏教色が濃いところが多くて、買いたい本が少なくて辟易することもあるのだが‥‥。
それはさておき、NHKもやればできるじゃん? 問題は、現代史イデオロギーがらみの番組作りには、日教組レベルの単細胞プロデューサーが跋扈しているところなのかな。

スポンサーサイト
 | 文化  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://kesutora.blog103.fc2.com/tb.php/1647-2e2fc81b

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ